初めて歩く山は最高!--猪子山、繖山、観音正寺縦走-- [2018.11.25]

またまた近所の里山を偵察。
かなりよかった!
これは奥さんにもオススメ。
blog書いてる間に奥さん走りに行って大絶賛だった。

コースは
JR能登川駅から善勝寺から北向岩屋十一面観音、猪子山、繖山、観音正寺の縦走ルート、おまけでプラス観音正寺の石段一往復。

早朝のJRに乗り能登川駅に降りて、
1.2キロジョグして善勝寺から登り始める。
朝日とともに最初のピーク猪子山を目指した。
d0242696_19481978.jpg
北向岩屋十一面観音の手前は階段。早朝からお参りに歩かれている方がいる。
d0242696_19482251.jpg
琵琶湖方面
d0242696_19482429.jpg
能登川駅方面、朝日を浴びた街並みは絶景。
d0242696_19482734.jpg
d0242696_19483054.jpg
五個荘側は霧、靄で幻想的だった。
d0242696_19490699.jpg
d0242696_19490939.jpg
猪子山に到着。
しばらくは箒で落ち葉さえも掃いてある歩道だった。
d0242696_19491623.jpg
縦走路は木段メイン。
維持には仕方ないんだろう。
d0242696_19493681.jpg
d0242696_19494052.jpg
途中、熱気球が浮かんでいた。
眺めがいい。本当にいい。
d0242696_19501783.jpg
d0242696_19501457.jpg
地獄越えから繖山の稜線は展望よし。
d0242696_19502110.jpg
d0242696_19565337.jpg
d0242696_19502496.jpg
d0242696_19502744.jpg
d0242696_19512328.jpg
マジで最高。
言葉は要らない。
d0242696_19512666.jpg
d0242696_19512973.jpg
繖山山頂到着。
d0242696_19513171.jpg
繖山から観音正寺の城跡へ。
立派な石垣あり。
d0242696_19513446.jpg
観音正寺の裏手から境内へ。
参拝。
d0242696_19530023.jpg
とても整っているお寺。
どこぞの観光地になっているお寺以外で
ここまで綺麗なお寺は見たことない。
おまけに眺めがいい。
d0242696_19530419.jpg
下山は石段。
テクニカルで楽しすぎる。
トレイルの下りのスキルを上げるのに、
石段は適していると思う。
ちゃっちゃと下れないと。
d0242696_19530963.jpg
時間が半端にあったので一度下りきって
もう一度石段で観音正寺まで登り返し。
d0242696_19531326.jpg
そしてまたテクニカルな石段下りでぶっ飛ばしフィニッシュ。
石寺楽市という所で奥さんにピックアップしてもらった。サンキュー。
d0242696_19531611.jpg
d0242696_19541315.jpg
今回は初冬の好天にも恵まれ、景色もトレイルのコンディションも抜群で、トレイル調査の醍醐味を味わえた山行であった。
初めての山ってめちゃ楽しい!
d0242696_19572332.jpg

今回の走行データは以下。
縦走後の観音正寺の石段一往復も含む。
時間:2時間25分
距離:8.85km
累積標高:854m D+
女性オススメ指数:5
JR能登川駅からすぐ入山できる。登山道も明瞭、整備が行き届いている。何より途中途中の景色が良い。エスケープルートも複数ある。フィニッシュ地点から公共交通機関は要検討。近くはない。
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
縦走の後に石段一往復。
d0242696_19541590.jpg
近江八幡から東近江周辺、湖東エリアは特に寺社巡りのスポットが複数ある印象。
寺社と山は必ずセットになっている図式になっている。
まだまだたくさん宝がたくさん眠っている。
調査のしがいがある。
次の調査は太郎坊宮のある箕作山〜繖山〜安土山。


#滋賀トレラン #滋賀トレイルラン

# by peperonci_no | 2019-01-24 13:02 | 山行 | Comments(0)  

希望ヶ丘公園北稜、三上山、南稜周回 再チャレンジ [2018.11.23]

前回時間切れのため途中で中断となっていた希望ヶ丘公園の南稜〜竜王アウトレットの行程を何とか繋げることができた。
やはり、2,3回目のルートということで分岐での確認に時間を取られることが無く、
前回よりも1時間も短縮し時間切れにならずにすんだ。
また前回よりも天気が良く、
前回見られなかった眺望を見られて気分よく走ることができたのもペースアップに繋がったと思われる。
一方で一部ルートに再考の余地がある区間あり。南稜終了し、希望ヶ丘公園に戻りそこから竜王アウトレットへのルートの再考はまた次の機会に。
d0242696_00133919.jpg
今回も登山口へバスでのアクセス。
近江八幡駅07:27発三井アウトレット行きに乗り、8:00から鏡山、鳴谷池コースから入山。
前回歩いているのでサクサクと鏡山へ。
d0242696_00075189.jpg
天気も良く眺望が効く!
前回は雨に打たれて山頂スルーだった。
城山方面へ進む。
もう慣れた。
毎回気になるタムシバ山の標識。
d0242696_00075337.jpg
今日は天気いい。
伐採されている場所からの景色も見つつ進む。

ラスボス感強い城山の登り。
d0242696_00075497.jpg
城山からな眺め、
え⁈ こんなに眺めよかったの⁈
歩いてきた鏡山方面、篠原方面
d0242696_00075689.jpg
希望ヶ丘公園方面、よく見える。
前回は雨、ガスで何も見えず。
素直に嬉しい。足取りも軽くなる。
d0242696_00090323.jpg
前回と同じく辻ダムへ下りて、
希望ヶ丘公園から花緑公園へ、
三上山北縦走路から田中山へ。
d0242696_00141778.jpg
1度峠のロードに出て田中山へ登り返し。
我が家では通称"歯応えのある登り"
田中山への急登を登る。
出雲北山をホームにしていると、
多少の急登にも狼狽えない。

何と、こちらも前回見られなかった眺望が。
d0242696_00091216.jpg
ひらけた展望も有志の方の尽力の賜物と教えられる。
田中山山頂でコーヒーで小休止。
d0242696_00091433.jpg
田中山、旗振山を経て、
一旦下山し、妙光寺山へ登り返す。
こちらも最後に急登。
妙光寺山のピークは前回の調査で確認したとおり展望もないのでパス。
三上山北縦走路に戻り、三上山へ。
前回よりも1時間短縮
d0242696_00091696.jpg
三上山山頂からの眺望も今日は良い。
登りで頑張り過ぎて脚がプルプル。
最近マイブームのファミマのピーナッツバターを挟んだコッペパンで補給。
d0242696_00103117.jpg
テクニカルな裏登山道を下り中段の道から花緑公園へ。
花緑公園でトイレ休憩と水分の補充。
イノシシ出るのね。
d0242696_00103367.jpg
前回サイドタウンへ下りていった道は通らず先へ進める嬉しさ!
ゴロゴロした岩からの眺めも楽しめる。
d0242696_00103570.jpg
シダが生い茂ってるけどしっかりと踏み跡のある砂礫ルート。眺めは良い。
夏は下草が煩くて無理かなぁ。
d0242696_00150665.jpg
希望ヶ丘公園の南ゲート駐車場に一旦出る。
セブンイレブンの安納芋羊羹でひと休み。
d0242696_00103776.jpg
南稜後半、案外しっかりとした道があり楽しめる。
d0242696_00103997.jpg
あっという間に希望ヶ丘公園に出る。
地形図と違い、橋の脇の道に出た。
d0242696_00114533.jpg
ここから青年の城の北側の沢から鏡山新道と言われるルートで鏡山へ登り、
鳴谷池ルートで竜王アウトレットへ抜ける計画だった。
オリエンテーリングで辛うじて使われている感じの頼りない踏み跡を頼りに先へ進むと、
d0242696_00114892.jpg
ボロボロになった鏡山新道の道標が。
新道なのに廃れている予感は的中する。
d0242696_00115013.jpg
踏み跡は薄くなり、シダが生い茂り足下が見えなくなってきた。
時間も遅くなってきたし、脚のコンディションも万全ではないため、引き返すことに。

そこからのルートは国土地理院の地形図には実線で記載されているルートだったため油断していたがそこそこ荒れていた。
モトクロスのタイヤ痕が出てきて気がついた。
いわゆる"モトクロ山"に近づいてきているのかな。
モトクロスの轍なのか水がたくさん溜まっていて歩き辛い。
d0242696_00115284.jpg
景色が開けてハゲた場所があり、
"モトクロ山"っぽい場所を通過。
d0242696_00115495.jpg
衛星写真でも状況を確認。
アウトレットはもうすぐそこ。
d0242696_00130205.jpg
濡れて滑りやすいルートを慎重に下り、
d0242696_00130704.jpg
鳥居が立っていて鬱蒼とした場所からアウトレットに到着。
終盤、鬱蒼としたルートだったため、
完遂の達成感もどこかへ飛んでしまった。
ルートの雰囲気って大事。

今回の走行データは以下。
時間:5時間56分
距離:23.8km
累積標高:1769m D+
女性オススメ指数:3

オススメ指数内訳)
前回の記載を転記。
アウトレット〜鏡山はメジャールートなので 5。
鏡山〜希望ヶ丘公園は歩きやすいが割と鬱蒼としているため 3。
希望ヶ丘公園〜田中山はよく整備されたトレイルのため4。
田中山〜妙光寺山は妙光寺山の入口までの間、入口周辺が少し鬱蒼としているのと、稜線に出てから妙光寺山までが倒木などで少し荒れていることから2。
妙光寺山〜三上山〜植物園はとても明瞭なルート、景色もいい、メジャーなルートなので人もそこそこすれ違うため5。
植物園〜南稜は水道施設から先が若干トレイル狭く鬱蒼としているが中間地点に希望ヶ丘公園南ゲートがあり、ゲート事務所やトイレもあるため2ではなく3。眺望は良いところ数箇所あるけど。人と出会ったら逆にビビる。
希望ヶ丘公園〜モトクロ山〜竜王アウトレットは鬱蒼としているし、踏み跡も薄め、水溜り、渡渉チックな場所が数箇所あるため2。
※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

今回のルート、コースプロファイルは以下。
何とか一周できた!
一度下りて登り返すことが多いのでアップダウンは結構多め。
d0242696_00154365.jpg
冒頭に書いたように、南稜終後、希望ヶ丘公園から竜王アウトレットへのルートの再考が必要。低山徘徊したくなったら行くことにする。
d0242696_00161787.jpg
次は近所の里山、繖山の偵察。


#滋賀トレイル #滋賀トレラン #滋賀トレイルラン #希望ヶ丘トレイル

# by peperonci_no | 2019-01-09 18:55 | 山行 | Comments(0)  

シーズンinです。 --八幡山縦走往復--[2018.11.11]

どこの山をホームマウンテンにするのか調査中。
候補の1つである山、八幡山。
少し前に奥さんが調査に行ったが蜘蛛の巣が酷くて片道でロード走って帰ってきたらしい。

今回は季節が少し進んだため、蜘蛛の巣の状況を確認し、あわよくば往復しようと考えていた。

結論)
11月2週目なら蜘蛛の巣も無くなり、快適に走る事ができる!
(10月はまだまだ蜘蛛の巣を顔に浴びることになる)

登山口は日牟禮八幡宮の敷地のの脇。
d0242696_08082779.jpg
快適なトレイルが続く。
d0242696_08085115.jpg
走られる傾斜。
d0242696_08085986.jpg
ハァハァしているうちにロープウェイ駅に到着。
日の出のタイミングだった。
d0242696_08090271.jpg
早起きするもんだ。
d0242696_08090428.jpg
d0242696_08100165.jpg
朝日に照らされたトレイルが綺麗でキョロキョロ。
d0242696_08100462.jpg
城跡だったということで面白い地形も。
d0242696_08100652.jpg
割と幅が狭いトレイルだが蜘蛛の巣がないため快適。
細かいアップダウンを繰り返し、
出雲北山を思い出した。
でも北山に比べたらぬるいな。
d0242696_08100955.jpg
眺望もバッチリ、西の湖がよく見える。
d0242696_08061585.jpg
植生が変わり針葉樹林に。
気分も変わる。
d0242696_08101210.jpg
d0242696_08111599.jpg
百々神社に下山。
神社の横の壁もない小屋でシュラフを引いて野宿している方がシュラフの隙間から目だけ出してこちらを見ており、目が合ってしまい、ギョっとした。
見た感じては女性だった。どういう経緯で女性1人で野宿しているのか。旅だろうか。
d0242696_08111954.jpg
気を引き締めて折り返し。
復路は1時間切るべくペースアップ。
写真も撮らず走る。
下りも頑張って復路1時間切れた。
往復1時間54分10秒。

下山した日牟禮八幡宮には"たねや"さん、クラブハリエがあり、朝の仕込みなのか、
辺りは甘い香りに包まれて幸せな気分になった。
d0242696_08112322.jpg
朝から2時間弱でサクッとハードに走れて、
近所にしてはいいトレイルだった。

今回の走行データは以下。
時間:1時間54分10秒
距離:8.78km
累積標高:817m D+
女性オススメ指数:5
何より街から近く、眺望もいい。踏み跡明瞭。八幡山までは人が多い。ただし八幡山から先は人に会う頻度はシーズンによるだろう。今回は2人とすれ違った。

※ 女性オススメ指数:移り住んで間もなく、仲間もいなく1人で走らざるを得ない妻でも安心して走られるルートが5点満点。その中には下草、藪の多さ、ルートの明瞭さ、蜘蛛の巣の状況、街、コンビニ、トイレからの近さなど、いろいろな項目を主観で判定。

コースプロファイルは以下。
d0242696_12404316.jpg

近江八幡、東近江市にはこんな感じの里山が平野から複数ポコポコ存在している。

里山シリーズとしては、繖山、箕作山(太郎坊宮)、長命寺山、瓶割山、雪野山など続き、
すべてを数珠つなぎにするのが最終形と思われる。凄いな近江八幡、東近江。

次は希望ヶ丘公園周回のリベンジ。



# by peperonci_no | 2018-12-12 12:40 | 山行 | Comments(0)