部子山、時間切れ(過去日記より)

まだまだ過去の日記からの投稿はつづく。
まだ福井に住んでいたときの話...

ーーーー以下、2009年12月13日のできごとです。ーーーー
天気もぼちぼちということで、池田町へポタリング。
始めは折立峠らへんの林道をぶらぶらしようかと思っていたけど、
部子山山頂に積雪がなさそうなので、何か火がついてしまって、
目的地変更!

部子山は山頂ちかくに牧場があって、そこまで「一応」車で行ける。
「一応」というのも、途中未舗装路がいくつかありしかも、道幅も狭い。
よくこんなところまで道路を引いたもんだ。と感心しました。
そんな悪路ならなおさらマウンテンバイクが打ってつけ。

【今日の走行データ】
コース:武生〜清水谷トンネル〜池田〜部子山 (往復)
距離:77.6km
時間:5時間46分
速度:Ave 17.2km/h、Max 55.9km/h
心拍数:Ave 155、Max 201
消費カロリー:3622kcal

マウンテンバイクにしては、よう走った。さすがにクタクタになった。

【ウェア】
インナー1:フラッドラッシュメッシュスキン
インナー2:キャプリーン2 zipneck
ミドル1:Celeris Vest
ミドル2:R1プルオーバー
アウター:フーディニ
グローブ:Run Don't Walk グローブ 下りから導入
シューズ:ハードロックMID
(感想)
・フラッドラッシュは底冷えなく快適だった。
・最高気温10℃の冷たい風にはベストは非常に助かった。
・アームウォーマーがあってもいいくらい寒かった。
・下りはR1でぽかぽか、フーディニで防風、あり合わせだが快適な組み合わせだった。
・グローブは快適そのものだった。10℃以下の風にもびくともしないし、レザーが貼ってあるのでグリップも良かった。
・シューズは手入れが行き届いていないため、蒸れ蒸れで冷えた。
 ビンディングシューズにシューズカバーがいいか。


【走行の内容、感想】
行き先を検討したりで何だかんだで11時くらいに出発。
とりあえず今立から清水谷トンネルで池田町へ。
久々のポタリングだが、膝にも問題なく、快適。
池田に着いて、案内地図を見ていると、目的の折立峠より「部子山」が気になってしまう。
池田から14キロという記述。1時間半くらいかな〜。下りなら30分で池田まで帰って来れる。
時計と相談し、15時までがリミットと考え、行けるところまで行くことに。

林道はほとんどアスファルトでとても走りやすい。
でも、14キロほぼすべてがヒルクライム。
しかも序盤はかなりの斜度。序盤から脚がパンパンに。
d0242696_035159.jpg


途中、オフロードバイクがビューンと追い抜いて行った。うらやまし〜。
山頂付近は霧氷で白く色づいている。だんだん寒くなるし、雲行きも怪しくなってきた。
残りの距離が4キロを切り、牧場の風景もチラホラしてきた頃、15時になりました。
日が暮れては危険なので、撤退することとしました。ん〜残念。
今年はこれで最後でしょうから来年の夏、リベンジです。
d0242696_024997.jpg


今回は残り4キロを切ったところまでしか来られなかったが、
実は結構満足している。
今回Uターンした場所の標高が1000mを越えていた。
ということは、標高差1000m以上をヒルクライムしたということ。
しかもマウンテンバイクで。

ここはマウンテンバイクのヒルクライムには、なかなかいい練習コースかもしれない。
アップダウンの激しいコースも探さなきゃ。
やっぱり練習しなきゃ王滝のタイムは上がらない。

下りは最高に気持ちよかった。あっという間。
登りで1時間50分くらいかかっていたのに、下りでは20分ちょい。
何ともあっけない。

今週には福井にも雪が降る。
林道を遊べるのも今回が今年最後かな・・・。
[PR]

by peperonci_no | 2011-07-12 00:04 | MTB | Comments(0)  

<< SDA in 王滝100k(過... 3days BC in 立山(... >>