人気ブログランキング |

箕作山〜繖山〜安土山トレイル調査 [2018.12.23]

またまた近所の低山調査。
東近江市の隣り合う2つの山塊を繋いだ。

真夏の蜘蛛の巣パラダイス以外は楽しめるルートだ。

ルートは以下。
市辺駅〜船岡山〜十三仏岩戸山〜小脇山〜箕作山〜清水山(北箕作山)〜観音正寺〜繖山〜安土城跡
のんびり快適な部分もあり、なかなかハードな部分もありなルート。
d0242696_20303966.jpg
早朝、JR近江八幡駅から近江鉄道へ乗り換えて市辺駅へ向かう。
ローカル線独特の雰囲気を味わいながら。
d0242696_22185162.jpg
d0242696_22185349.jpg
入山口は市辺駅からすぐの船岡山。
古墳みたいな小さな丘陵から。
d0242696_22185508.jpg
d0242696_22185736.jpg
d0242696_22213486.jpg
d0242696_22200041.jpg
ウォーミングアップだ。
d0242696_22200242.jpg
d0242696_22223128.jpg
船岡山から箕作山方面へ。
d0242696_22200523.jpg
畦道通りながら。
d0242696_22200753.jpg
船岡山を振り返る。
d0242696_22212913.jpg
箕作山の入山口へ。
d0242696_22213097.jpg
d0242696_22213203.jpg
d0242696_22213465.jpg
よく歩かれている。
竹林がいい雰囲気。
d0242696_22213609.jpg
d0242696_22221855.jpg
お地蔵様を数えてみよう。
石段、修行だ。
d0242696_22222030.jpg
巨大な岩出現。
太郎坊宮に代表されるように、この辺りは巨岩が多数あるような地質。
d0242696_22305414.jpg
さらに登ると眺めのいい岩戸山に到着。
d0242696_22222457.jpg
d0242696_22222631.jpg
低山の歩きやすいトレイルが続く。
d0242696_22225838.jpg
小脇山からの眺め。
遠くに鈴鹿の山々、手前に太郎坊宮。
d0242696_22230074.jpg
d0242696_22230768.jpg
山頂は広くなっている。
d0242696_22230808.jpg
笹の中の踏み跡は標高の高い山を走っているかのような気分にさせてくれる。
d0242696_22231127.jpg
快適なシングルトラックが続く。
初夏からは秋は蜘蛛の巣が酷くなることが予想される。
d0242696_22243443.jpg
箕作山に到着。
d0242696_22243974.jpg
これから向かう清水山(北箕作山)が向こうに見える。
d0242696_22243535.jpg
d0242696_22243738.jpg
太郎坊山への分岐の前に、
ツブラジイ(粒椎)の大木あり。
パワーを貰う。
d0242696_22244217.jpg
太郎坊山へ寄り道。
太郎坊宮側からのハイカーにたくさん歩かれているのか、快適なシングルトラック。
d0242696_22251796.jpg
山頂の手前は岩登り。
d0242696_22251938.jpg
一枚岩からの眺めよし。
d0242696_22252101.jpg
d0242696_22252359.jpg
d0242696_22252642.jpg
d0242696_22242824.jpg
分岐まで戻り、清水山へ向かう。
分岐から清水山方面のトレイルの状態は太郎坊山方面から一変する。
d0242696_22272962.jpg
通る人が少ないのか、
管理体制が違うのか、
少なくとも落ち葉や落ちた小枝が少ない綺麗なシングルトラックでは無く、
荒々しい"踏み跡"。
個人的にはこっちのテイストも好き。
d0242696_22273168.jpg
腰越までの下りも結構急だ。
d0242696_22273506.jpg
腰越にはアスファルトの作業道が伸びてきている。
再び清水山へ入山していく。
d0242696_22273756.jpg
清水山への登りのルートは倒木な撤去がまだまだできていないため、正直オススメできない。(2018年12月末時点)
d0242696_22281564.jpg
しかし、山頂まで行ってみると刈り払いされていて眺望がいいため、ピーク自体はオススメできる。
腰越から以外のルートを使用することを薦める。
d0242696_22281649.jpg
清水山から関電の巡視路?伝いに下山し、
登山口はちょっと出入りし難い雰囲気…
d0242696_22281846.jpg
d0242696_22282004.jpg
五箇荘清水鼻町を経由して観音正寺へロードで向かう。
日吉神社から石段を登っていく。
d0242696_22282260.jpg
あっちの山塊から来た。
d0242696_22285997.jpg
観音正寺から繖山へは、
観音正寺境内の奥からもアクセス可能だが入山料がかかる。
境内入口で関係者の方に伺ったら繖山へ行くためのルートがあると教えていただいた。
少し下の駐車場へ下ったところの"ねずみ岩"の所から入山できる。
d0242696_22290114.jpg
ここからは尾根伝いでとても気持ちいいルート。
d0242696_22290229.jpg
d0242696_22252578.jpg
繖山到着。
d0242696_22290545.jpg
おにぎり補給。
d0242696_22294825.jpg
安土城跡方面へ下りていく。
d0242696_22294692.jpg
眼下に安土城跡方面、西の湖もよく見える。
d0242696_22295063.jpg
木段が連続するが概ね気持ちのいいシングルトラックだ。
眺めもいい。
d0242696_22312898.jpg
d0242696_22295204.jpg
終盤に竹林に変わったり、戦国時代の舞台になっていたことを思い出させる。
d0242696_22295469.jpg
近江八幡市と東近江市の境の峠に出て、
d0242696_22304654.jpg
少しだけロード走ると
d0242696_22304994.jpg
安土城跡に到着。
d0242696_22305234.jpg
お腹いっぱい。

今回の走行データは以下。
時間:3時間42分
距離:13km
累積標高:943m D+
女性オススメ指数:4
近江鉄道でアクセス可能。
エスケープしたらすぐ街。山深くない。
箕作山山塊を下りた国道8号沿い清水鼻町に大きなセブンイレブンあり。
最終的には腰越から清水山のセクションは他人にはオススメできないが、
それ以外は低山だけど、やりきった感の得られるルートなので、虫や蜘蛛の巣の少ない時期に歩かれるといいと思う。(11月〜5月、6月はどうかな)
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
d0242696_19590107.jpg
猪の子山まで行って終着点を能登川駅にしてもいいだろう。
d0242696_22312676.jpg
次は希望ヶ丘トレイルランニングレースを走った記録かな。
ではまた。




# by peperonci_no | 2019-05-15 20:30 | 山行 | Comments(0)  

めっちゃ走った! --伊勢の森トレイルランニングレース2018-- [2018.12.16]

前から気になっていたレース、
伊勢の森トレイルランニングレース。

良くも悪くも自分の実力通りの走りができて満足。
コース、ホスピタリティ、自分の走り、全部ひっくるめ いいレースだった。
d0242696_19272870.jpg
下見は完了という感じで来年はまた家族旅行がてら奥さんが出走かな。
奥さんにコース、レースのポイントを伝える責任は果たされる。

同週末に出雲で恒例のITJ(出雲の方)が開催される予定でとても迷ったのだけど、
滋賀から行くのに日程、交通手段的に結構無理があったのと、家族での参加は難しいということで今回はパス。
今回はコースも運営も大幅に変更されてとても参加したかったのだけど、残念ながら。
来年以降、調整ついたら出たい。

一方、伊勢の森トレイル、
石川弘樹プロのプロデュースという事と泊まりで行くのに滋賀からであれば距離的にそこまで負担なく伊勢神宮観光までできちゃうということで家族で乗り込んだ。

前日、伊勢神宮内宮にお参りして、前日受付とショップブースで格安のレインウェア買って石川弘樹プロとの記念撮影して伊勢市駅前のホテルに泊まった。

当日は朝早いので家族をホテルに残してローカル線で会場最寄駅に向かった。

6:09の始発の参宮線に乗り込んだ。
最寄駅からは荷物預け会場まで2.1km。
ウォーミングアップがてら小走り。
d0242696_19284476.jpg
d0242696_19284713.jpg
d0242696_19285223.jpg
結構タイトな感じで荷物を預けてスタート会場へのバスへ乗り込んだ。
天気はいいが、冷え込んでいる。
凍ってる。
d0242696_19285875.jpg
寒いんで一応トラックで軽くウォーミングアップ。
島根から来ていたしまきちさんと遭遇!
またどこかのレースで必ず会えることでしょう。
トラック横で様子を見ていた石川弘樹プロに挨拶した。
d0242696_18001421.jpg
定刻通りスタート。
d0242696_19295085.jpg
スタート会場のスポーツの杜伊勢から
五十鈴川を渡り"おはらい町"へ。
おはらい町は内宮のメインストリートでここを走ることができるだけでも参加する価値がある大会だ。
d0242696_19295325.jpg
沿道の応援に力を貰い、山に入っていく。
渋滞は避けたいのでそこそこ飛ばしたが、
飛ばし過ぎずに済んだ。
朝熊山(あさまやま)までは宇治岳道という古道のシングルトラックの緩やかな登り。
良いトレイルだった…けど
緩やかさ加減が嫌らしく、頑張れば走れる。
登りはまぁまぁ得意なので淡々とマイペースで小刻みなピッチで走り続けた。
落ちてきた人を吸収しながら飛ばし過ぎないように。
次第に周りは同じようなペースの選手になってきて、前を走る選手がとても軽やかな走りをされていたので勝手にペーサーになって貰い引っ張ってもらった。
てか、抜くとバテそう、抜くほどの脚力なし。

終盤、少しパワーウォークも織り交ぜたが、ほとんど走り切って朝熊山展望台へ。
家族が応援に来てくれていた。
あんまり走る練習してない人が順調に来てますよ。
海が見えて景色素晴らしい。
d0242696_18130972.jpg
展望台の周りを細かいアップダウン入れてぐるぐる。
展望台に戻ってくる時にこのレース初の脚のピクッ。嫌な予感が少し。今のところ調子はまずまず。
息子とタッチして残りの行程に向かう。
タイツ履いてる人少なかったなぁ。
d0242696_19295598.jpg
八大龍王から下りへ。
二瀬橋道の下りはそこそこテクニカルで、
ランナー上がりの選手を手こずらせたみたいで、ペースに合わない人の後ろで私は少しストレスを感じた。
遅過ぎないけど、ちょっと自分より遅いペース。後ろからピタっとずっと付いて下りているのに1度も後ろを振り返らない…そんな人もいる。沈黙し追走し、前のランナーが何かのトラブルで離脱してから追い抜く形となり、そこからは自分のペースでぶっ飛ばす。超テクニカルな下りも飛ばす。完全に1人の世界に入り込んだ。
気持ちいい下りが一旦終わり、川を渡って、
最後の山へ。
結構急な登りが続く。
周りの選手に登りでバテている方多数。
自分は登りはまだまだグイグイ登れた。
細かいアップダウンのある尾根を進むが、
終盤、ここへ来て嫌な予感が現実に。
痙攣が始まった。
もう少しで最後の下りだというのに。
騙し騙し進み、最後の下りでいよいよ爆発した。
木段を一段飛ばしで下りたいのに、
最後の下りからロードに出て、
スパートのギアに切り替えたいのに…
痙攣の激痛で歩くこともままならず。
何人かに抜かれる始末。
ロボットのような走り方で何とか進む。
フィニッシュゲートが見えたくらいで何とか後ろから来たランナーの力を借りて走り、ゲートを駆け抜けた。
もう少しで痙攣なしでフィニッシュできたのに、無念。
しかしそれでも予想よりやや早めに到着したため、家族がギリギリ私のフィニッシュに間に合わないハプニング発生。
痙攣はあったものの、総じて上手くいったレースと言える。
d0242696_19295859.jpg
家族と合流。
子供らもいい子で待っていてくれた。

走行データは以下。
時間:2時間28分
距離:19.2km
累積標高差:1029m D+
順位:112位/491人出走 上位23%
d0242696_19300148.jpg
d0242696_19304007.jpg
コースプロファイルは以下。
d0242696_23324859.jpg
フィニッシュゲート近くで
伊勢うどんが振舞われたり、
近隣の特産物の試食、販売も行われていて
子供らは三重県産の苺に食らいつきご満悦。
蜜柑が異常に美味しかったのでお買い上げ。
d0242696_19304768.jpg
帰りに四日市のモデラートさんでトレイルランニング用品を物色し、温泉に入りその日のうちに帰宅。
家族でお伊勢参りついでに(どっちがついでか?)
サクッとこれちゃって家族でお出かけ気分も味わえて、
ショートレースの良いところを味わい尽くした遠征だった。

次はまたまたご近所の低山開拓。
太郎坊宮山、箕作山近辺。



# by peperonci_no | 2019-04-10 00:02 | レース | Comments(0)  

shiga round trail開通記念走行会に行ってみた。[2018.12.1]

トレイルの開拓、保全、夢の実現、人と人の繋がり。
いろんな目的、目標に対する情熱、行動力を肌で感じることのできるイベントだった。

これからも要チェック!
"滋賀一周ラウンドトレイル"の活動。

滋賀一周ラウンドトレイル(以降shiga1)のHPから抜粋。
"滋賀県の周りには、単独でも魅力的な山がたくさんあります。比叡山、比良山、高島トレイルに余呉トレイル、奥伊吹の山々、伊吹山、そして100kmにも及ぶ鈴鹿山脈。これらを全部つなげて、ぐるっと一周できたら、どんなに楽しいだろう。"

滋賀県の周りを一周する。
文章だと簡単だけど、自分の脚で歩くとなると途方もない。

そんな挑戦、経験をする機会を与えてくれるイベントの準備をしているまさに現場担当の方たちと彼、彼女達が長期に渡る調査、整備によって開通した奥伊吹エリアの走行会に参加させてもらった。

出雲で暮らしている時にFacebookの投稿やトレイルランニングの雑誌などからshiga1 の活動やその背景(現場担当の近藤さんblog)は知っていて、遠い滋賀県のことだけど、とても面白い活動だなと以前から注目はしていた。
滋賀に移り住んで、できる事ならこの活動、特にトレイルの開拓、整備に携わりたいという気持ちはあった。
しかし、子育ての傍らなかなか毎週そこそこ離れた山深い所にあるトレイルの整備活動には行けない。
※因みに毎週のように通う山は家の近所。

直接活動には参加できないけど、活動内容を肌で感じたい、知りたいということで今回の走行会に参加することにした。

素晴らしい志を持ったメンバーにより見事に奥伊吹エリアが開通されたことを確認した!
マジで熱いメンバー(もっとたくさんの方々が携わっている!)
d0242696_19594822.jpg

コースは国見峠まで車で上がり峠の脇から入山して、金糞岳まで行き、高山キャンプ場まで。
d0242696_19590536.jpg
入り口はこんな感じだった(笑)
d0242696_19590751.jpg
稜線が頑強な笹に覆われて冬期以外は何十年も閉ざされていたルートが、
d0242696_20533868.jpg
かなり快適なトレイルになっていた!
d0242696_20534026.jpg
通いつめてとても苦労して笹を刈って開通させたため、"笹刈山"と命名されGoogleマップに登録されているので確認されたし。
山、トレイルに対する愛情が半端ない。
最早、変態の域に達しているメンバー(褒めています)。
d0242696_20272589.jpg
奥伊吹スキー場に出て、
d0242696_19590927.jpg
結構下る。
d0242696_19591037.jpg
品又峠の横から再度入山。
あ、もともと山だった。
d0242696_19591285.jpg
ここからはブナの森。
d0242696_20021006.jpg
本当に綺麗だった。
新緑の季節にまた来たい。
d0242696_20021393.jpg
新穂峠。
d0242696_20021509.jpg
もの凄い県境の峠って雰囲気を醸していた。
d0242696_20021843.jpg
しばらくして新穂山。
マイナーピークだが登山で歩かれている。
d0242696_20022061.jpg
鳥越峰までも豊かなブナの森。
d0242696_20545045.jpg
踏み跡は明瞭ではないが、まぁ難しくもない。
d0242696_20545212.jpg
鳥越峰通過して
d0242696_20545534.jpg
鳥越峠到着。標高1000mオーバーまで舗装路がある。
d0242696_20545862.jpg
時間切れのため金糞岳を目前にエスケープルートで下りることに。
賢明な判断。
d0242696_20550015.jpg
何とかヘッドランプ点けずに下山。
休憩も多めだったのでダメージ少なめ。
情報量多め。blogには書ききれず。
d0242696_20554487.jpg

この日の走行データは以下。
時間:8時間13分(結構休憩多め)
距離:27.83km
累積標高差:2067m D+ (下りは2628mだった)

コースプロファイルは以下。
d0242696_21431167.jpg

もともと未開通の区間ということでとても山深い印象。
分岐も複数あるし、簡易的なマーキングはあるものの読図スキルは必要。
どこの山行くにも同じなんだけど。

こんなルートも含め8日間のステージレースとなるshiga1。
時間とお金に余裕が出てきた頃にでも参加しようと思う。
それか個人的に何日、何回かに分けて一周するのもアリだ。
d0242696_20554680.jpg
滋賀県でトレイルランナーに会うことは少ないけど、滋賀県のトレイルはいいぞ!
もっと熱い想いを持った色んな人たちとコラボしていきたい。
…家庭を優先しつつ!
結局これが最重要事項。
まぁボチボチやっていきましょう。

shiga1 の最新情報はFacebookの"滋賀一周ラウンドトレイル"をチェックすべし。

d0242696_21260463.jpg

次は伊勢の森トレイルランニングレース参戦記かな。




# by peperonci_no | 2019-03-15 00:15 | 山行 | Comments(0)