大山高原クロスカントリー大会、大山TT

薬師岳山行レポの途中だが、タイムリーな話題を挟む。

富士登山競走&薬師岳ー立山縦走の1週間後、
脚が回復しているのか心配ではあったが、ちょっとした興味でエントリー。

7/31、第6回大山高原クロスカントリー大会。
豪円山スキー場のゲレンデ内の芝生の2kmのコースを3周するコース。

6kmだから確実に瞬発系。
普段は20キロ以上のアップダウンのあるレース、山行が主戦場。
距離、時間が長くなるのはいっこうに構わないが、
スピードのある、スプリント系の種目は苦手。
普段の練習もそこまで追い込んだペースで走り込めていない。

富士登山競走が終わり、モチベーションが低下している今、
何か新たな刺激をもらえるかもしれない、ということでナイスなイベント。

<当日>
富士登山競走等が無ければ結局毎週来ている大山。
いつもの駐車場に停めて準備する。
何やらいつもと雰囲気が違う人たちがたくさんいる。
クロカン大会参加の方々。

結構参加者多いようだ。
駐車場から会場まではシャトルバスで移動。

受付を済ませ、ナンバーをウェアに付けて準備完了。
日焼け止めを塗っていると、Vibram FiveFingersを履いた方が近づいて来た。
もしや、と思い声をかけると、フォロワーのナオキさんだ。
5年前からVFFを愛用とのこと、速そう。

コースが芝生で状態もいいのでアロハシャツと裸足で走るそうだ。
(本当は私もアロハの筈だった。すいません。)

ナオキさんとコースの試走に行った。
ゲレンデ内の緩やかな登りが続くが、結構ペースは上げられる。
6分/kmは切れそう。

雑談しながら走っていると、汗が吹き出る。
今年の夏は汗の量が尋常じゃない。
右のふくらはぎがやはりパンパンに張っている。大丈夫かなー。

d0242696_2318738.jpg


開会式後、フォロワーの音さんと合流。
初見でしたが、活かしたオジサマでした。見るからに速そう。

出走する6kmの部は開会式後、すぐスタート。
なぜか最前列近くにポジション取りしてしまった。
最前列には合宿中の高校生、RC所属の実力派がずらり。

d0242696_2318386.jpg


スタートとともに、前列の実力派がぶっ飛んで行く。
めちゃめちゃ速い!
3分/kmを切りそうな勢い。

d0242696_2320185.jpg


第一コーナーを曲がった辺りでペースについて行けず。
でもかなり無理してゲレンデ内に突っ込む。

いきなりハイペースだったので、心臓がおかしくなりそうだった。
どれだけ抜かれてもいいからマイペースを心がけた。

スピードに自信のあるランナーが集まっているだけあり、
どんどん抜かれる。

2周目に入り、自分がいるべきポジションに落ち着いた。
自分のペースを守って走るものの、
心臓と肺が限界サインを出していた。
歩くことは無かったが、近年稀に見るオーバーヒートっぷり。
表情が歪みまくり、歯を食いしばったのも久しぶり。

3周目、
いつものレースと違って、もうレースも終盤。
ラスト1周をスパートする、と考えていたが、
登りでは1人抜いただけ、
下りで何とかスパートかけてもう一人抜き、
顔面くしゃくしゃでゴール。
ゴール後ぶっ倒れそうなくらい飛ばしたのも久しぶり。

きついけど、心地いい。
レースの醍醐味はこれ。

d0242696_23241178.jpg


結果は、ナオキさんにも音さんにも負け、
30分もギリギリ切ることができず。
5分/kmを切ることができなかった。
ちなみにトップの高校生たちは20分台でゴールしています。
ひょえー。

自分としては5分/km前後で6kmも走ったことなんて大学以来。
満足と言えば満足。身体の疲労がそう言っている。
平地ならまだしもまぁまぁな勾配の登りでこれだけペースを上げるのは本当きつい。

[走行データ]
時間:30分03秒
距離:5.88km(コース設定は6.0km)
速度:5.07min/km
心拍数:Ave178、Max188

1周目)
時間:9分21秒
速度:4.50min/km
心拍数:Ave173

2周目)
時間:10分30秒
速度:5.20min/km
心拍数:Ave179

3周目)
時間:10分10秒
速度:5.10min/km
心拍数:Ave181

他のカテゴリーの高校生の力走を観戦してお楽しみ抽選会を終え、
さぁ帰るか、と言いたい所だけど、
せっかく大山まで来たのだから大山に登らなけりゃもったいない。
ということで、ナオキさんと音さんを道連れ(?)にして、どMチームのできあがり。

<大山タイムトライアル>

さすがに疲労が溜まって無理かな?と思っていたけど、
意外と大会がウォーミングアップ替わりになったらしく、
脚はよく動く。

ナオキさんはVFF。音さんはminimus。

やはり、クロカンと登山は違う。
すいすい登れる。

と思ったのも束の間、
6合目過ぎた所で、ハイカーを交わすため少し脚を踏ん張った途端、

ふくらはぎが
こむら返り。

悶絶。
必死に伸ばす。
ちょっと動かすと、また硬直。
悶絶。
必死に伸ばす。

ちょっと休憩、水分補給。
疲労溜まっているし、何しろ汗かき過ぎ。

何とか走れるが、硬直の痕が痛い。
逆側のふくらはぎも危うい。

痙攣とにらめっこしながらペースを調整。
終盤はそこまで追い込まず。

木道をつらない程度で必死こいて歩く&走る。
最後の登りの木道を小走りで、山頂到着。

1時間1分。

こむら返りしたわりにはなかなかのタイム。
うわ、音さんついてきた。速い。

Tシャツ脱いで上半身裸で登る音さんを真似て、Tシャツを脱ぐ。
(音さん、ホント変態でした(笑))

あー涼しい。風が気持ちイイ。
山ガールの冷ややかな視線なんて関係ないさ。

びしょびしょになったTシャツをぎゅっと絞って、さぁ下山。
3人とも汗かき過ぎ。

下山開始直後、アクシデント。
眠たいなーと、ボーッと走っていると、
木道の緩やかな下り、何にも無い所で、グキっと割と派手に足首を捻ってしまった。

うわ!ヤバい、いってもーた。とすぐ分かったけど、
何とか歩けるので大丈夫そうだ。

こむら返りした方の脚だった。
たぶん脚が思ったより上がってなかったのでしょう。

シューレースを締め直し、とぼとぼ走り始める。
鈍痛とチクチクが混じる。
何とか下れそうなのでいつもより慎重に歩を進める。

遅い時間帯なのでハイカーも少なく、快調に下る。
だいたい27,8分で下山。いつもより早い。
疲れがどっと押し寄せる。

堰堤で沢の水でアイシング。
皆生温泉でサウナ&水風呂でリフレッシュしてアイシングしながら帰りましたとさ。
ヘトヘトになりました。

みなさん、楽しい日曜をありがとうございました。
基本、自分との戦いという競技ばかりですが、
たまには仲間とお互いに追い込めると、楽しみながら競技に取り組めていいかと。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-08-03 00:01 | レース | Comments(0)  

薬師岳〜五色ヶ原〜立山縦走(初日)

富士登山競走は金曜開催。
ということは、富士登山競走が終わった時点で金曜。
金曜の午後からお暇。

じゃあ北アルプス行っちゃおう、
ということで、富山へ車を進めた。

昨冬の立山での雪崩講習会で知り合いになった、
富山在住のmotoさんとコンタクトを取り、
事前にルートなどを話し合った。

motoさんは都合で日帰りしかできないため、
初日半日だけ2人での山行、以降はソロでの山行となった。

行き先は立山縦走?早月尾根?大日三山縦走?
候補はたくさんあったが、motoさんの進めもあって、

折立〜薬師岳〜スゴ乗越小屋〜五色ヶ原〜立山室堂〜立山駅
途中、スゴ乗越小屋で一泊 の行程とした。


いつもの様に、山と高原地図からCTを引っ張ってきて、
×0.7したタイムを自分のCTとして設定した。
ほぼこの日程通りに行動できた。

d0242696_0401845.jpg


<前日 7/22>
富士登山競走を終え、来年への闘志を燃やしつつ富士吉田を発つ。
富士吉田市内の下道の渋滞に捕まり、結局富山のmotoさん邸に到着したのは23時くらい。
motoさんの部屋でささやかに乾杯。
富士登山競走の結果報告をし(残念!)、
明日の日程をおさらいし早めの就寝。
motoさんおもてなし、超ありがとー!

<初日 7/23>
5時起床、すぐ出発。
私の車を立山駅近くに停め、motoさんの車で折立へ向かう。
有峰林道のゲートが開いてすぐ折立へ向かう。折立は実は初めて。
進むにつれガス。雲行き怪しい。予報を信じて進む。
ひさびさのテント泊縦走、重たいザックの準備をして、7時過ぎ折立をスタート。

さすがに富士登山競走の次の日だと脚がキツい。
序盤は良かったが、途中からふくらはぎ辺りの疲労が酷い。
ふくらはぎは縦走4日目の様な疲労感。キツい。

でも、久々の重たいザックはなかなか刺激的。
ひさしぶりの北アルプス。来て良かった。序盤でそう思った。

樹林帯で既に汗びしょびしょ。
曇り空だから涼しくて気持ちがいい。

d0242696_0564885.jpg

d0242696_058484.jpg


なだらかな木道を快調に歩き、太郎平小屋に到着。
d0242696_124431.jpg


ガスっていて景色は見えない。
ストレッチして薬師峠へ出発。

薬師峠で冷たい沢の水でリフレッシュし、薬師岳山頂を目指す。
途中、新築されたという薬師岳山荘を通過したが、
キレイな小屋で、こんな小屋にのんびり泊まるという山行スタイルもいいなぁ、と。

山荘を過ぎるとガスの中の砂礫の斜面、平らな岩場の尾根を歩き、山頂に到着。
脚の疲労は酷いが、たまに雲が切れたときの絶景が忘れさせてくれる。

d0242696_1145286.jpg


山頂で記念撮影し、motoさんとはここでお別れ。
富山に来たときはまたヨロシクお願いします。

小休止し、北薬師岳へ尾根を下りて行く。
依然としてガスが流れている。
金作谷カールに雪は多い。

d0242696_1184997.jpg


振り返るとなかなかなルート。
d0242696_1194650.jpg


尾根の西側は風が吹いて涼しい。
東側は晴れ間が出るとかなり暑い。
d0242696_121864.jpg


薬師岳からスゴ乗越小屋までのうち、
北薬師岳までが一番キツかった。
なぜだかコースタイムの短縮ができなかった。
複雑な岩場も多く、細かいアップダウンがあり、
ひょっとしたら知らぬ間に北薬師岳は通過しているんじゃ?
と思いたかったからなのか、北薬師岳の道標を見つけたときは
正直がっくりきた。
やはり地図は嘘をつかない。
自分の体力的な事情から、願望によって地形図をねじ曲げてしまうことが
たまにあるので、気をつけなければならない。

ずーっとガスの中で、気が滅入って来たのか、スゴ乗越小屋は非常に遠く感じた。
ひさしぶりに膝周りの筋肉に疲労がたまり始めた。
何とか設定した時間通りに小屋に到着した頃にはヘトヘトになっていた。
スゴ乗越小屋はこじんまりとしていた。

d0242696_132482.jpg


テント設営の前にまずはビール。ぐびぐび行った。

狭いテント場だということで不安でしたが、
先客は5張だけということで大丈夫だった。

小石が多くペグが刺さらず、結局ガイラインで固定。
久しぶりのテント設営、苦戦した。

棒ラーメンを食べて、お昼寝。
日没頃に昼寝から目覚めて、
マルシンハンバーグもどきとアルファ米とお味噌汁をお腹に入れて21時頃に就寝。

一日を通してガスに覆われて景色がいまいちだった初日だった。
2日目の天気が好転することを期待してぐっすり眠った。

次回へつづく。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-07-30 01:44 | 山行 | Comments(0)  

富士登山競走 山頂コース

ようやく最近のネタです。

ランナー、山屋、トレイルランナーの中でも特にMな人たちが集まるレース、
富士登山競走に参加してきました。

山頂コースと5合目コースがあり、
昨年から山頂コースはエントリー資格が設けられ、
5合目を規定のタイムで通過しないと
山頂コースにエントリーすることができなくなりました。

選ばれし者のみがエントリー?

昨年、会社の休みをようやくとることができ、
5合目コースに参加し、規定のタイム以内でゴールすることができたので、
晴れて今大会の山頂コースにエントリーすることができました。

今年の山頂コースの目標は何と言っても時間内の完走。

そして、昨年は5合目を規定内のギリギリで通過しているため、
それをどれだけ縮められるか、昨年の自分をどれだけ超えられるか、がもう1つの目標。

<前日>
昨年は、福井に住んでいたため、
前線基地の実家のある静岡まで5時間程度で到着して前日をすごすことができた。

今年は、出雲から静岡までの約9時間の道のりを一人でドライブ。
前日からレースは始まっています。
静岡に到着する頃には疲労困憊。

夕方に近所を軽くラン(実際は気持ち良くてスパートしてしまった)して
夕飯喰って、22時頃就寝。

<大会当日>
3時頃起床し富士吉田市へ出発。一人での参加はこれまた寂しい。

割と早めに会場に到着すると、顔なじみの方々がいるのでご挨拶。
せかせかと準備し、日焼け止めもばっちり。

富士吉田市の朝の気温は15℃、山頂は10℃らしい。
コンディション良好。

5合目で受け取る手荷物を預けてスタートラインの場所取り。
初エントリーのため先頭の猛者たちから100m以上後方。

開会式が始まり、恒例のエイエイオー!(マイクの音が途切れてグダグダ・・・)

定刻になり7:00にスタート。11:30に山頂に立てていることを想像した。

人多すぎ。動いたり止まったり、危ない。
スタートラインを通過するまでに1分50秒くらいロス。
浅間神社までの坂を走り、やっと始まったと実感した。

いろんなサイトで完走するための目標タイムが検討されていて、
参考にさせていただいた。

目標)
中の茶屋 0:41
馬返し  1:08


今回は
中の茶屋 0:42

昨年はかなり心拍数を上げて43分かかっていた。

今回はAve169でこのタイム。まずまず。昨年より短く感じた。
ちょっと余裕を感じた。

馬返し  1:09

昨年は心拍数180オーバーで途中歩かないと脚が持たなかった。

今年は傾斜がキツくなり歩く人が増える区間だが、坦々と走り続けることができた。
心拍数もAve175で何とか抑えたようだ。

ここから山区間、昨年は馬返し到着時点で脚、股関節が硬直しており
たまらずストレッチをしたことを覚えている。

今年はどこも問題なく、そのまま山道に突入。

昨年と違うのは、人が多い!
ペースが意外と遅いと感じたのはやはり渋滞のせい?

遅いかなーと思いつつ、前の集団を抜くスパートをするほどの余裕もないのも正直な所。
前の列について行くしかない。それでもキツいはキツい。

途中の平坦な部分で走ろうとすると脚が痙攣したため、
抑えつつ早歩きに切り換えた。
d0242696_21252918.jpg



2合5勺のレモンがうま過ぎた。

抜こうにも抜けない区間が続き、脚もついて行かない。


そうこうしているうちに佐藤小屋の直下まで来たが、大渋滞。
関門から「あと6分〜」「あと5分30秒〜」とカウントダウンが始まり、
渋滞に捕まった皆さんはざわついている。

こんな所で終わりたく無い。

「大丈夫大丈夫ー」と互いに励まし合いながら前の選手達にプレッシャーをかけた。
多分2分くらいは渋滞に捕まっていたかと。

関門で塩とバナナと水をいただく。
関門を時間内に通過できて肩の荷が下りた。

何となく火がついた走りができない。
まわりの走者も一休み入れているような走りだ。
流れに乗ってしまった。

目標)
5合目佐藤小屋 2:09


今回は
5合目佐藤小屋 2:16

昨年は2時間17分で5合目完走。
両足ともこむら返りしている状態で
とてもじゃないがこれから山頂へ向かう脚力も気力も残っていなかった。

今回は疲れてはいたが、まだまだいける!という感じはあった。

既に10分程度目標タイムから遅れている。

本格的なザ・富士山の区間で挽回できるのか?
一応山屋を語っている以上、何とかしてやる!という意気込みはあった。

砂礫で脚が沈み込む単調な斜面を黙々と登っていく。
単調なコースなので正直ここの区間の記憶はあまり残っていない。

目標)
7合目花小屋 2:49


今回は
7合目花小屋 2:59
いかん、10分オーバーだ。

次の目標は、太子館なのだけど
あとどれくらいで到着するのかが全然分からない。
酸欠でふらふらになり出した。
d0242696_21265137.jpg



目標)
太子館 3:22


今回は
太子館 3:32
いかん、10分オーバーのままだ。

酸欠で頭が働かず、完走までにどれだけタイムに余裕があるかも分からなくなった。
ひたすら頑張るだけだった。

最後の関門、8合目の関門の手前で残り時間を告げられ、
間に合わない、と確信してから、自分を含め回りの走者の足取りが重くなった。
今年の富士登山競走が終わったんだ・・・とガックリ。

でも最善は尽くさねば、
と思うものの終わりを知ってしまった以上、疲れた身体にむち打つことはできず、
惰性で8合目関門に入ってしまった。心身ともに辛かった。

目標) 
8合目富士山ホテル 3:55


今回は
8合目富士山ホテル 4:05

5分オーバーで今年の富士登山競走は終わった。
目標から比べると、やっぱり10分オーバーのままだ。

8合目でしばらく休んで、トボトボと下山。

山頂から下山してくる方々と合流するが、
羨ましくもあり、自分が情けないな、と。
そんな気持ちも合わさって、下山は本当辛かった。

多くの反省点、気付きを得て、来年への闘志を燃やし、会場をあとにしたのでした。

出雲へ帰るのではなく、疲れた身体にむち打ち、
大きく遠回りして富山へ向かうのでした。

<振り返り>
5合目までの結果からすると、
昨年より、登りのオンロードに強くなっている。
馬返しまでの登りで歩かず、脚にも問題なく、心拍数も割と上がらなかった。
トレーニングで、ある程度の効果は得られたと考えられる。

ただ、山頂に辿り着けていない。
昨年よりは強くなっているが、まだ足りない。
やはりこの競技、
序盤のオンロードでどれだけ脚を使わずタイムを稼げるか、が大きい。
昨年より脚を温存できたが、タイムはオーバー。

現状の脚の温存具合で10分程度はタイムを縮める必要がある。
そのために、ロードでのペース走など、
スピードを強化するトレーニングを入れて行こうと思う。

山屋ではなく、山もできるランナーでなければ勝機は来ない。

ロード区間だけでなく、
5合目〜7合目の10分の遅れ、
7合目以降の岩場での追い上げゼロも、
8合目時間切れの原因でもある。
正直、ザ・富士山区間ではもっと行けると思っていた。

やはり、現地練習に尽きると思う。
7合目から上は、もう何が何だか。
どこまで来ているのか、あとどれだけあるのか、さっぱり分からん。

次回に向けて、現地練習は最低2回行うと誓う。
新幹線でも何でも使って来るさ。

まだ先は長いが、しばらくは富士登山競走完走が目標となりそう。
そのトレーニング成果の確認ポイントがフルマラソン挑戦となるので、
まずはそこへ向けてトレーニングです。
[PR]

# by peperonci_no | 2011-07-27 22:16 | レース | Comments(2)