後立山縦走 -3日目-(過去日記より)

ーーーー以下、2010年9月3〜5日のできごとです。ーーーー

<2010.09.05 --3日目-->

初日の様子
2日目の様子

広々した八峰キレット小屋の布団で爆睡。
あまりに気持ちよくて、自分の家だと勘違いし、
「やべ!月曜だ、仕事だ!」と目が覚めて朝からちょっと凹む。

3日目も7時間の意外と長い行程。

八峰キレット小屋〜八峰キレット〜鹿島槍ヶ岳北峰〜南峰
      〜冷池山荘〜爺が岳〜種池山荘〜柏原新道〜扇沢


下山とはいえ、長い。

朝食後、準備を済ませ、最後の危険箇所の八峰キレットへ。
八峰キレット核心部の手前もかなり危険です。
それも3日目とあり、危険と思わなくなっている。

d0242696_23231559.jpg

d0242696_23245768.jpg


八峰キレット・・・あれ?おわり?あっさり。
その後の気を抜いた所が危ないので気を張る。
ってか、気を抜くとか以前に普通に危ねーぞこりゃ。

d0242696_23232184.jpg



連続する急な岩場の登り。鎖は比較的少ない。
下から見えていたとおり、鹿島槍ヶ岳までの尾根はかなりの難所。
急だし、崩れやすいし。結構切れ落ちているし。
そんな場所にもスリルを味わえる余裕も出てきた(慣れた)。

d0242696_23232394.jpg

d0242696_23232533.jpg


1時間ほどで鹿島槍ヶ岳北峰に到着。
振り返ると、今まで歩いてきた縦走路が見える。
いや、霞んで見えないくらい遠い。感動。

d0242696_23234690.jpg


d0242696_23233155.jpg

d0242696_23233319.jpg


d0242696_23232769.jpg

d0242696_23232958.jpg



北峰から南峰の吊り尾根、ここまでくると扇沢からのハイカーも増え、
雰囲気はだいぶ緩い。

d0242696_23233580.jpg



南峰山頂は賑わっていた。
記念撮影。剱岳を、北峰を、五竜を、バックに。
初日の夜からずーっと一緒に(?)歩いてきたジョニさんと肩を組み。

d0242696_23234435.jpg




ここからはまったり下山。
あとは細かいアップダウンと最後の下りだけ。
景色もいいし、気分は楽。

d0242696_23233891.jpg


d0242696_23234042.jpg

d0242696_23234177.jpg


年配のグループもたくさんいる。爺が岳山頂で地元のおばさまと仲良く談笑。
腹も減ったし、種池山荘へ向かう。

ラーメンを昼飯にすする。美味い。
帰りのバスの時間を考えるとコースタイムの半分で下らなければ行けない。
急ごう。

ジョニさんは得意のヒッチハイクで駅まで来るそうなので、
Nと私は汗を垂らしながら柏原新道を駆け下りる。
このトレイル気持ちイイが、ちと長い。

終盤、少し膝が痛くなったが、何とか1時間半(?)で道路にでた。
Nもそう差無く到着。
幸い、乗り合いのタクシーがいたため、バス停まで歩かず済んだ。
下界の暑さにウンザリしつつ、信濃大町駅に到着。

早速、リポD、アイス注入。うめー。
白馬行きの電車が来たため乗り込むと、何とそこでサプライズ。
NZ人のジョニさんが本当にヒッチハイクして来て、電車に間に合った。
最後まで一緒でとても嬉しかった。

旅は道連れ。異文化交流。実はそんな要素もありつつ、な縦走でした。

八方の温泉に浸かり、H+白馬に寄り道し、渋滞も無く、無事帰宅したのでした。


写真6,12枚目はN氏に提供していただきました。
[PR]

by peperonci_no | 2011-09-07 23:38 | 山行 | Comments(2)  

Commented by みっちゃん at 2011-09-11 21:55 x
晴れ男なんですね(^^)
後立山はやっぱり最高ですね
周囲の景色もステキだし何か華やか
そのままどこまでも縦走していたい気分になっちゃいますね
この区間では八峰キレットだけが未踏です
参考にさせていただきますね(*^_^*)
Commented by ぺぺろんちーの at 2011-09-11 22:19 x
>みっちゃん
晴れ男だなんて。
酷い天気のときもありますよ!(^_^;)
天気の良い時は写真が多い→記事にする。
天気の悪い日は写真が少ない→記事にしない。
・・・みたいな部分もありますしね。

八峰キレットの写真もう少しとりたかったのですが、
これ写真にしても伝わらないだろうな・・・と諦めてしまいました。

想像はつくと思いますが、
キレット小屋の主人にも言われましたが、
キレットの後で気を抜いた所は危険なようですので、
もし行かれるようなら気を張って下さいねー。

<< 2011年 King of 王... 後立山縦走 -2日目-(過去日... >>