雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳(2日目)

<2011.08.13 --2日目-->

初日の様子はこちら

雲の平キャンプ場〜祖父岳〜岩苔乗越〜鷲羽岳
 〜三俣山荘〜三俣蓮華岳〜黒部五郎小舎
 CT 4.7h(×0.7換算)

初日、西鎌尾根を歩くつもりで入山したものの、
初日の疲れ方が酷かったため、西鎌尾根プランは無いな・・・
と心のどこかで決めて床に就いた。

でも、西鎌尾根を歩くことを完全にはあきらめ切れていないことも事実だった。

そして、2日目どうなったか。


3:00頃、ラジオのアラームで目が覚めるものの、
気付かぬうちに、寝入ってしまったらしい。

起きたら5時頃。
5:00頃に出発すれば、余裕をもって槍ヶ岳まで到着できる、
という日程だったため、必然的に西鎌尾根歩きは流れた形となった。

結果的に、雲の平〜三俣蓮華〜黒部五郎小舎 となった。

初日で相当消耗していたため、
正直なところ、ホッとする気持ち7割、残念さ3割と言った所でしょうか。

5:00頃、テントの外を伺うと、早くも出発するパーティーが。
あたりまえか。

朝はバタバタするので、簡単に食事。
オニオンスープとチョコチップが入ったスティックパン。
お腹が空いているわけではなかったので流し込んだ。

外を見ると予報どおり、午前中は晴天が続きそうな空。

隣人(以降Aさん)が先に出発して行った。
Aさんはほぼ同じルートを辿るが、ワリモ分岐から水晶岳往復をするらしい。

私もちゃっちゃと撤収し、

7:10 雲の平キャンプ場 出発。

d0242696_23211624.jpg


しばらくは雲の平の中の木道を歩く。
初日ではあまり感じなかったが、雲の平の地形はやはりなかなか面白い。

d0242696_23235631.jpg


ギアナ高地といったら大げさだけど、平らな台地がストンと落ちている。
d0242696_23205892.jpg



水晶岳方面、
ガスが稜線をちょうど覆う形だったが、

d0242696_23213356.jpg


歩き始めて数分すると、綺麗にガスが取れてきて、
岩苔小谷には幻想的な景色が広がった。

d0242696_23215941.jpg

d0242696_23231073.jpg



谷の下の方に米粒大のハイカーが歩いている。
高天原温泉から来る方たちだろう。

私は祖父岳までまずは登る。
朝一の運動にはちょうどいい。
初日の疲れはほぼ無いようだ。

d0242696_23221714.jpg


祖父岳からの景色には特別な思いがあったかもしれない。

祖父岳からは、
遠くは三俣蓮華岳、双六岳へ続く山々、やがては槍ヶ岳へ続く西鎌尾根、
近くは、水晶岳、ワリモ分岐、岩苔乗越、黒部源流への沢沿いのルート、
鷲羽岳、三俣山荘がはっきりと見えた。

d0242696_23224233.jpg


昨年、天候不順により、景色も何もなく横殴りの雨が降る状況の中、
迷走するようにワリモ分岐、岩苔乗越、そして黒部源流への沢沿いのルートへ入って行った。
沢の増水に遭い、さすがに冷汗が出た。

三俣山荘にお世話になり当初の予定を繰り上げ、新穂高温泉に下山した。
小池新道に出るまでガスに覆われ、それまでの景色は何も見れていない。

昨年、自分が迷走するように歩いたルートや、
よく分からんが通過していたピーク、スルーしたピークなどが見渡せて、
よし、これで昨年のリベンジは達成されたな、と
心の中でガッツポーズした。

昨年行くはずだった鷲羽岳へと向かう。
途中、裏銀座方面を見ると、
昨年歩いた稜線が見え、感慨深い。

d0242696_23243263.jpg


当時はガスで全く何が何だか分からなかったが、
あーあれが野口五郎岳かー、あそこで脚の痙攣が来たっけなーと、
苦い思い出を振り返ったりした。

やはり、もう一度、高瀬ダム〜烏帽子〜裏銀座〜笠が岳〜新穂高温泉はやるべきかな、
と思った。
数年後に取っておこう。

d0242696_2325033.jpg

d0242696_23251554.jpg


鷲羽岳はどこから集まったのか、多くの人で賑わっていた。
ガスも上がってきていたのでそそくさと下りる。

鷲羽岳から三俣山荘の下りは、
山と高原地図にも書いてあるが、急である。

途中、鷲羽池も見えた。

d0242696_2328516.jpg


こんなところ登りたくないな〜と思っていると、
三俣山荘からたくさんの方達が登って来られる。

d0242696_2328209.jpg


10:25 三俣山荘 到着。

さすがに鷲羽岳からの激下りで少し疲れたので、小休止。
靴も靴下も脱ぎ、サンダルに履き替えた。
足裏をマッサージ。

朝飯が足りなかったようで、お腹が鳴り出したので、
チョコチップ入りスティックパンをさらに放り込む。

雲の平キャンプ場のトイレはキレイなものでは無かったので、
我慢していたので、三俣山荘のトイレを借りることに。

やはりここの小屋のトイレは綺麗!!
一度行ったことある小屋だと、トイレの計画も立てられる。
綺麗にこしたことはない。

ホントは喫茶店でコーヒーとかいただきたい所だけど、
テント泊だと何となく、実行に移せない。
テント泊はテント泊としてひもじく・・・みたいな。

小休止を終え、出発。
黒部五郎小舎へは、三俣蓮華岳まで上がるルートと、
三俣蓮華岳ピークを巻くルートがあるが、
昨年ガスに覆われ、周りが見えなかった山頂からの景色を見たかったので、
少々大変だが、三俣蓮華岳まで登ることに。

昨年はガスで何も見えなかったが、
三俣山荘から三俣蓮華岳って結構登る。
びっくりした。見えないとは恐ろしい。

d0242696_23255919.jpg


結果的には三俣蓮華岳に着いた頃には、
ガスが上がってきてしまいましたが、ちょっと満足。

三俣蓮華岳は富山/岐阜/長野の県境。
ここからルートも分かれる。

結構の人たちが双六岳方面へ向かっていた。
新穂高温泉へ下りるのだろう。いいなぁ。

私は黒部五郎岳方面へ。

少し下るとガスも消え、黒部五郎へつづく尾根道が見える。
気持ち良さそう。見る限りなだらかな下り。

d0242696_23285072.jpg


ここからは快適な尾根歩きがつづいた。
小舎への最後の下りは、少々きつかったが、無事に黒部五郎小舎に到着。

13:00 黒部五郎小舎に到着。
黒部五郎岳下部の平らな土地にある。

d0242696_23291042.jpg


なんと!生ビールが提供されているではないですか!
テント設営の前に生ひとつ!

生ビール900円。 (太郎平小屋の1000円より安い!)

ぐびぐびっと一気飲みでした・・・うまかった。

黒部五郎岳から流れてくる沢から引いているため、
水も豊富。小屋の外に冷やされた缶ビールとリンゴ。

テント設営の前に缶ビールを仕入れておきました。

テント場は広々としていて、砂地なのでペグも打ちやすかった。

遅い昼飯は、瞬間美食「チキンカレー」。
スパムも付けておきます。なぜかみそ汁も。

まったりしていると、水晶岳を経由したAさんが到着。
またもやテント隣です。

ちょうどいい大きな石があったので、Aさんとちょっとした宴会です。

Aさんは、とちぎの方で、沢と山スキーをやられる方です。
今回の山行も山スキーのアプローチや滑走ルートの下見が目的だそうです。

沢関係の話もとても興味深いものばかりで、沢をやる方は凄い!
始めるには知り合いがいないと大変そうだ。

昨晩口をつけた程度のワインもほぼ無くなりかけるまで飲みました。

夕飯は山雑誌に紹介されていた、
棒ラーメンを湯きりしてパスタソースをあえただけのパスタ。
これはうまかった。

でも、足りなかったので、結局、どん兵衛 投入。


コースとしてもそこまできつく無く、到着も早い時間だったため、
のんびりすることができ、非常に良かった。
テント泊縦走は、やはり、これくらい余裕のある日程を組みたい。
そう思いました。

夕方、通り雨がある程度で、天候にも恵まれ、
昨年行けなかったルートも行けたし、西鎌尾根も見られたし大満足な一日でした。

20:30頃、就寝。


3日目へつづく。
[PR]

by peperonci_no | 2011-08-17 23:35 | 山行 | Comments(0)  

<< 雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒... 雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒... >>