出雲北山トレランセッション 旅伏〜弥山〜猪目峠[2012.09.29]

出雲北山の全山縦走ルートを、
山を走るのが好きということだけが共通点の4人が集まり、
楽しく、そして厳しく走ってきた。
(厳しい〜(汗)と思ったのは私だけかもしれないが)

全山縦走といっても今回は、
旅伏〜弥山〜猪目峠。
弥山からみせん広場へは下りず、
猪目峠からアスファルトの峠道を下り、
出雲大社の後ろに出るルート。

弥山の山頂で読書をしながら待つ、K氏を除く3人で旅伏登山口からスタート。
メンバーは来週ハセツネのN氏と、鳥取からsappan氏、そして私。

旅伏〜鼻高山はsappan氏が先頭を行く。
sappan氏の心肺能力、走力は凄い。
初っ端から、ついて行くのがやっと。
いきなり、ふくらはぎ、尻に疲労がたっぷり。

いつもよりやや速く、旅伏山頂に到着。
汗びっしょり。
やや休み、鼻高山へ向かう。

私とN氏が汗びっしょりなのに、
sappan氏は途中寒いと言って、
ウィンドシェルを羽織っていた。
恐るべしsappan氏。

正直、鼻高山に着くくらいまで、身体が重かった〜。
鼻高山〜鈴谷峠は私が先頭を行く。

一緒に走る人がいるので、
どうしてもちゃんと走らなきゃという気持ちになり、
割としっかりとしたペースで走った。

下りは怪我が怖いので、いつも通りな感じ。
この区間は下りが楽しい。
でも相変わらず登りも多い。やっぱりキツい、北山縦走。

せっかく身体がほぐれてきたな〜と言う所で、
結局へとへとになり鈴谷峠に到着。

ふくらはぎを傷めて辛そうなN氏に先頭をバトンタッチ。
N氏、全然走れてるじゃないですか!
ここでもついて行くのに必死。
如何に普段追い込んだ走りをしていないかが露呈。

最後の急登を登り、弥山山頂に到着。
途中どんよりとした雲が漂っていたが、
弥山山頂に着く頃には割と青空。
弥山からの眺めにsappan氏も感激されたようで何より。

旅伏登山口〜弥山山頂は2時間32分で到着。
今までで最短タイムじゃないか?
やはり、1人で走ると休んじゃうよね〜。

山頂でK氏のいれてくれたお茶をいただき、
ひと休み。
d0242696_23241918.jpg


37分くらい休んで猪目方向へ出発。K氏も一緒に。
ここからは下り基調で割と気持ちよく走れる。
急傾斜があり、テンポ良く下る楽しみを味わうことができる。
こういうテクニカルな斜面があると冬のスキーが待ち遠しくなる。

最後まで気持ちよく走れた。(膝が爆発しかかってたけど・・・)
旅伏〜猪目峠でちょうど3時間(弥山の休憩37分を除く)。

[走行データ]
時間:3時間(弥山山頂の休憩37分除く)
距離:13.47km
累積標高:1305m上昇

やっぱりこの距離にアップダウンはきつい(汗)

d0242696_23243731.jpg


d0242696_23243416.jpg



皆と最後まで走れた!という達成感のようなものを
共有できたるのは、やはりソロとは違ういい部分だ。
d0242696_23242337.jpg

トレーニング目的だったら、ソロで山に入るより、
切磋琢磨とまでは言わないが、影響し合える仲間がいると
トレーニングに向き合う姿勢も変わるだろう。

一人で、山と、自分と向き合うことも大切だが、
誰かと走って、自分を俯瞰して見ることも大切だと再認識した山行だった。
d0242696_23243189.jpg


帰りは大社の「きんぐ」で焼きそば特大を食べて大満足。
d0242696_23242788.jpg

次は超特大だな・・・。ゴクリ。
[PR]

by peperonci_no | 2012-09-30 23:36 | 山行 | Comments(2)  

Commented by YAMA at 2012-10-02 05:35 x
ぺぺろんちーのさん、おはようさん♪
お~すごい練習をされていますね。
短パン姿が逞しいです!

一畑電鉄にいちど乗ってみたいです(^^)
筋肉痛が治ったら、私も文殊山を走ってきます!
Commented by peperonci_no at 2012-10-02 22:55
>YAMAさん
本当はもっと頑張らなきゃだめっすー。
ここのルートは距離が短いけどアップダウンだらけで、
鍛えられますが、おもしろさがついてきません。
仲間と走るのもそう言う意味ではいいです。

一畑電鉄は自転車持ち込めるんですよ!
ポタリングとセットで是非!

<< 隠岐ツーリング1日目-知夫里島... 2012年 King of 王... >>