大山ホワイトリゾート(シーズン1回目)[2011.12.23]

やっと迎えた3連休。
ゲレンデオープンということで、リフト券無料だった。
山陰のスキー場はどこがいいのかよく分からないので、
無料だし、当たりはずれ関係ないということで、ホワイトリゾートで滑ってきた。

○テレマークスキー
場所:大山ホワイトリゾート&大山国際
時間:9:30〜14:30
天候:曇りときどき雪、新雪あり



夏山で何度も通った大山博労座の駐車場。
今回は屋内駐車場ゲット!無料!
何て素晴らしい。

駐車場からやや歩くとゲレンデへの連絡リフトがあって、
そこを上がるとゲレンデの入り口。
一体どこで滑ったら良いのかさっぱり分からない。
昨年まで滑っていたSKIJAM勝山が斜面がでかくて分かりやす過ぎたんだ。

とりあえず中の原エリアへ向かう。
ゲレンデオープンの神事が行われていた。

シーズン始めのテレマークはいつも緊張する。
ドキドキしながら、基本動作を入念に確認してから滑り出す。
やはり始めは体重移動、切り換えのタイミングが覚束ない。
なぜ忘れてしまうんだろう。

2本目あたりから勘を取り戻した。
テレマークターンやっぱり難しい。
でも楽しいー。
力み過ぎて2本目で早くも太腿パンパン一歩手前。

d0242696_11294233.jpg



初日で無料ということもあり、リフト待ちが50m以上続くため、
せっかくだから別のエリアも行って見る。

中の原エリアから遠ざかる程空いていた気がする。
各エリアを3〜5本滑り、昼ご飯を食べ、
午後の部、適当に何本か滑ると、いよいよ天気も荒れてきたし、
混雑してきたし、最後に朝一に滑って良かった、モフモフゾーンを堪能して退散。

初滑りの確認にはちょうどイイくらいでした。


今回は新規導入のヘルメットを着用。
Patagonia R1 Balaclavaの上からRECEPTOR BUG ADJUSTABLEを着用。
頭にぴったりフィットする上に、
最後の仕上げにアジャスターで閉めることができ、
ずれない。とても安心。

Arctery'x Sidewinder SV Jacketのフードはもちろんヘルメット対応。
d0242696_11434766.jpg




また、新規導入のBCザック、OspreyのKode22。
ピタッとフィットして、もちろん滑走の邪魔にはならない。
やはりBCは特にウェストハーネスにポケットがあると助かる。

試しにハイクアップするときの板の取り付けを予行練習してみた。

今回はゲレンデだったのでザックの中身はほぼ空っぽ。
ダイアゴナル(斜めがけ)は背面に取り付けるため、
ザックがぶかぶかだと、まるで安定しない。
そもそもザックがスカスカの状態で山へ入ることもないだろうから問題ないだろう。

バーチカル(Aの字)は荷物が少なくても何とかなる。安定する。
Aの字の頂点が下過ぎると、後頭部にもろにコツンコツンと板が当たるので注意が必要。
今回はヘルメットに何度も助けられた(汗)

いずれにしてもスキーの取り付けも何回かやっておいた方が良さそう。
Arctery'x Silo40のダイアゴナルは楽だった。
写真は一昨年のGWの立山。
Silo40使用。
d0242696_11384091.jpg



ザックごとに取り付け方法や、フィッティングのコツは違うようだから注意がいる。


何となく山陰の冬の気候が分かってきた気がする今日この頃です。
どんより曇り空に、あられがたくさん降る。
d0242696_1129515.jpg

[PR]

by peperonci_no | 2011-12-24 11:42 | スキー | Comments(0)  

<< トレーニング[2011.12.24] トレーニング[2011.12.21] >>