雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳(3日目)

<2011.08.14 --3日目-->

初日の様子はこちら
2日目の様子はこちら

いよいよ最終日です。

黒部五郎小舎〜黒部五郎岳〜赤木岳
 〜北の股岳〜太郎平小屋〜折立
 CT6.8 h(×0.7換算)

朝、他のテントの物音で目が覚めた。
彼らの出立は早い。
4時前くらいには出発した?

私はほどほどノンビリ。
4:00 起床。  (だったような気がする。)

天気は快晴。
小舎、テント場の周りは靄が薄く広がり、
北側、南側に見える景色が朝焼けに染まっていて美しい。

d0242696_1191315.jpg

d0242696_1192546.jpg


今日の天気は期待できそう。

でも、予報だと昼過ぎから下り坂?
できれば昼頃までには下山したい。

朝飯はプチロールケーキと白湯です。
テキパキとテント撤収。

Aさんより先にテント場を出発。
小舎でトイレに寄り、
水を補給。

さて、出発、と思っていたら、Aさんが先に小舎前を通過。
Aさん、早っ!

Aさんを追いかける形で、一日の山行が始まった。

6:00 黒部五郎小舎 出発。

d0242696_1201187.jpg


小舎からは黒部五郎岳山頂に向かって、
黒部五郎のカール内をなだらかに登っていく。

d0242696_1204175.jpg


朝一の動きだしにはちょうどいい。

次第に露になって行く黒部五郎のカールと青空のコントラストに感激しつつ歩を進める。
シャッターを押す回数も3日間の中で一番多かったかも。

d0242696_121118.jpg

d0242696_121205.jpg

d0242696_1215299.jpg

d0242696_1221516.jpg


カール内をしばらく歩くと、黒部五郎の尾根にぶち当たる。
尾根を半ば直登し、尾根の上に出る。
ここの直登は少しだけキツいかもしれない。
でもすぐ終わる。

尾根の上に出ると、絶景に思わず声をあげた。

これから進む北の股岳方向のトレイルや、
水晶岳、鷲羽岳方面、薬師岳、
遠くは槍・穂高連峰もくっきり。

d0242696_1233264.jpg

d0242696_122586.jpg


山頂からの景色に期待を膨らませ歩を進める。

肩の分岐にザックをデポして、空身で山頂へ向かう。

軽っ!
ひさしぶりの身体の軽さに思わず。

山頂への道は青空へ続いているようだった。
d0242696_1235296.jpg


d0242696_1241361.jpg


山頂からは、360°全部見えた。
遠くは白山、御嶽山、乗鞍岳、白馬岳、燕岳も見えた。
d0242696_125660.jpg

d0242696_1245131.jpg


剱岳も頭をちょこんと。
d0242696_1252986.jpg


今まで歩いた山々、稜線が小さく見える。
と言うことは、そこを歩いているときも、黒部五郎岳見えていたんだなぁ。

山を歩いているとき、そこから見える稜線を歩いてそこからの景色を見てみたい。
そんな願望・・・考えてみると北アルプスについては結構叶えられてきているかも。
ふと我に返って、思い直したのでした。

下を見るとカールの地形が美しい。
自然は偉大だ。

d0242696_1255469.jpg


3日目にして初めて、自分を入れて記念撮影。

d0242696_1375996.jpg


山座同程を楽しみ、満喫し、黒部五郎岳をあとにした。
Aさんは山スキ−の滑降ルート等を検討していました。

ここからはAさんと歩調を合わさせていただきました。
ペースが合えば、たまには人と歩くのも悪く無い。

むしろAさん、速い。
タフです。
ノンストップで登りも下りもいいペースで歩く。
今まで山で追い抜かれたことは、トレイルランナー以外いないのだが、
多分Aさんは相当の健脚だ。沢屋は皆そうなのでしょうか?

黒部五郎岳からの下りは結構キツい斜度、高度差があり、
登りで使いたく無いな、と思えるものでした。

d0242696_1264158.jpg


黒部五郎岳の下まで来てしまえば、
あとはなだらかなアップダウンの繰り返しの後、太郎平小屋、となる。

途中、今朝、太郎平小屋や薬師峠を出発したパーティーとすれ違う。
黒部五郎小舎まで行くのかな。

d0242696_10441818.jpg


途中、赤木岳の下の方に数人のパーティーが見えた。
Aさんと「あーあれが赤木沢だね〜」なんて話ながら歩きます。

日射しが強く、日焼け止めを塗り足す。
たまに吹いてくる涼しい風が最高。
そうこうしているうちに北の股岳に到着。
ガスが上がってきた。

d0242696_1271835.jpg


さぁもう一踏ん張り。
歩きやすいような歩き難いような木道が続いてくると、太郎平小屋に近づいた証拠。
d0242696_1292539.jpg


横を見ると、水晶岳、鷲羽岳が見える。夏の空。

d0242696_10433842.jpg


ようやく帰ってきました、太郎平小屋。
d0242696_1295251.jpg


ワンウェイのルートもいいけど、ぐるっと回って戻ってくるのも、
なかなかいいな、と思った。

CCレモンをぐびぐび。

たくさんの入山者で賑わっていた。
山小屋に入りきれるんだろうか。
次から次へと登ってくる。

Aさんとそそくさと折立へ下山。
70Lのでかザックでトレランと同じくらいのピッチでテンポ良く下りる。

d0242696_1302569.jpg


Aさん、マジで軽快。
ついて行くのがやっとでした。

振り返ると薬師岳の大きな山塊。
初日入山したときこんなふうには見えなかった。

d0242696_1305170.jpg


折立まではかなり長く感じた。
入山したときの登りの記憶は薄れて、
都合の良い部分の記憶だけが残ったようだ。

樹林帯からは急勾配の降下。
重たいザックでこれだけ飛ばすとさすがに膝にくるー。

疲労と飽きで集中力が切れたか、
折立到着の直前で捻挫。あちゃー。

13:00頃 折立 到着。

Aさん、短い時間でしたが、いろいろお話できて楽しかったです。
ありがとうございました。

沢屋の実力を垣間見て、私もまだまだだな、と思い知らされました。

d0242696_1315298.jpg


折立をあとにして、いつもの温泉へ行き、
サウナと水風呂でリフレッシュ!

そしてここからがある意味勝負でした。
島根に到着するまで、交通集中による渋滞、仮眠、爆睡を含め、16時間かかりました。
いやはや、やはり島根は遠い。


でも北アルプス遠征はやめられない。
[PR]

by peperonci_no | 2011-08-21 01:53 | 山行 | Comments(8)  

Commented by まーはー at 2011-08-21 09:24 x
でかザックでもやはり走っているんですね!(笑)今年は雲の平か後立山かと悩んだ次第です。来年以降の参考にさせていただきます〜!捻挫は大丈夫ですか?
Commented by peperonci_no at 2011-08-21 10:12
>まーはーくん
コメントありがとう!

走った方が楽だよ(笑)
このルートで帰っちゃうのはちょっともったいないかな、
途中高天が原温泉を入れると、はま君にはちょうどイイかも。

捻挫は違和感が残っている程度で、思った程重傷ではなかったよー。
Commented by makani_tomo at 2011-08-21 11:00
いやぁ、お天気がいいと、こうまでも素晴らしいか!
いい山旅でしたね。
僕も来年は、いいお天気のもとで山旅したいものです。
Commented by peperonci_no at 2011-08-21 11:10
>makani_tomoさん
山旅は本当にお天気次第ですね。
ガスってしまったらゼロ。
今回は本当に恵まれたと思います。
恵まれ過ぎてギア削ってしまうのも怖いですけど。

来年・・・TJAR、
天気良かったら身体的にも精神的にもいいでしょうね。
Commented by わか at 2011-08-21 18:16 x
ぺぺさん、御無沙汰です。元気そうで何よりです。
やっぱ、北アでしたか。我々は、常念~燕の2泊3日でした。ホントは、雲の平の予定だったんですが、まったりしようという事で、のんびり縦走でしたよ。今度、またお会いできるといいですね。
Commented by peperonci_no at 2011-08-21 22:04
>わかさん
ご無沙汰です・・・コメントありがとうございます!
何とか元気でやっております。

常念岳〜燕岳の表銀座は何回行ってもいいですよね〜。
表銀座で、私も昨年はランでいい思いさせていただきました。
今回の山行中、燕山荘からすぐ近くの蛙岩も見えてましたよ!
さすがに人の姿は見えませんでしたが(^^;)

北アを歩いていればどこかでばったり!なんてこともありますからね。
(実際今回福井の会社の山仲間とばったり!)

blogでいついつにここらへんに出没!みたいな情報も流していきたいと思っているので要checkです。
Commented by みっちゃん at 2011-08-21 22:17 x
雲の平懐かしいです
鷲羽周辺へは何度か行っているんですけど一度も晴れたことはないんですよね
特に三俣山荘ではいつも土砂降り(相性悪い・汗)
ここで3日間お天気だというのは凄いことだと思います、羨ましい。。
黒部五郎小舎の水、最高に美味しいんですよね、また行きたいなぁ~

以前これとは逆のぐるりっぷで薬師岳を入れて4泊5日でした
3日で走破するのは凄いと思います!
いつかダイヤモンドコースを歩きたいです☆
Commented by peperonci_no at 2011-08-21 23:37
>みっちゃん
コメントありがとうございます。

私も去年は降られてますし(-o-;)
薬師沢で偶然遭った知り合いは前日の6日間中4日間どんよりだっと言っていました。
今回は運が良かったかなと。

今回は3日で走破しましたが、
やはり初日のルートがキツく、
テント担ぐ際は、今度は4日くらいかけてノンビリしたいものです。
後半2日間はホントにノンビリできたもんな〜。

ダイヤモンドコース・・・高天が原温泉経由ですね!
私も行ってみたいですー。

<< 後立山縦走 -初日-(過去日記より) 雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒... >>