大山冬期登山 --夏山登山道ルート-- [2012.02.26]

仕事が忙しく、久しぶりの週末。
今シーズンの1つの目標、冬期の大山登山に行ってきた。
BCスキーで前回途中まで登っているが、あくまで今回は登山で。

今回は登山。普段登山はソロだが、冬山はさすがにソロは危険。
菊信さんでイベントを企画されていたので飛びついた。

結果は、天候が悪いので撤退。

詳細は以下。


7時に松江の運動公園に集合10名程度のメンバーが集まり、
お客様の一人の方のハイエースに揺られ、あっという間に南光河原駐車場に到着。
天候もいまいちなため、すんなりと駐車することができた。

黙々と準備し、8時30分くらいから登山開始。
(写真の右端の赤いザックが私。)
d0242696_2238936.jpg

d0242696_22381551.jpg

※上の写真は菊信blogから転載させていただきました。

今回はスキーを担いでいないため、足取りは非常に軽い。
でも、冬靴はどうも歩きにくい。
何度も思うが、テレマークスキーのブーツの方が歩きやすい。

だいぶ解けたか?
先々週登ったときとまるで光景が違う。
新雪も数センチ積もっているだけで、少し下にはガリガリの解けた層が。
今日大山近辺滑ったら大変だろうな〜。
確かにBCスキー、スノーボードをする方達はほとんどいなかった。

霧氷が綺麗な樹林帯を黙々と登っていく。
d0242696_22381866.jpg

d0242696_22382086.jpg


今日はペースがそんなに速くないため、
なかなか温まらず、むしろ冷え込むため、
ハードシェルを脱がずにいてちょうど良かった。

3合目あたりで大半の方々がアイゼンをはめていた。
私は5合目でアイゼン装着。
今シーズン2回目なのでスムーズに装着できた。

6合目付近はやはり風が強く、視界も悪い。
前回来たときなかった、避難小屋の入り口があった。
d0242696_22382680.jpg


7合目付近まで着て、強風、視界も悪く、今回は冬山初級のツアーということで、
下山することに。
d0242696_22382630.jpg


この天気で山頂に立っても何もない。

下山するときの注意事項などの解説のあと、皆さん下っていく。
私は最後尾の方からスタスタと追っかけていく。

d0242696_22382913.jpg


横浜から仕事で来られたこの方もガッカリされてました。
d0242696_22383491.jpg

残念ですが、また今度。

3合目付近で滑落停止訓練をし、スイスイ下山。
阿弥陀堂で昼食。
今年の大山の積雪はすごい。
d0242696_22383789.jpg

菊信さんの振る舞っていただいた甘さ控えめのぜんざいが美味しかったです。

今回のウェア、ギア
d0242696_22384032.jpg

・MAKAは具合が悪い。
夏山は便利かもしれないが、冬山はウェストに小物入れがあった方が良い。
ピットジップやポケットやウェストハーネスいじったりするのに邪魔になる。
やはり冬山はガチャガチャつけずにスッキリさせる工夫が必要。
・ストレッチエレメントジャケットは調子よし。
動きやすい。蒸れも割と少ないと思う。首周りもしっかり風を防いでくれた。
ただ、アークテリクスのサイドワインダージャケットに比べると
ピットジップの滑りが悪い。滑りを良くするマーカー塗れば良くなるかな。
丈が短いため、山スキーには向いておらず、極端に使用頻度が少ないのが残念。

・Koven Pantは冬山登山には向いていない。
スパッツが付いているが、スキーブーツ用のサイズのため、雪は簡単に入ってくる。
かといってゲーターを着けるような感じではない。
やはり、冬山用にタイトなシルエットの保温性のちょうど良いパンツが欲しい。
一枚パタゴニアのを持っているが、保温性、防水性が不安。

今回のルートは以下。
(GARMIN Connectのタグが入れられないため画像とリンクで)
d0242696_2341618.jpg



帰りに寄った淀江IC近くの温泉は良かったです。
今度大山来る時は皆生ではなく、ここだ! → 淀江 ゆめ温泉


久々の休日にのんびりできて良かったです。
[PR]

by peperonci_no | 2012-02-27 23:19 | 山行 | Comments(0)  

<< 奥大山BC [2012.03.03] 大山BC [2012.02.11] >>