SDA in 王滝100k(過去日記より)

まだまだ過去の日記からの投稿はつづく。
まだ福井に住んでいたときの話...

ーーーー以下、2010年5月30日のできごとです。ーーーー

今朝は空腹で目が覚めた。
昨日、相当消耗したので、早くも身体が補給を欲している。

まずは結果から。
手元のサイクルメータのデータは以下。
時間 : 7時間24分  やったー!念願の7時間半切り、目標達成!!
心拍数(MAX/AVE) : 201/164
消費カロリー : 5564 kcal
距離 : 92.9km (林道終点まで)
スピード(MAX/AVE) : 56.7/13.0 km/h

スタート〜CP1(33.5km地点) : 2時間47分 (心拍数maxはここで記録)
CP1〜2(63.5km地点) : 2時間17分
CP2〜3(74.4km地点) : 1時間1分
CP3〜ゴール(92.9km地点) : 1時間18分

さて、
早くも5回目?の出場を数える、王滝100k。
5月の出場は2回目で、昨年の低温&土砂降りには参ったが今回は天気が良かった!

王滝ももう慣れたもんで、いろんなコンディションを経験し、特に何も考えず出場できる。
装備も完成型になったか?
いつもトレイルランに行くような気持ちと少しプラスした装備で土曜のんびり出発。
14時くらいに王滝村へ入り、受付を済ませた。
ブースで、カーボショッツを仕入れる。
d0242696_0142210.jpg


前日からの天気もよく、崩落等も無いようで、コース変更なしのようなので、
そそくさと会場をあとにした。

宿で、早速ビールを飲みながら、ゼッケンの取り付けやら、ディレイラーの最終調整をした。何かもう、やることない。

2本目を我慢し、夕食を茶碗3杯平らげ、明日の補給食の準備等を済ませ、お待ちかねのお風呂。大した宿ではないが、お風呂、最高〜♪
そして風呂上がりのビール。飲んでばっかだな。

22時くらいには就寝。
そして3時過ぎに起床。
4時から朝食、お腹が膨れると走り難そうなのでおかわり無しにしておきました。
早めに会場入りし、スタートゲートからつづく長い車列に仲間入り。
今回は今までになく前の方に陣取った。
スタート位置は渋滞によるタイムロスを考えると、結構タイムに関係すると思ったからだ。
d0242696_0162786.jpg


早めについたから、いつもスタートぎりぎりまでヒヤヒヤするトイレの行列もまだ少ないうちだった。気持ち的に非常に落ち着いてスタートを待つことができた。

スタート40分前くらいにパワーバーを食べる。相変わらずの味。
どうもこれをレース中に食べる気にはなれない。
見上げると残雪の御嶽山がクッキリと見えるではないか!
5月にしては珍しい!これは期待できる反面・・・暑くなりそうだ。
d0242696_0154546.jpg



朝6時にスタート。
CP1までの道のりは遠かった。
エンジンがかかるのに時間がかかったようだ。
マイペースを貫き、心拍数も170前後だった。が。
標高890mから1400mまでずーっとヒルクライム。
王滝の醍醐味がここにある、って感じ。
途中、早くもパンクが何人かいた。
今回はチューブレスだし、大丈夫なはずだ!と、気持ち的には少し楽だったが、パンク修理している人を見ると怖くなる。
CP1までは車列の間隔もまだまだ狭く、追い抜くバイクが多いため、スパートを何回かしかけて、疲れる。心拍数も200に到達!
結構ヘロヘロになりつつ、CP1に到着するころには脚も温まって、CP1では休憩なしで通過することとした。いつもは筋肉に疲労がたまり、ストレッチなどをし、一息入れてのスタートだった。

CP1〜2前半は快調そのものだった。
景色が絶景!御嶽山、湖を見ながらのダウンヒル。
脚も問題なく、何人もパスした。
特に、湖畔の平坦な道を走るとき、脚がよく回った。
ロードバイクで心肺機能、ペダリングの質が上がったのだと思った。
気持ちイイくらいのスピードでダブルトラックを走る。

ただ後半は地味な登りに嫌気がさした。
切り立った崖の急な登りはまだ周りの景色を楽しめ、どこまで登れば良いか見当を付けることができるが、
標高が下がり、森の中の登りは終わりが無い地獄といった感じ。
さほど辛くは無いが、精神的に参る。

CP2では脚の張りが気になったので、ストレッチを行い、
中間地点を過ぎたということで、ちょうど空寸前になったボトルに水を補給。
4分後スタート。
かなりイイ感じのダウンヒルが続き、気持ちイイ〜と感じつつ、途中で気づかされる。
下るということは、登るんですよ!
ここからが、今回の山場だったような気がする。
昨年、相当辛い思いをした部分だ。昨年はテクニカルな登りをカバーするほどの体力、集中力がなく、あえなく押し歩き。
今年は負けない!と心に決め、挑んだ。

ここの部分はレース中もっとも整備の行き届いていない、かつ景色のまったく良く無い、ただただ過酷なジャングルの中の登り。
こぶし大の石がゴロゴロし、水はけも悪く、砂地ではなくベースは泥で、
スリッピーで走り難いこと、この上ない。
押し歩きしている人多数。昨年の自分を見ているようで、闘志に火がついた。

負けねー。

ヒーヒー言いながら、テクニカルな登りを進んで行く。
路面の状態が落ち着いた所まで来た時、乗り越えたという達成感が湧いてきた。
余韻に浸る間もなく、CP3まで、やはり荒れまくっているダウンヒル。
こんなジャングルの中でパンクはご免だ。前の走者にペースを合わせ、スピードをセーブする。

CP3をノンストップでスルーし、さぁ行くぞ!と、走っていると、
9月のレースで見慣れた景色になる。
あぁここからは結構ながく急な登りだ、9月のときは逆周りのため、気持ちのいいダウンヒルなのに・・・。
補給はこまめに取っているため、脚は動くが、身体全体が疲れてきている。
テクニカルな登りは、前輪と後輪に神経を集中させ、障害物を越えて行くのだが、いつもならできるバランス修正ができない。
後輪がスリップしバランスを崩してもハンドル操作、体重移動で補正できない。脚をつくしかない。こんなことを何回かやってしまった。

相当バテているという実感はあった。
途中、のぼりで急にスリップし、手をつく前に膝から地面に落ちた。
落ちたときに膝を岩にぶつけてしまった。
しばらく痛くてうごけない。折れてはなさそうなので、何とか登りを再開する。痛くて立ちこぎができない。ゴールまで20kmだ。我慢だ。

地味な登りを何度か繰り返す区間で、脚力もかなり消耗してきており、
精神的な弱さが出始め、気づくと心拍数が165近くとなっていたりする。
これはまずい!と自分に喝を入れる。

自分に負けない。このレースの大目標ではないか。

お前はもっと行ける、もっと行ける、こんなもんじゃない!と、
前後に走者がいないことをいいことに、ブツブツと唱えていた。
何とか心拍数170まで持って行くが、辛い。

本当辛い。

そこで、思い出したのは、つい先日アンナプルナ無酸素単独登頂に挑戦していた栗城さんだった。
あの人よりは辛く無いだろーと考えると少しは気持ちが楽になった。

永遠とも思える登り。
必ず下れることを信じ、無心でクランクを回す。

最後の下りに差し掛かっても、登りが終わりだと信じられず、頼む、このまま下り続けてくれ!と祈り、
そうだ、下れば良いんだよっ。と今思えば、誰に対して言っていたのかよく分からないことを唱えていた。

気持ちよく、おそらく50km/hでぶっ飛ばしていると、
前方にタイムの表示がされている。
そして、自分の名前がアナウンスされている。

あれ?!ゴール??

どうやらゴールしたみたいです。
いつもとゴール地点が違うため、まだまだあると思って走っていた。

そしてタイムは・・・お! 7時間24分!
いつもなら、やっとゴールするんだ、よくがんばった、俺。と、こみ上げる思いを味わいながらのエネルギーを使い果たしてゴールとなる。
今回は気づいたらゴールしてましたって感じ。
d0242696_0192166.jpg



いやー、でもよくやった!おれ。
上出来の結果です。
ノーパンク、ノー転倒(下り)、登りでのあり得ない転倒はあったけど。
ノー痙攣、これがトレーニングの成果を物語っているのではないでしょうか?

やはりロードバイク練習は成果になるようだ。
明らかにペダリングの安定感は増した。

課題は後半のバテ。
ハンガーノックとは違う。電解質の欠乏だろうか。
腰、背中の痛みも辛い。呼吸が辛くなった。
もっとロングライドのトレーニングは必要だ。

装備には何の問題はなかった。
補給は、カーボショッツ9本をボトル3本に入れたものと、
気分転換に種抜き干し梅とオレオのバー1本。
水はハードレーションに水1Lと、ボトルにMUSASHIのリプレニッシュを溶かしたものをCP2で補充。
ウェアはサイクルジャージとアームカバーと、今回導入、2XUのカーフガード。
ふくらはぎがつらなかったのはこれのおかげ?よくわかりません。
シューズに熱成形のカスタムインソールを導入した。
これがなかなか良かったと思う。いつもなら、指の付け根が痺れたりするが、今回は快調なペダリングだった。

知り合いと談笑しながらゴールをあとにし、スタート会場で豚汁を喰う!
うまい!
知り合いの知り合いの方と談笑していると、
どうやらその方は、リアディレーラーがトラブってインナーが使えなくなったのに6時間台でゴールしたらしい、話を聞いているとマウンテンバイクは年に2回の王滝しか乗らないらしい。

じゃあ何故そんなに早い? ・・・アイアンマンだからです。
ハワイでやるトライアスロンに出るような人です。
最近はトレイルランもやっているようです。

恐るべし!トライアスリート!

自己ベストを更新しましたが、
自分にはまだまだ目指す所があることを悟った大会でもありました。
まずはランで42km、バイクで100km、楽勝で走れるようになる。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-07-13 00:20 | MTB | Comments(0)  

部子山、時間切れ(過去日記より)

まだまだ過去の日記からの投稿はつづく。
まだ福井に住んでいたときの話...

ーーーー以下、2009年12月13日のできごとです。ーーーー
天気もぼちぼちということで、池田町へポタリング。
始めは折立峠らへんの林道をぶらぶらしようかと思っていたけど、
部子山山頂に積雪がなさそうなので、何か火がついてしまって、
目的地変更!

部子山は山頂ちかくに牧場があって、そこまで「一応」車で行ける。
「一応」というのも、途中未舗装路がいくつかありしかも、道幅も狭い。
よくこんなところまで道路を引いたもんだ。と感心しました。
そんな悪路ならなおさらマウンテンバイクが打ってつけ。

【今日の走行データ】
コース:武生〜清水谷トンネル〜池田〜部子山 (往復)
距離:77.6km
時間:5時間46分
速度:Ave 17.2km/h、Max 55.9km/h
心拍数:Ave 155、Max 201
消費カロリー:3622kcal

マウンテンバイクにしては、よう走った。さすがにクタクタになった。

【ウェア】
インナー1:フラッドラッシュメッシュスキン
インナー2:キャプリーン2 zipneck
ミドル1:Celeris Vest
ミドル2:R1プルオーバー
アウター:フーディニ
グローブ:Run Don't Walk グローブ 下りから導入
シューズ:ハードロックMID
(感想)
・フラッドラッシュは底冷えなく快適だった。
・最高気温10℃の冷たい風にはベストは非常に助かった。
・アームウォーマーがあってもいいくらい寒かった。
・下りはR1でぽかぽか、フーディニで防風、あり合わせだが快適な組み合わせだった。
・グローブは快適そのものだった。10℃以下の風にもびくともしないし、レザーが貼ってあるのでグリップも良かった。
・シューズは手入れが行き届いていないため、蒸れ蒸れで冷えた。
 ビンディングシューズにシューズカバーがいいか。


【走行の内容、感想】
行き先を検討したりで何だかんだで11時くらいに出発。
とりあえず今立から清水谷トンネルで池田町へ。
久々のポタリングだが、膝にも問題なく、快適。
池田に着いて、案内地図を見ていると、目的の折立峠より「部子山」が気になってしまう。
池田から14キロという記述。1時間半くらいかな〜。下りなら30分で池田まで帰って来れる。
時計と相談し、15時までがリミットと考え、行けるところまで行くことに。

林道はほとんどアスファルトでとても走りやすい。
でも、14キロほぼすべてがヒルクライム。
しかも序盤はかなりの斜度。序盤から脚がパンパンに。
d0242696_035159.jpg


途中、オフロードバイクがビューンと追い抜いて行った。うらやまし〜。
山頂付近は霧氷で白く色づいている。だんだん寒くなるし、雲行きも怪しくなってきた。
残りの距離が4キロを切り、牧場の風景もチラホラしてきた頃、15時になりました。
日が暮れては危険なので、撤退することとしました。ん〜残念。
今年はこれで最後でしょうから来年の夏、リベンジです。
d0242696_024997.jpg


今回は残り4キロを切ったところまでしか来られなかったが、
実は結構満足している。
今回Uターンした場所の標高が1000mを越えていた。
ということは、標高差1000m以上をヒルクライムしたということ。
しかもマウンテンバイクで。

ここはマウンテンバイクのヒルクライムには、なかなかいい練習コースかもしれない。
アップダウンの激しいコースも探さなきゃ。
やっぱり練習しなきゃ王滝のタイムは上がらない。

下りは最高に気持ちよかった。あっという間。
登りで1時間50分くらいかかっていたのに、下りでは20分ちょい。
何ともあっけない。

今週には福井にも雪が降る。
林道を遊べるのも今回が今年最後かな・・・。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-07-12 00:04 | MTB | Comments(0)  

3days BC in 立山(過去日記より)

まだまだ過去の日記からの投稿はつづく。

ーーーー以下、2010年5月1〜3日のできごとです。ーーーー
興奮さめません。
ついでに身体の疲労と日焼けもそのまま。

2泊3日で立山にこもり、春スキー&酒浸りを満喫してきました。
素敵な仲間(猛者)たちと出会えました。

いつものようにパワーゾーンさんのツアーで福井から単独参加。
GW初日の早朝に福井を出発し、7時に立山駅に到着。
既に切符売り場には行列。
d0242696_083826.jpg

雪かきが間に合わずバスの運行に遅れが出ている模様。

結局1時間待って室堂直行バスに乗ることができた。爆睡。

室堂はさすがに寒いです。冬山用装備が必要です。
そんな中、観光地ですからハイヒールやら、ジーパンやらショーツなどでいる方たちもいたりで、山屋と一般人の比率が1:1くらいな感じでとても不思議な感じでした。
d0242696_0102192.jpg

照り返しもキツく、サングラス無いと目がやられます。
昔、スキーで使っていたハーフジャケットが役に立ちました。

【初日】
総勢13人?くらいの滑りと肝臓に自信がある猛者たちが集まり、初日からハイクアップです。汗だらだら。

立山は何しろスケールがデカイためラインは無数。その中からショートラインをチョイスしてもらい1本滑りました。
d0242696_0114688.jpg

途中結構きわどいトラバースもあったりでハイクアップは楽しかったです。
もちろんキツいですが。
滑りの方はイマイチな初日でした。
他の参加者の皆さん、めちゃめちゃ上手い!ボーダーは特に気持ち良さそうに落としてました。
d0242696_013634.jpg

d0242696_0172539.jpg

夜は自己紹介を兼ねた大宴会でした。
飲み過ぎました。

【二日目】
3日間の中でメインです。
黒部湖側と剣沢を滑る2班に分かれました。
d0242696_020376.jpg

私は剣岳を見ながらハイク&ドロップできる剣沢のコースを選びました。
この日の行程は雷鳥沢から剣御前小屋へハイクアップし剣御前への稜線をあるき剣御前から剣沢へトロップ!
剣沢から剣御前小屋へハイクアップし、雷鳥沢へドロップ!
文字で書くと簡単。
行程は大変でした。

雷鳥沢の登りは結構傾斜がキツく、シール登行はかなりビビりながらジグを切っていきました。最後の方はつぼ足で。
d0242696_0211822.jpg

d0242696_0244368.jpg


剣御前の稜線まで出ると、どどーんと剣岳。
d0242696_0262953.jpg

d0242696_028349.jpg


夏見た時とは全く違う山でした。当たり前ですが。
でもその存在感はずば抜け。

剣沢へのドロップポイントはかなりの急斜面で、びびって30秒くらい動けませんでした。ヨシ!行くぞ!と一声かけてドロップしたら何とか行けた。
その後は、もう、天国。
気持ちイイったら、ない。
同行の某客はずーっと気持ちのいい雄叫びを挙げてました。剣沢全体に響いていました。
5月だというのにこんなに広いバーンで、かつこんなに良い雪質。
ニヤニヤしちゃいますね。
d0242696_0284695.jpg

剣沢小屋前でカップヌードル大会をし、剣御前小屋へなだらかな斜面をハイクアップ。
談笑しながらだとなぜか疲れない。談笑しているうちに私がドMだということがばれました。
d0242696_0301298.jpg
d0242696_0293738.jpg


剣御前小屋前を少しトラバースし雷鳥沢へドロップ!
何気に急斜面。疲れて踏ん張りが効かない。練習が必要だわ。

数時間かけてハイクアップしてもそれが数分で終わってしまう。
それがまた、バックカントリースキーの魅力だったりする。
そんなことを再認識した2日目でした。
当然夜は、宴会でした。夕景を撮影し、23時に就寝。
d0242696_033616.jpg

d0242696_0331983.jpg


【3日目】
正午に終了ということで、ショートラインを選んでもらい1本滑った。
さすがに2日間の疲労は否めないが気合いで何とか乗り切った。

3日目のハイクアップはキツかった。脚の疲労に加え、傾斜がキツく雪が緩んでいるため、シール登行は直登はもちろんできないし、ジグを切るにしても結構蹴り込んでやらないとずるずるとずれてしまいバランスを崩してしまう。
一歩一歩着実に進んだ。かなりの傾斜なので下を見ず、足下と永遠と続く上部を見つめながら登った。マジ怖い。
DVDでの学習の成果もあり、傾斜がキツく足場が不安定な雪面でもキックターンの動作はスムーズにできていた。
シール登行→ドロップの流れもスムーズで、バックカントリースキーにも慣れてきたな♪とちょっと自信も出てきた。
滑りの方は、雪質もちょうどイイ感じに緩んでいて滑りやすかったせいか、有終の美を飾るにふさわしい滑りができたと思う。
納得のいくキレのあるターンができた。満足。
d0242696_0372887.jpg


宿泊していた雷鳥荘から室堂へ歩いていくと、普段着の観光客がいる。
現実世界に戻ってきたな〜と、しみじみ。
室堂は観光客で、あり得ない混雑状態。やっぱり長期休日は人の少ない山に行くことが一番だ。立山室堂は観光地なので対象外。
結局、帰りのバスは1時間半待ちだった。偶然にも立山駅直通バスに乗ることができたので助かった。

帰りに温泉により、帰宅。結局3日間すべてで温泉のお世話になった。

3日間で、いろんな刺激を受けた。
ツアーの同行者やガイドさん、そしてテン場や室堂ターミナルでどでかいザックを背負っているハイカー。いろんな人がいる。
負けちゃーいられません。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-07-08 00:38 | スキー | Comments(0)