人気ブログランキング |

カテゴリ:山行( 67 )

 

JR大津〜如意ヶ嶽〜大文字山〜比叡山〜JR比叡山坂本 [2019.05.12]

だいぶ更新が遅れている。

6月末のフェアリートレイルin高島朽木スーパーロング60kmに向けて脚を作らねば、と長くて累積標高の大きいルートを走る。

普段楽しくて山走っているだけで、
トレーニングとして走ることはあんまり意識していない。

いつものように走りたいから走るのではなく、
走らねばならないから走る、という要素が入ってきて、ややストレス。

そんなふうにストレス感じながら走るのは嫌なので新しい山、ルートを探していた。
長い時間走るためにはいかに早く入山するかが大事になってくる。
かつ、家庭の事情で車での山へのアクセスはできないため、公共交通機関でのアクセスでいかに早く入山するかとなると、JRやすぐ乗り換えて行ける地下鉄駅からすぐ入山できる京都東山界隈がとてもいいことが分かった。

今回は大津駅から入山して、滋賀県側から如意ヶ嶽を越えて京都の大文字山へ抜けて、もう一度比叡山へ登り返して大津の坂本へ下りてくることにした。
せっかく京都に行くというのにお買い物とか、観光とか何もせず滋賀に帰ってくる(笑)

偶然にも「滋賀ラウンドトレイル」の第1ステージの途中までの区間だった。

大津駅に下りると、
ハイカーやらトレイルランナーやら、
これまでの滋賀の山行にはあり得ない光景。
どこから集まってきたんだこの人たちは!
…グループをよそ目にノースリーブのおっさんが1人走り始める。

大津駅から1,2キロの長等公園から入山。
d0242696_22185845.jpg
大津は眺めいい。
d0242696_22190072.jpg
トレイルも綺麗!
d0242696_22181451.jpg
逢坂山への道でMTBの7,8人の団体さんが下ってきた。
私をお姫様?王子様?のような扱いをして下さって道を譲って下さった。
めっちゃ好印象。
確実にショップに教育されている。
こんなレベルならどこからもクレーム出ないだろうに。
てか、滋賀にこんなにMTBのライダーがどこに隠れている?…きっと京都だろう。
d0242696_22181640.jpg
かっくん曲がりで逢坂山へ。
d0242696_22182021.jpg
いいトレイルが続く。
d0242696_22194997.jpg
山頂。
d0242696_22190454.jpg
d0242696_22190620.jpg
眺め良すぎて大津に移住したいわ。
d0242696_22190753.jpg
d0242696_22195689.jpg
小関越で一旦舗装路に出てまた入山。
d0242696_22200630.jpg
ここの倒木も前の台風の影響らしいが酷い。
d0242696_22200760.jpg
何とか歩けるように道筋は付けてもらえていて、有志の方々に感謝。
d0242696_22200871.jpg
d0242696_22201335.jpg
長等山到着。
d0242696_22211565.jpg
行動食は美味いもので。
d0242696_22211675.jpg
皇子山GCの横を歩いていると岩がゴロゴロ。
d0242696_22211760.jpg
倒木地帯あり。
何とかくぐり抜ける道筋あり。
d0242696_22211965.jpg
ロードを走る。
d0242696_22212162.jpg
眺めが開ける。山科方面
d0242696_22220503.jpg
大津方面。
d0242696_22220669.jpg
d0242696_22225462.jpg
如意ヶ嶽の山頂は国交省管轄の土地のよう。
伊丹空港の関連施設。
d0242696_22220907.jpg
何のためなのか。
d0242696_22265160.jpg
私は北側を迂回したが南側が正解かも。

しばらくして京都に入国していたことに気づいた。
d0242696_22265288.jpg
祠があったり、林道がしたから伸びてきていたり、気になることがたくさん。
d0242696_22265438.jpg
そうこうしていると大文字山に到着。
5年前くらいに1人で来たのが懐かしい。
d0242696_22270253.jpg
眺めがいい。
d0242696_22280735.jpg
快適な登山道で大文字のとこへ。
d0242696_22285536.jpg
ここね。
d0242696_22295185.jpg
ここ
d0242696_22295281.jpg
銀閣へさっさと下山。
途中やたらとお洒落な女子率高めなトレイルランナー集団とすれ違う。
恐っ、京都。
d0242696_22285943.jpg
ここまで2時間15分くらいか。

北白川通りのファミリーマートでジュースでひと休みして、瓜生山方面から比叡山へ。
ここからはまた雰囲気が違う。
さすが京都一周トレイル、ハイカーとも何組もすれ違うし、トレイルランナーも。
d0242696_22311980.jpg
d0242696_22303579.jpg
d0242696_22312404.jpg
ここでも台風の爪痕。
d0242696_22312685.jpg
d0242696_22304184.jpg
いいトレイルばかり。
d0242696_22312263.jpg
水飲対陣跡への途中、綺麗な沢で顔を洗う。
d0242696_22321545.jpg
何名かトレイルランナーとすれ違う。
d0242696_22313645.jpg
上からトレイルランナーが下りてくる。
1人で走っている人は少ない印象。
d0242696_22322486.jpg
"人と眺め"の眺めもいい。
d0242696_22314049.jpg
歩きやすい登りがつづく。
d0242696_22321706.jpg
d0242696_22321930.jpg
ケーブル比叡山到着。
d0242696_22322166.jpg
京都方面。
d0242696_22323496.jpg
琵琶湖方面。
d0242696_22332247.jpg
バスターミナルでひと休み。
おにぎり食べた。
d0242696_22332815.jpg
大津方面も。
d0242696_22332907.jpg
最高点の大比叡を見に行ったが、
看板があるけど、何もない感じ。
ただ、ピークということで登山者は目指す人が多いようだ。
d0242696_22341724.jpg
d0242696_22351088.jpg
大比叡から下りて、
延暦寺方面へ。
初めて来たが、凄いとこね。
根本中堂は遠目で。
d0242696_22333340.jpg
d0242696_22350208.jpg
下りる前に冷し甘酒をチャージ。
d0242696_22350318.jpg
文化財にも登録されているケーブル延暦寺駅の横を通って、無動寺坂コースを下りる。
d0242696_22350478.jpg
しばらく寺社の境内の中を走る(参拝者が多いので歩くことがほとんど)。
d0242696_22350907.jpg
しばらくすると、ガレた山道に変わり、
結構好きなトレイル。
比叡山国際トレイルランニングのコースマーキングあり。
d0242696_22351016.jpg
尾根をトラバースするような道で、
d0242696_22363326.jpg
尾根と谷の形や、植生を感じながら走れるのは魅力。
d0242696_22354829.jpg
切り立った谷。
登って行きたい欲求を抑えた。
d0242696_22354941.jpg
ゴロゴロ、テクニカルで楽しい。
d0242696_22355179.jpg
ロードにでた。
d0242696_22355256.jpg
比叡山坂本駅までロードを走って家族と合流。
京都に行って滋賀に戻ってきたという達成感は割と大きい。
d0242696_18274199.jpg
d0242696_22371321.jpg
d0242696_22494740.jpg
今回の走行データは以下。

時間:5時間24分
距離:27.9km
累積標高:1583m D+
女性オススメ指数:5
文句なし5。JRの駅から入山、下山ポイントともにアクセスしやすい。ルートは明瞭。分岐だけ要チェック。京都に一回下りてから観光するもよし。言うまでもなく比叡山はハイカーも多く、雰囲気良い。延暦寺周辺で自販機、売店も豊富。
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
滋賀から京都、また滋賀へ。
島根にいた時は県境を越えるということは
とても壮大なことのようなイメージがあったけど、イメージはそのままで、県境を越えるというとても楽しいことが気軽にできて、
滋賀ー京都の県境はとてもいい!
d0242696_22362778.jpg
家族と合流したは後は、
子どもと公園でブランコ、虫捕り。
d0242696_22475464.jpg
合流後の体力を残しておくことも大事!


次は、フェアリートレイル スーパーロングに向けて垂直方向の鍛錬として、比叡山をグルグルしたことかな。


by peperonci_no | 2019-08-02 19:30 | 山行 | Comments(0)  

K to Jならず。--希望ヶ丘トレイル → 十二坊トレイル-- [2019.05.03]

ちょっと面白いことやろうかな、
ちょっとキツいことやっておきたいな、と
思ってルートを考えてみた。

希望ヶ丘トレイルランニングレースと十二坊トレイルランニングレースをロードで結んで1日で走ったら…合計 52.5km、2905m D+

名付けて K to J  (希望ヶ丘to十二坊)
いいじゃん。

内訳)
希望ヶ丘トレイルランニングレース
21km、1305m D+ (自分のログ)
つなぎ ロード9.5km
十二坊トレイルランニングレース
22km、1600m D+(公式HPより)

結果的に時間の見積もりなどが甘過ぎてフィニッシュ時刻が遅くなりすぎるため、
つなぎのロードは車で搬送してもらい、十二坊トレイルも15.2km地点の正福寺でフィニッシュ。K to JではなくK & J(未完)になってしまった。

当日、
始発のバスでアクセスするため、
自ずと8時過ぎ入山になってしまい、
早くも時間に追われることになる。
8:08スタート。
新緑の美しいトレイルに感激しながら
先は長いとのんびりペースで走る。
d0242696_18122356.jpg
立石山。
d0242696_18120967.jpg
シダの新芽がにょきにょき。
d0242696_18121863.jpg
本当いいシングルトラックが繋がってる。
d0242696_18122688.jpg
いいんだよ。
d0242696_18123106.jpg
鳴谷池。
d0242696_18134236.jpg
渓谷もサクサクと。
d0242696_18134724.jpg
なーんかおかしいなあ、脚がよく動かない。
前の日に八幡山タイムトライアルとかやったからかな。日頃の疲れ溜まってるのかな。
フラフラの状態でラスボス(今回の山行では中ボス)に登り、希望ヶ丘トレイルセクションをフィニッシュ。

3時間半の予定が4時間23分と大ブレーキ。
これではフィニッシュ時刻がかなり遅くなるため、ロードの繋ぎもカットで車で十二坊まで搬送してもらうことに。
少し悔しいところもあるが仕方なし。

仕切り直して、十二坊トレイル。
13:23からスタート。
初めて走るトレイルなのでワクワクしながらはしる。
国宝 善水寺から十二坊温泉ゆららまでのトレイルもいいコンディション。
d0242696_18135290.jpg
d0242696_18133638.jpg
自分のコンディションはあまり良くなく…
この有様。
d0242696_18160658.jpg
家族の応援を力に。
d0242696_18150315.jpg
しばし舗装林道を登り、石切場方面へ下りていく。
ここの下りはかなり楽しかった。
d0242696_18153728.jpg
一度住宅街へ出て再度入山。
d0242696_18154368.jpg
ここの登りセクションもいい森だった。
d0242696_18154980.jpg
巨石もゴロゴロ。
d0242696_18153359.jpg
一旦、舗装林道に出て、
軽いアップダウンでたくさん走れる(汗)
d0242696_18165668.jpg
ようやく十二坊(岩根山)。
d0242696_18170227.jpg
電波塔からシャクナゲ群生地への下り、
凄いいいトレイルじゃないか。
こういう発見て、お宝発見と同じ感情。
知らないトレイルっていっぱいある。
(後日、今回中断したセクション以降の部分がお宝感満載だった)
d0242696_18171221.jpg
またまた舗装林道にでて、すぐブルドーザーの林道を駆け下る。
トレイル率上げたり、距離を伸ばしたい大会側の意図を感じる。
d0242696_18172923.jpg
d0242696_18175085.jpg
また舗装路にでて、またブルドーザーの林道に。水場で頭をアイシング。
d0242696_18183344.jpg
ブルドーザーの林道を終え、
正福寺への下り。
散策道はMTB進入禁止の看板あり。
こんな看板あれば観念する。
確かに途中までMTBで下ったら気持ちいい感じ。
d0242696_18184593.jpg
d0242696_18185582.jpg
ただし途中からは完全に沢伝いの足場の悪いルートになるから、MTB乗るのは無しかな。
d0242696_18204709.jpg
とてもいい雰囲気の沢。
d0242696_18203978.jpg
d0242696_18204725.jpg
d0242696_18211981.jpg
正福寺に到着。
家族が迎えに来てくれていた。
d0242696_18210147.jpg
子どもと温泉行く約束なので、ここで終了。

そこそこボロボロになった後の
温泉と晩飯、今後もセットにしたい!
d0242696_23084918.jpg
温泉施設についてるご飯屋は美味いのよ。
d0242696_23085164.jpg


今回の1日を通した走行データは以下。
時間:7時間15分
距離:35.9km
累積標高:1995m D+

内訳)
希望ヶ丘トレイルセクション
時間:4時間23分(ふらふら)
距離:20.8km
累積標高:1281m D+
d0242696_22121099.jpg
十二坊トレイルセクション
時間:2時間52分
距離:15.2km (中断)
累積標高:714m D+
d0242696_22121576.jpg
十二坊トレイルは湖南市観光協会が運営に関わっているからか、十二坊トレイルの看板はそのまま残してあるし、コースはそのまま整備を継続しているようだ。非常に快適で個人的には見どころ満載なコースとなっている。
ただ、距離稼ぎか、繋ぎのブルドーザーの林道はどうにかならんかな?割り切れば一種の趣きにならんでもないかな、といったところ。

この日中断した十二坊トレイルは後日、
全セクションを完踏。

やはり、自分で面白いこと考えて挑戦するのは純粋に楽しい。
またいつかレース前などにハードなやつをやりたい時に次こそはK to Jで!

次こそ、大津〜京都トレイル調査。




by peperonci_no | 2019-06-19 23:15 | 山行 | Comments(0)  

旅先で走る。--生石高原トレイルランニング-- [2019.04.28]

G.W.に帰省のついでに義実家の近くの生石高原を走った。
ここに訪れるのは2度目。
2度目、なぜならまた訪れたいと思ったから。
d0242696_16585018.jpg

スタートは標高380mの峠道の途中、林道の入口。
奥さんに車で送ってもらいスタート。
林道を黙々と登る。
整備された林は見ていて気持ちがいい。
d0242696_19240252.jpg
320m強登り、別荘地を通過し、生石神社に。
やはりデカイ。
d0242696_19240579.jpg
地質的に花崗岩の大きな岩が多い。
d0242696_19240960.jpg
これくらいのサイズ。
d0242696_19241115.jpg
生石高原に出ると絶景。
d0242696_19242789.jpg
d0242696_19245829.jpg
海も見える。
d0242696_19250230.jpg
標高870mの生石ヶ峰から標高150mまで下りて登り返す。手前の盆地まで下りる。
700m以上のダウンヒルと登り返し。
なかなか得られないプロファイル。
d0242696_19250577.jpg

下りる。
d0242696_19250876.jpg
気持ちのいい森。
d0242696_19251205.jpg
d0242696_19274090.jpg
いつもあっという間。
長閑な山村。
d0242696_19255760.jpg
しばらくロードで登り返し。
白樫の大木から入山。
d0242696_19260558.jpg
d0242696_17315396.jpg
ここからの登り、とても好みなトレイル。
d0242696_19261034.jpg
d0242696_19261491.jpg
d0242696_19261917.jpg
3.5kmで730m D+のバーティカルも苦じゃないくらい。
生石高原に戻ってきて笠石でフィニッシュ。
d0242696_17201388.jpg
d0242696_17201702.jpg
山の家のカレーは少し辛かったが美味かった。
d0242696_19271424.jpg

走行データは以下。
時間:3時間11分
距離:15.3km
累積標高:1321m D+

コースプロファイルは以下。
がっつり下ってがっつり登る。
d0242696_16554615.jpg
山頂まで車で行けたり、山頂に山の家があって食事ができたりする山って貴重。

ハイカーが数組歩いていた程度で、
トレイルランナーはゼロ。

アクセス良くないのは仕方ないかもしれないが、良いトレイルなので機会があれば是非走って欲しい。

次は大津から京都へ、トレイル調査。




by peperonci_no | 2019-06-14 18:00 | 山行 | Comments(0)  

箕作山〜繖山〜安土山トレイル調査 [2018.12.23]

またまた近所の低山調査。
東近江市の隣り合う2つの山塊を繋いだ。

真夏の蜘蛛の巣パラダイス以外は楽しめるルートだ。

ルートは以下。
市辺駅〜船岡山〜十三仏岩戸山〜小脇山〜箕作山〜清水山(北箕作山)〜観音正寺〜繖山〜安土城跡
のんびり快適な部分もあり、なかなかハードな部分もありなルート。
d0242696_20303966.jpg
早朝、JR近江八幡駅から近江鉄道へ乗り換えて市辺駅へ向かう。
ローカル線独特の雰囲気を味わいながら。
d0242696_22185162.jpg
d0242696_22185349.jpg
入山口は市辺駅からすぐの船岡山。
古墳みたいな小さな丘陵から。
d0242696_22185508.jpg
d0242696_22185736.jpg
d0242696_22213486.jpg
d0242696_22200041.jpg
ウォーミングアップだ。
d0242696_22200242.jpg
d0242696_22223128.jpg
船岡山から箕作山方面へ。
d0242696_22200523.jpg
畦道通りながら。
d0242696_22200753.jpg
船岡山を振り返る。
d0242696_22212913.jpg
箕作山の入山口へ。
d0242696_22213097.jpg
d0242696_22213203.jpg
d0242696_22213465.jpg
よく歩かれている。
竹林がいい雰囲気。
d0242696_22213609.jpg
d0242696_22221855.jpg
お地蔵様を数えてみよう。
石段、修行だ。
d0242696_22222030.jpg
巨大な岩出現。
太郎坊宮に代表されるように、この辺りは巨岩が多数あるような地質。
d0242696_22305414.jpg
さらに登ると眺めのいい岩戸山に到着。
d0242696_22222457.jpg
d0242696_22222631.jpg
低山の歩きやすいトレイルが続く。
d0242696_22225838.jpg
小脇山からの眺め。
遠くに鈴鹿の山々、手前に太郎坊宮。
d0242696_22230074.jpg
d0242696_22230768.jpg
山頂は広くなっている。
d0242696_22230808.jpg
笹の中の踏み跡は標高の高い山を走っているかのような気分にさせてくれる。
d0242696_22231127.jpg
快適なシングルトラックが続く。
初夏からは秋は蜘蛛の巣が酷くなることが予想される。
d0242696_22243443.jpg
箕作山に到着。
d0242696_22243974.jpg
これから向かう清水山(北箕作山)が向こうに見える。
d0242696_22243535.jpg
d0242696_22243738.jpg
太郎坊山への分岐の前に、
ツブラジイ(粒椎)の大木あり。
パワーを貰う。
d0242696_22244217.jpg
太郎坊山へ寄り道。
太郎坊宮側からのハイカーにたくさん歩かれているのか、快適なシングルトラック。
d0242696_22251796.jpg
山頂の手前は岩登り。
d0242696_22251938.jpg
一枚岩からの眺めよし。
d0242696_22252101.jpg
d0242696_22252359.jpg
d0242696_22252642.jpg
d0242696_22242824.jpg
分岐まで戻り、清水山へ向かう。
分岐から清水山方面のトレイルの状態は太郎坊山方面から一変する。
d0242696_22272962.jpg
通る人が少ないのか、
管理体制が違うのか、
少なくとも落ち葉や落ちた小枝が少ない綺麗なシングルトラックでは無く、
荒々しい"踏み跡"。
個人的にはこっちのテイストも好き。
d0242696_22273168.jpg
腰越までの下りも結構急だ。
d0242696_22273506.jpg
腰越にはアスファルトの作業道が伸びてきている。
再び清水山へ入山していく。
d0242696_22273756.jpg
清水山への登りのルートは倒木な撤去がまだまだできていないため、正直オススメできない。(2018年12月末時点)
d0242696_22281564.jpg
しかし、山頂まで行ってみると刈り払いされていて眺望がいいため、ピーク自体はオススメできる。
腰越から以外のルートを使用することを薦める。
d0242696_22281649.jpg
清水山から関電の巡視路?伝いに下山し、
登山口はちょっと出入りし難い雰囲気…
d0242696_22281846.jpg
d0242696_22282004.jpg
五箇荘清水鼻町を経由して観音正寺へロードで向かう。
日吉神社から石段を登っていく。
d0242696_22282260.jpg
あっちの山塊から来た。
d0242696_22285997.jpg
観音正寺から繖山へは、
観音正寺境内の奥からもアクセス可能だが入山料がかかる。
境内入口で関係者の方に伺ったら繖山へ行くためのルートがあると教えていただいた。
少し下の駐車場へ下ったところの"ねずみ岩"の所から入山できる。
d0242696_22290114.jpg
ここからは尾根伝いでとても気持ちいいルート。
d0242696_22290229.jpg
d0242696_22252578.jpg
繖山到着。
d0242696_22290545.jpg
おにぎり補給。
d0242696_22294825.jpg
安土城跡方面へ下りていく。
d0242696_22294692.jpg
眼下に安土城跡方面、西の湖もよく見える。
d0242696_22295063.jpg
木段が連続するが概ね気持ちのいいシングルトラックだ。
眺めもいい。
d0242696_22312898.jpg
d0242696_22295204.jpg
終盤に竹林に変わったり、戦国時代の舞台になっていたことを思い出させる。
d0242696_22295469.jpg
近江八幡市と東近江市の境の峠に出て、
d0242696_22304654.jpg
少しだけロード走ると
d0242696_22304994.jpg
安土城跡に到着。
d0242696_22305234.jpg
お腹いっぱい。

今回の走行データは以下。
時間:3時間42分
距離:13km
累積標高:943m D+
女性オススメ指数:4
近江鉄道でアクセス可能。
エスケープしたらすぐ街。山深くない。
箕作山山塊を下りた国道8号沿い清水鼻町に大きなセブンイレブンあり。
最終的には腰越から清水山のセクションは他人にはオススメできないが、
それ以外は低山だけど、やりきった感の得られるルートなので、虫や蜘蛛の巣の少ない時期に歩かれるといいと思う。(11月〜5月、6月はどうかな)
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
d0242696_19590107.jpg
猪の子山まで行って終着点を能登川駅にしてもいいだろう。
d0242696_22312676.jpg
次は希望ヶ丘トレイルランニングレースを走った記録かな。
ではまた。




by peperonci_no | 2019-05-15 20:30 | 山行 | Comments(0)  

shiga round trail開通記念走行会に行ってみた。[2018.12.1]

トレイルの開拓、保全、夢の実現、人と人の繋がり。
いろんな目的、目標に対する情熱、行動力を肌で感じることのできるイベントだった。

これからも要チェック!
"滋賀一周ラウンドトレイル"の活動。

滋賀一周ラウンドトレイル(以降shiga1)のHPから抜粋。
"滋賀県の周りには、単独でも魅力的な山がたくさんあります。比叡山、比良山、高島トレイルに余呉トレイル、奥伊吹の山々、伊吹山、そして100kmにも及ぶ鈴鹿山脈。これらを全部つなげて、ぐるっと一周できたら、どんなに楽しいだろう。"

滋賀県の周りを一周する。
文章だと簡単だけど、自分の脚で歩くとなると途方もない。

そんな挑戦、経験をする機会を与えてくれるイベントの準備をしているまさに現場担当の方たちと彼、彼女達が長期に渡る調査、整備によって開通した奥伊吹エリアの走行会に参加させてもらった。

出雲で暮らしている時にFacebookの投稿やトレイルランニングの雑誌などからshiga1 の活動やその背景(現場担当の近藤さんblog)は知っていて、遠い滋賀県のことだけど、とても面白い活動だなと以前から注目はしていた。
滋賀に移り住んで、できる事ならこの活動、特にトレイルの開拓、整備に携わりたいという気持ちはあった。
しかし、子育ての傍らなかなか毎週そこそこ離れた山深い所にあるトレイルの整備活動には行けない。
※因みに毎週のように通う山は家の近所。

直接活動には参加できないけど、活動内容を肌で感じたい、知りたいということで今回の走行会に参加することにした。

素晴らしい志を持ったメンバーにより見事に奥伊吹エリアが開通されたことを確認した!
マジで熱いメンバー(もっとたくさんの方々が携わっている!)
d0242696_19594822.jpg

コースは国見峠まで車で上がり峠の脇から入山して、金糞岳まで行き、高山キャンプ場まで。
d0242696_19590536.jpg
入り口はこんな感じだった(笑)
d0242696_19590751.jpg
稜線が頑強な笹に覆われて冬期以外は何十年も閉ざされていたルートが、
d0242696_20533868.jpg
かなり快適なトレイルになっていた!
d0242696_20534026.jpg
通いつめてとても苦労して笹を刈って開通させたため、"笹刈山"と命名されGoogleマップに登録されているので確認されたし。
山、トレイルに対する愛情が半端ない。
最早、変態の域に達しているメンバー(褒めています)。
d0242696_20272589.jpg
奥伊吹スキー場に出て、
d0242696_19590927.jpg
結構下る。
d0242696_19591037.jpg
品又峠の横から再度入山。
あ、もともと山だった。
d0242696_19591285.jpg
ここからはブナの森。
d0242696_20021006.jpg
本当に綺麗だった。
新緑の季節にまた来たい。
d0242696_20021393.jpg
新穂峠。
d0242696_20021509.jpg
もの凄い県境の峠って雰囲気を醸していた。
d0242696_20021843.jpg
しばらくして新穂山。
マイナーピークだが登山で歩かれている。
d0242696_20022061.jpg
鳥越峰までも豊かなブナの森。
d0242696_20545045.jpg
踏み跡は明瞭ではないが、まぁ難しくもない。
d0242696_20545212.jpg
鳥越峰通過して
d0242696_20545534.jpg
鳥越峠到着。標高1000mオーバーまで舗装路がある。
d0242696_20545862.jpg
時間切れのため金糞岳を目前にエスケープルートで下りることに。
賢明な判断。
d0242696_20550015.jpg
何とかヘッドランプ点けずに下山。
休憩も多めだったのでダメージ少なめ。
情報量多め。blogには書ききれず。
d0242696_20554487.jpg

この日の走行データは以下。
時間:8時間13分(結構休憩多め)
距離:27.83km
累積標高差:2067m D+ (下りは2628mだった)

コースプロファイルは以下。
d0242696_21431167.jpg

もともと未開通の区間ということでとても山深い印象。
分岐も複数あるし、簡易的なマーキングはあるものの読図スキルは必要。
どこの山行くにも同じなんだけど。

こんなルートも含め8日間のステージレースとなるshiga1。
時間とお金に余裕が出てきた頃にでも参加しようと思う。
それか個人的に何日、何回かに分けて一周するのもアリだ。
d0242696_20554680.jpg
滋賀県でトレイルランナーに会うことは少ないけど、滋賀県のトレイルはいいぞ!
もっと熱い想いを持った色んな人たちとコラボしていきたい。
…家庭を優先しつつ!
結局これが最重要事項。
まぁボチボチやっていきましょう。

shiga1 の最新情報はFacebookの"滋賀一周ラウンドトレイル"をチェックすべし。
https://www.facebook.com/shiga1.jp/

d0242696_21260463.jpg

次は伊勢の森トレイルランニングレース参戦記かな。




by peperonci_no | 2019-03-15 00:15 | 山行 | Comments(0)  

初めて歩く山は最高!--猪子山、繖山、観音正寺縦走-- [2018.11.25]

またまた近所の里山を偵察。
かなりよかった!
これは奥さんにもオススメ。
blog書いてる間に奥さん走りに行って大絶賛だった。

コースは
JR能登川駅から善勝寺から北向岩屋十一面観音、猪子山、繖山、観音正寺の縦走ルート、おまけでプラス観音正寺の石段一往復。

早朝のJRに乗り能登川駅に降りて、
1.2キロジョグして善勝寺から登り始める。
朝日とともに最初のピーク猪子山を目指した。
d0242696_19481978.jpg
北向岩屋十一面観音の手前は階段。早朝からお参りに歩かれている方がいる。
d0242696_19482251.jpg
琵琶湖方面
d0242696_19482429.jpg
能登川駅方面、朝日を浴びた街並みは絶景。
d0242696_19482734.jpg
d0242696_19483054.jpg
五個荘側は霧、靄で幻想的だった。
d0242696_19490699.jpg
d0242696_19490939.jpg
猪子山に到着。
しばらくは箒で落ち葉さえも掃いてある歩道だった。
d0242696_19491623.jpg
縦走路は木段メイン。
維持には仕方ないんだろう。
d0242696_19493681.jpg
d0242696_19494052.jpg
途中、熱気球が浮かんでいた。
眺めがいい。本当にいい。
d0242696_19501783.jpg
d0242696_19501457.jpg
地獄越えから繖山の稜線は展望よし。
d0242696_19502110.jpg
d0242696_19565337.jpg
d0242696_19502496.jpg
d0242696_19502744.jpg
d0242696_19512328.jpg
マジで最高。
言葉は要らない。
d0242696_19512666.jpg
d0242696_19512973.jpg
繖山山頂到着。
d0242696_19513171.jpg
繖山から観音正寺の城跡へ。
立派な石垣あり。
d0242696_19513446.jpg
観音正寺の裏手から境内へ。
参拝。
d0242696_19530023.jpg
とても整っているお寺。
どこぞの観光地になっているお寺以外で
ここまで綺麗なお寺は見たことない。
おまけに眺めがいい。
d0242696_19530419.jpg
下山は石段。
テクニカルで楽しすぎる。
トレイルの下りのスキルを上げるのに、
石段は適していると思う。
ちゃっちゃと下れないと。
d0242696_19530963.jpg
時間が半端にあったので一度下りきって
もう一度石段で観音正寺まで登り返し。
d0242696_19531326.jpg
そしてまたテクニカルな石段下りでぶっ飛ばしフィニッシュ。
石寺楽市という所で奥さんにピックアップしてもらった。サンキュー。
d0242696_19531611.jpg
d0242696_19541315.jpg
今回は初冬の好天にも恵まれ、景色もトレイルのコンディションも抜群で、トレイル調査の醍醐味を味わえた山行であった。
初めての山ってめちゃ楽しい!
d0242696_19572332.jpg

今回の走行データは以下。
縦走後の観音正寺の石段一往復も含む。
時間:2時間25分
距離:8.85km
累積標高:854m D+
女性オススメ指数:5
JR能登川駅からすぐ入山できる。登山道も明瞭、整備が行き届いている。何より途中途中の景色が良い。エスケープルートも複数ある。フィニッシュ地点から公共交通機関は要検討。近くはない。
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
縦走の後に石段一往復。
d0242696_19541590.jpg
近江八幡から東近江周辺、湖東エリアは特に寺社巡りのスポットが複数ある印象。
寺社と山は必ずセットになっている図式になっている。
まだまだたくさん宝がたくさん眠っている。
調査のしがいがある。
次の調査は太郎坊宮のある箕作山〜繖山〜安土山。


#滋賀トレラン #滋賀トレイルラン

by peperonci_no | 2019-01-24 13:02 | 山行 | Comments(0)  

希望ヶ丘公園北稜、三上山、南稜周回 再チャレンジ [2018.11.23]

前回時間切れのため途中で中断となっていた希望ヶ丘公園の南稜〜竜王アウトレットの行程を何とか繋げることができた。
やはり、2,3回目のルートということで分岐での確認に時間を取られることが無く、
前回よりも1時間も短縮し時間切れにならずにすんだ。
また前回よりも天気が良く、
前回見られなかった眺望を見られて気分よく走ることができたのもペースアップに繋がったと思われる。
一方で一部ルートに再考の余地がある区間あり。南稜終了し、希望ヶ丘公園に戻りそこから竜王アウトレットへのルートの再考はまた次の機会に。
d0242696_00133919.jpg
今回も登山口へバスでのアクセス。
近江八幡駅07:27発三井アウトレット行きに乗り、8:00から鏡山、鳴谷池コースから入山。
前回歩いているのでサクサクと鏡山へ。
d0242696_00075189.jpg
天気も良く眺望が効く!
前回は雨に打たれて山頂スルーだった。
城山方面へ進む。
もう慣れた。
毎回気になるタムシバ山の標識。
d0242696_00075337.jpg
今日は天気いい。
伐採されている場所からの景色も見つつ進む。

ラスボス感強い城山の登り。
d0242696_00075497.jpg
城山からな眺め、
え⁈ こんなに眺めよかったの⁈
歩いてきた鏡山方面、篠原方面
d0242696_00075689.jpg
希望ヶ丘公園方面、よく見える。
前回は雨、ガスで何も見えず。
素直に嬉しい。足取りも軽くなる。
d0242696_00090323.jpg
前回と同じく辻ダムへ下りて、
希望ヶ丘公園から花緑公園へ、
三上山北縦走路から田中山へ。
d0242696_00141778.jpg
1度峠のロードに出て田中山へ登り返し。
我が家では通称"歯応えのある登り"
田中山への急登を登る。
出雲北山をホームにしていると、
多少の急登にも狼狽えない。

何と、こちらも前回見られなかった眺望が。
d0242696_00091216.jpg
ひらけた展望も有志の方の尽力の賜物と教えられる。
田中山山頂でコーヒーで小休止。
d0242696_00091433.jpg
田中山、旗振山を経て、
一旦下山し、妙光寺山へ登り返す。
こちらも最後に急登。
妙光寺山のピークは前回の調査で確認したとおり展望もないのでパス。
三上山北縦走路に戻り、三上山へ。
前回よりも1時間短縮
d0242696_00091696.jpg
三上山山頂からの眺望も今日は良い。
登りで頑張り過ぎて脚がプルプル。
最近マイブームのファミマのピーナッツバターを挟んだコッペパンで補給。
d0242696_00103117.jpg
テクニカルな裏登山道を下り中段の道から花緑公園へ。
花緑公園でトイレ休憩と水分の補充。
イノシシ出るのね。
d0242696_00103367.jpg
前回サイドタウンへ下りていった道は通らず先へ進める嬉しさ!
ゴロゴロした岩からの眺めも楽しめる。
d0242696_00103570.jpg
シダが生い茂ってるけどしっかりと踏み跡のある砂礫ルート。眺めは良い。
夏は下草が煩くて無理かなぁ。
d0242696_00150665.jpg
希望ヶ丘公園の南ゲート駐車場に一旦出る。
セブンイレブンの安納芋羊羹でひと休み。
d0242696_00103776.jpg
南稜後半、案外しっかりとした道があり楽しめる。
d0242696_00103997.jpg
あっという間に希望ヶ丘公園に出る。
地形図と違い、橋の脇の道に出た。
d0242696_00114533.jpg
ここから青年の城の北側の沢から鏡山新道と言われるルートで鏡山へ登り、
鳴谷池ルートで竜王アウトレットへ抜ける計画だった。
オリエンテーリングで辛うじて使われている感じの頼りない踏み跡を頼りに先へ進むと、
d0242696_00114892.jpg
ボロボロになった鏡山新道の道標が。
新道なのに廃れている予感は的中する。
d0242696_00115013.jpg
踏み跡は薄くなり、シダが生い茂り足下が見えなくなってきた。
時間も遅くなってきたし、脚のコンディションも万全ではないため、引き返すことに。

そこからのルートは国土地理院の地形図には実線で記載されているルートだったため油断していたがそこそこ荒れていた。
モトクロスのタイヤ痕が出てきて気がついた。
いわゆる"モトクロ山"に近づいてきているのかな。
モトクロスの轍なのか水がたくさん溜まっていて歩き辛い。
d0242696_00115284.jpg
景色が開けてハゲた場所があり、
"モトクロ山"っぽい場所を通過。
d0242696_00115495.jpg
衛星写真でも状況を確認。
アウトレットはもうすぐそこ。
d0242696_00130205.jpg
濡れて滑りやすいルートを慎重に下り、
d0242696_00130704.jpg
鳥居が立っていて鬱蒼とした場所からアウトレットに到着。
終盤、鬱蒼としたルートだったため、
完遂の達成感もどこかへ飛んでしまった。
ルートの雰囲気って大事。

今回の走行データは以下。
時間:5時間56分
距離:23.8km
累積標高:1769m D+
女性オススメ指数:3

オススメ指数内訳)
前回の記載を転記。
アウトレット〜鏡山はメジャールートなので 5。
鏡山〜希望ヶ丘公園は歩きやすいが割と鬱蒼としているため 3。
希望ヶ丘公園〜田中山はよく整備されたトレイルのため4。
田中山〜妙光寺山は妙光寺山の入口までの間、入口周辺が少し鬱蒼としているのと、稜線に出てから妙光寺山までが倒木などで少し荒れていることから2。
妙光寺山〜三上山〜植物園はとても明瞭なルート、景色もいい、メジャーなルートなので人もそこそこすれ違うため5。
植物園〜南稜は水道施設から先が若干トレイル狭く鬱蒼としているが中間地点に希望ヶ丘公園南ゲートがあり、ゲート事務所やトイレもあるため2ではなく3。眺望は良いところ数箇所あるけど。人と出会ったら逆にビビる。
希望ヶ丘公園〜モトクロ山〜竜王アウトレットは鬱蒼としているし、踏み跡も薄め、水溜り、渡渉チックな場所が数箇所あるため2。
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

今回のルート、コースプロファイルは以下。
何とか一周できた!
一度下りて登り返すことが多いのでアップダウンは結構多め。
d0242696_00154365.jpg
冒頭に書いたように、南稜終後、希望ヶ丘公園から竜王アウトレットへのルートの再考が必要。低山徘徊したくなったら行くことにする。
d0242696_00161787.jpg
次は近所の里山、繖山の偵察。


#滋賀トレイル #滋賀トレラン #滋賀トレイルラン #希望ヶ丘トレイル

by peperonci_no | 2019-01-09 18:55 | 山行 | Comments(0)  

シーズンinです。 --八幡山縦走往復--[2018.11.11]

どこの山をホームマウンテンにするのか調査中。
候補の1つである山、八幡山。
少し前に奥さんが調査に行ったが蜘蛛の巣が酷くて片道でロード走って帰ってきたらしい。

今回は季節が少し進んだため、蜘蛛の巣の状況を確認し、あわよくば往復しようと考えていた。

結論)
11月2週目なら蜘蛛の巣も無くなり、快適に走る事ができる!
(10月はまだまだ蜘蛛の巣を顔に浴びることになる)

登山口は日牟禮八幡宮の敷地のの脇。
d0242696_08082779.jpg
快適なトレイルが続く。
d0242696_08085115.jpg
走られる傾斜。
d0242696_08085986.jpg
ハァハァしているうちにロープウェイ駅に到着。
日の出のタイミングだった。
d0242696_08090271.jpg
早起きするもんだ。
d0242696_08090428.jpg
d0242696_08100165.jpg
朝日に照らされたトレイルが綺麗でキョロキョロ。
d0242696_08100462.jpg
城跡だったということで面白い地形も。
d0242696_08100652.jpg
割と幅が狭いトレイルだが蜘蛛の巣がないため快適。
細かいアップダウンを繰り返し、
出雲北山を思い出した。
でも北山に比べたらぬるいな。
d0242696_08100955.jpg
眺望もバッチリ、西の湖がよく見える。
d0242696_08061585.jpg
植生が変わり針葉樹林に。
気分も変わる。
d0242696_08101210.jpg
d0242696_08111599.jpg
百々神社に下山。
神社の横の壁もない小屋でシュラフを引いて野宿している方がシュラフの隙間から目だけ出してこちらを見ており、目が合ってしまい、ギョっとした。
見た感じては女性だった。どういう経緯で女性1人で野宿しているのか。旅だろうか。
d0242696_08111954.jpg
気を引き締めて折り返し。
復路は1時間切るべくペースアップ。
写真も撮らず走る。
下りも頑張って復路1時間切れた。
往復1時間54分10秒。

下山した日牟禮八幡宮には"たねや"さん、クラブハリエがあり、朝の仕込みなのか、
辺りは甘い香りに包まれて幸せな気分になった。
d0242696_08112322.jpg
朝から2時間弱でサクッとハードに走れて、
近所にしてはいいトレイルだった。

今回の走行データは以下。
時間:1時間54分10秒
距離:8.78km
累積標高:817m D+
女性オススメ指数:5
何より街から近く、眺望もいい。踏み跡明瞭。八幡山までは人が多い。ただし八幡山から先は人に会う頻度はシーズンによるだろう。今回は2人とすれ違った。

※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
d0242696_12404316.jpg

近江八幡、東近江市にはこんな感じの里山が平野から複数ポコポコ存在している。

里山シリーズとしては、繖山、箕作山(太郎坊宮)、長命寺山、瓶割山、雪野山など続き、
すべてを数珠つなぎにするのが最終形と思われる。凄いな近江八幡、東近江。

次は希望ヶ丘公園周回のリベンジ。



by peperonci_no | 2018-12-12 12:40 | 山行 | Comments(0)  

無念のドロップ--希望ヶ丘公園北稜、三上山周回、南稜途中まで-- [2018.11.04]

d0242696_00270714.jpg

軽自動車を滋賀に引っ越して来たタイミングで手放した。
今では、週末に自動車を使わずに公共交通機関で近くの山にアクセスできることか登山口選びの大事なポイントになっている。

駅から割と早めの時間からバスが出ていて、もし帰りもバスで帰るとなったときに本数が割と多いのが、竜王プレミアムアウトレット路線。

アウトレットを発着点に鏡山登山道があり、そこから希望ヶ丘公園北稜、三上山、南稜を絡めてコースができる。結果、希望ヶ丘公園トレイルランニングレースに少しアレンジを加えたコースになった。

バスで竜王プレミアムアウトレットに行き、アウトレット駐車場の脇から8:00過ぎに入山。
いわゆる鳴谷池コースだ。
入口に物々しい「自転車、バイク乗り入れ禁止」の看板あり。
d0242696_07572478.jpg
誰の責任、指示で表示しているのかの記載は無し。有志による看板だろうか?
何の権限があって表示しているのかは表示してもらえるとありがたいな…とMTB乗りの立場で考えたり。滋賀だったらどんな所でMTBを楽しめるのか考える日々…。

しばらく進むと鳴谷渓谷沿いの気持ちのいいダートに。
d0242696_07572903.jpg
森を進むと鳴谷池。
よく整備された登山道を進む。
d0242696_07573384.jpg
鏡山手前から強めの雨が降り、
写真撮る余裕もなく、眺望も無く、
鏡山山頂をパスし、城山方面へ進んだ。
雨は降り続け、身体も冷えてきた。
OMMのベストで凌いだ。持ってきていて正解。

何も眺望無いまま進み、城山手前大きな岩をよじ登り、
城山到着。眺望無し。
d0242696_07573762.jpg
更に進み、辻町方面へ進み。
231mピークの手前の巨石で引き返して鉄塔の巡視道みたいな道で辻ダムへ下りた。
d0242696_07574154.jpg
辻ダム沿いのダートを走り、
希望ヶ丘公園を突っ切り花緑公園から
三上山北縦走路へ。

妙光寺山との分岐を田中山方面へ進んだ。
田中山、結構歯ごたえのある登り(汗)
幅の狭い稜線など地形が楽しい。
霞んだ先に辻ダムが見えた。
他は全く眺望なかった。
天気のいい日にまた来よう。
d0242696_07585205.jpg
田中山から旗振山へ縦走し、野洲中学校の裏手に一旦下山し、妙光寺山登山口から再び入山した。少し寄り道すれば、途中、大きな岩をくり抜いた磨崖仏を拝むことができる。
d0242696_07585676.jpg
妙光寺山と北縦走路を繋ぐ尾根に出る前に
急登が襲いかかってくる。
d0242696_07585954.jpg
妙光寺山への道は倒木で荒れていた。
ピークからは展望も効かず。
d0242696_07590451.jpg
気を取り直して北縦走路に戻ると、
現実とは思えない景色に目を奪われて
なかなか進めない。
d0242696_07590755.jpg
お昼の補給を済ませるが、
今お昼…2時間程度予定から遅れている。
やはり初めてのコース、しかも分岐が多いコースで地形図確認が多過ぎたか、かなりの遅れが出た。
南稜を制覇して鏡山も登ってアウトレット…はかなりの時間オーバーであるとともに、
行動食が切れる。

諸々を奥さんと相談し、急遽、南稜の半分の希望ヶ丘公園南ゲートから下山したところの最寄りのコンビニで回収してもらうことに。
ありがたや。
夫婦で趣味が同じということはこういう時に助かる。
理解のない間柄なら、迎えに来てなんて言えないだろう。

終着点が決まったところで、
あとは何も考えず走るだけ!
三上山の中段の道がいい道だった。
d0242696_08002770.jpg
三上山の表登山道を目一杯突っ込んでのぼったら、
これまで雨に濡れ、凍えていたのが嘘のように汗が滴った。
悪天候にかかわらず山頂には数組のハイカーがいた。やはり人気の山らしい。

裏登山道から下りる。
ただでさえテクニカルな足場が濡れて更にテクニカルに。
楽しい。
d0242696_08003026.jpg
花緑公園側に一旦下りて、植物園から南稜へ入山した。
ヤマレコ などに上がっていた他の方の軌跡は藪で埋まっていたのでロードで繋いだ。
植物園向かって1番右側奥の天山の登山口から入山する。
しばらく広めのトレイル。快適。
水道施設に到着。
d0242696_08003481.jpg
ここから先はややトレイルが細くなり枝が少し煩い。
希望ヶ丘公園南ゲートへは行かず、サイドタウンへ下りた。無念。
新興住宅地を2キロほど走り、家族が来てくれているコンビニへ。
ちょっとペースアップしたら太腿ピクピクきた!
ダメージ少しあったようだ。

今回は天候の悪化や地形図確認で大幅時間ロスし、最後まで走りきることができなかった。
次回は地形図確認もそこそこにペースアップし周回完遂する。

今回の走行データは以下。

時間:5時間57分
距離:22.1km
累積標高:1598m D+
女性にオススメ指数:3

オススメ指数内訳)
アウトレット〜鏡山はメジャールートなので 5。
鏡山〜希望ヶ丘公園は歩きやすいが割と鬱蒼としているため 3。
希望ヶ丘公園〜田中山はよく整備されたトレイルのため4。
田中山〜妙光寺山は妙光寺山の入口までの間、入口周辺が少し鬱蒼としているのと、稜線に出てから妙光寺山までが倒木などで少し荒れていることから2。
妙光寺山〜三上山〜植物園はとても明瞭なルート、景色もいい、メジャーなルートなので人もそこそこすれ違うため5。
植物園〜南稜〜サイドタウンへ下山、は水道施設から先が若干トレイル狭く鬱蒼としているため2。

※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

ログは以下。
残りの部分は必ず繋げる!
d0242696_08003638.jpg

次は近所の八幡山の縦走往復。


by peperonci_no | 2018-12-11 00:12 | 山行 | Comments(0)  

鏡の里〜十二坊トレイル調査 [2018.10.28]

ピークとピーク、稜線と稜線、トレイルとロード、林道をつないで自分でルートを考えて、地形図片手に初めての山、最高に楽しい。
実際に走って、想定と違ったり、あーだこーだするのは楽しい。
d0242696_17552063.jpg

南北縦断とか※※※周回とか、最後に出来上がった軌跡を見て達成感に浸る。

地形図や他人の山行記録を見て、夜な夜な次の宝探しの地図を作成する作業をしている。

今回はいろいろ調査した結果、
南北に結構繋がるぞってことで、
星ヶ峰〜鏡山〜希望ヶ丘公園〜十二坊〜ゆららのルート調査をした。
道の駅、竜王かがみの里がスタート。本来ならバスでアクセスするところ、寝坊して奥さんに登山口近くのファミマに送ってもらった。

道の駅の奥に登山口あり。
民家の横にゲートあり。
星ヶ峰、星ヶ崎城跡に対する看板あり。
d0242696_22350146.jpg
10分ちょっとでピークに到着。
立派な石垣跡あり。
d0242696_22350596.jpg
d0242696_22350894.jpg
星ヶ峰から鏡山への縦走路、
痩せていたり、枝尾根あったり、出雲北山に似ている雰囲気が楽しい。
(そこそこ荒れている感じもね)
地形図確認楽しみながら進む。
d0242696_22351235.jpg
道の駅からゆっくりめに54分、鏡山到着。
この日初めての人間。ハイカー2人とトレイルランナー1人と私。自然と談笑していた。
こちらの山での雰囲気っていい感じなのかな。
d0242696_22351679.jpg
鏡山からは城山方面へ。
国土地理院の地形図には記載が無いが、
希望ヶ丘トレイルランニングレースでも使われているコースということもあり、歩けるぞと。
d0242696_22373038.jpg
結果とても気持ちのいいトレイルだった。
鏡山から希望ヶ丘公園方面へのコースとしてはここが1番歩きやすいのでは?
d0242696_22373376.jpg
希望ヶ丘公園敷地に入ってきたこともあり、分岐が増えてきた(地形図にないルートが無数)。
送電線も場合によっては現在地把握に使える。
d0242696_22373517.jpg
城山方面へは進まずに希望ヶ丘公園へと下りていく。
1つ分岐を入ると人が入った形跡がなくなり、
蜘蛛の巣地獄!
希望ヶ丘公園は道が無数にあるが、整備の行き届き具合もまちまち。
藪が煩いルートもあるのでお気に入りルートの選定は季節ごとに変わってくるのかも。

公園内のロードをしばらく走り、
名神高速の下をくぐり、県道22号線を辿る。
交通量が多いので注意が必要。
林道十二峰線?に入る。
鬱蒼とした雰囲気。
気分は良くない。
出雲の猪ノ目峠を思い出すような風景だな、と。
d0242696_22373889.jpg
5キロ程度延々と登り。
舗装路の隣に稜線があるのだけどそこは走れない。少し残念。
暫くするとトレイルがあり、
電波塔基地とともに砂地の山頂登場。
景色が素晴らしい!
三角点がちょこんと。
d0242696_22374024.jpg
山頂からゆららまでのトレイルもよく手入れされていて気持ちがいい。
d0242696_22382942.jpg
登山道としてもともと整備されているのと、
4月に十二坊トレイルラン&ウォークが開催されていることもあり、看板もしっかりと。
この大会、奥さんが出たいらしい。
d0242696_22383293.jpg
十二坊温泉ゆららでフィニッシュ。
終わった後は家族と合流して山遊び、温泉、食事でこれまた最高。
d0242696_22383505.jpg
d0242696_22383829.jpg
今回の走行データ
距離:13.6km
累積標高:757m D+
時間:3時間20分
女性にオススメ指数:2 (※) 私は好き


星ヶ峰〜鏡山〜希望ヶ丘公園エリア:3→4(※)
分岐多し。人気は多くない。トレイルは広くなく横から枝が飛び出している。10月末の段階では希望ヶ丘公園エリアで蜘蛛の巣多数。私は個人的には大好き。
※後日、4月に奥さんが実走したところ、倒木の状況も改善し、時期的に蜘蛛の巣もなく、とても快適だったとのことで、女性にオススメ指数としては"4"に格上げ。

林道十二峰線〜十二坊エリア:1
薄暗い印象の入り口、トレイル率ほぼゼロ、ずっと舗装路の登り、人気はゼロ。たまに眺望が良い。

十二坊〜ゆららエリア:4
よく整備されている。看板しっかりしてる。眺望抜群。人とは合わなかった。温泉を発着点にできる。

※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

ログは以下。繋がった感がある。よし。
d0242696_22384068.jpg

次は竜王アウトレットを起点にしたコースを調査する。




by peperonci_no | 2018-12-04 20:26 | 山行 | Comments(0)