トレイル探索 禅定寺山〜三刀屋城はつながるのか[2016.01.17]

気持よく走れそうな良いトレイルが無いか、
MTBで長く乗ることができる林道はないか、
夜な夜な、地形図に目を通している時間は至福の時間の1つだ。
地形図に出ていない古道などの踏み跡や、
逆に地形図に出ているのに現地に行ったら既に廃れていて
歩ける道ではないこともある。

やはり現地調査というものが大事だ。

今回は、その失敗例。
現地調査したら、歩けたもんじゃない、という例を記録として残しておく。

普段なら、記事に残すこともないのだけど、
地形図に関する情報収集をしていると、この手の失敗談は残っていない。
他の人が同じようなことをしようとするかは分からないが、
参考になる情報は残して同じ苦労は避けてもらいたい。

また、是非とも国土地理院さんは、このルートを地形図から消して欲しい!!
地形図に示す場所に歩ける道は無いから。

さて、今回のルートは、一昨年の春に雲南市三刀屋町の
三刀屋城跡に花見に行った時が発端。
普段から気になる山がある場合は地形図アプリで調べたりしているが、
・・・この尾根は地形図辿ると西にずっと続いているなぁ。とビビッと来るものがあった。
しかも少し進めば禅定寺山という山があり、そこにも登山道らしきものがある。
ここはつなげたら面白いかも?

しばらく放置していたが、近くを車で通った時に、
ルートの一部をのぞいてみたが、景色も良さそうだし、
結構良いかも、と期待をしていた。

また、トレイルをつないで、イベントを開催することを考えると、
春頃、花見のシーズンに走ったら、三刀屋城跡に出てきて桜が
たくさん咲いていたらいいだろうな〜という想像もしていた。

最終的に今回つながると信じて調査対象としたのは、
スタート〜三刀屋の禅定寺〜林道樫の木畑線〜未知のトレイル〜
〜三刀屋城跡〜ロード〜峯寺弥山〜ゴール  12kmくらい

d0242696_23105239.jpg

累積標高は大したこと無い、林道から三刀屋城跡までは、
快適な下り基調の尾根道・・・のはずだった。

結婚してから、いろいろ慎重になったのか、
1人では怖いので、N氏に助っ人を要請。
結果、2人で、あーだこーだ、地図読みして、
頭をたくさん使った山行となった。

禅定寺をスタート、禅定寺山のピークは今回スルーして、
d0242696_2345196.jpg
禅定寺山を周回しているような林道をとおり、
禅定寺山の北側の地区に下りた。
標高は300m近くで、雪が少し積もっていた。
d0242696_23542.jpg
所々に入っていけそうなルートがあるが、
地籍調査の痕跡のようで、土地と土地の境界を確認するのに、
歩き易いように草を刈ってあったり、
作業道ができていたり、歩こうと思ったらいくらでもルートは考えつきそうなエリアだった。

ただ、気をつけないと行けないのは、
こういうルート探索は登山道、中国自然歩道や、〜遊歩道など、
管理する団体があって公に管理されていれば何ら問題ないのだけど、
公でない私有地の真ん中の道を突っ切っている可能性もあり、
地形図にルートが記してあって、とか、踏み跡があるから、と
ずかずか進んでしまうのは安易だし、一方でそこが立ち入り禁止なのか
よく分からないのもなかなか難しい。
今回は特に地籍調査の跡がところどころあり、入ってもいいのかな、
と考えることがあり、気になる踏み跡があっても深入りしないようにした。

禅定寺山の北側の地区は出雲市大社方面の眺望がよく、
数年前に眺望を示す看板を取り付けていたようだが、色あせてしまっていた。
d0242696_2351095.jpg
ここから見る遠くに沈む夕日はまたいい物だと思う。

100mくらいロードを進み、林道 樫の木畑線の入り口に。
d0242696_2352436.jpg
林道の入り口付近からは三刀屋、木次方面や、
d0242696_2352812.jpg
県境の山々の眺望が良いポイントがある。
d0242696_2351687.jpg
これはイベントの目玉にはなる。(イベントは断念するが)

林道は目的の尾根の脇を走っている。
林道から尾根への入口を地形図見ながら探して、
d0242696_2353264.jpg

いざ入山。ここからが大変だった。

序盤は地図読みしながら、
ちょっと荒れているけど踏み跡もあるし
走れなくもないですね〜なんて言っていたが、
しばらくすると笹薮がこれでもかと襲ってきて、フーディニパンツはびしょ濡れに。
d0242696_2373014.jpg
踏み跡も無い部分も出てきて、いよいよ本気の地図読みスキルが試される状況に。
そんな中でも途中、
d0242696_2355986.jpg
中電の高圧鉄塔の整備道と合流。
幅も広く良く整備された、とても走り易い道だった。
こりゃ良いやと思って進んでいると、分岐にさしかかったが、
我々が進むべき方向は整備道から別れた方向の尾根。
d0242696_2361475.jpg
うっかり地図見ずに歩いていたらそのまま間違った方向へ進んでいただろうな。
また踏み跡が不明瞭な薮が生い茂るルートに戻って、
N氏とワーキャーいいながら薮と格闘して進んだ。

d0242696_2364634.jpg
途中、突如トランシーバーが現れ、ブルッと寒気が・・・。

基本的には尾根の上を進むルートだけども、
割とこんもりと広めの尾根の分岐に出たとき、
地形図には載らないような小さな尾根(枝尾根?)へ進んでしまい、
間違いに気付きまた分岐に戻る、ということがあった。
地形図はなかなか奥が深い、とこの時は思い、
間違いにすぐに気付けるスキルがあって良かった〜。と思った。

下の道路から見て割と尾根は疎林だから走り易いかもね〜と
2人で話していたが、疎林は疎林だけど、人が歩いた痕跡がほぼ無いため、
枝や薮でやはり歩きにくい。

想像以上のエネルギーを消耗し、三刀屋城に到着。
d0242696_2311782.jpg

10kmくらいしか歩いていないのに、結構疲れた。
本当はここからの桜に感動していざ次の峯寺弥山へ、という
感じなのだけど、こんな感じのルートだとしたら実現はないなぁ。

今回も時間切れなので、峯寺弥山パートは次の機会にお預けにすることにし、
ゴール地点への2キロ程度のロードのランニングをして今回は終了。

何だかんだあったが、地図読みたくさんして
悩んで頭たくさん使って、たくさん藪漕ぎして、楽しい日曜だった。

走行データは以下。
時間:2時間51分
距離:9.15km
累積標高差:332m上昇、529m下降


今回のルートと標高差は以下。
d0242696_2374575.jpg

d0242696_2375966.jpg


次はどこの未知のルートか。






[PR]

# by peperonci_no | 2016-01-24 23:19 | 山行 | Comments(0)  

第1回さくらおろち湖ロゲイニング、楽しかったが脚が棒。 [2015.12.13]

島根県で初めてのロゲイニング大会が尾原ダムのさくらおろち湖周辺で開催されたので、
優勝するつもりでN氏と参加した。

結果は男子の部で優勝、
総合では3位だった。ん〜無念。
総合1位は同じくKTCの男女混合ペアだった。
この2人は超タフなランナーで敵わんわ〜という、
走力が試されるコントロール(チェックポイント)の配置だった。

ロゲイニングとは、地図、コンパスを使って、山野に多数設置されたチェックポイントをできるだけ多く制限時間内にまわり、得られた点数を競う野外スポーツである。 オリエンテーリングと似ているものの、チェックポイントが多数設置されていること、チェックポイントを辿る順序が決められていないなどの違いがある。-Wikipediaより-

簡単に言うと地図を読んで、如何に効率的に時間内でたくさんのお宝をgetするか、
という競技で、
最近はOMM JAPANも開催され、
地図読みスキルが必要とされる競技の人気が高まっている。

今回の大会だけなのか、
他のロゲイニングという大会も同様なのか分からないが、
今回の大会、ロゲイニングは、
・山の地形図はほとんど読めなくてもOK(山の地図読みスキルを試されたかった)
・各コントロールは道路沿いに配置されていることが多かった。
 基本的には舗装路をひたすら走った。後半は脚力がついて行けず・・・
・各コントロールの配置される範囲も広く、1位のチームや私たちは、3時間で20,21km走った。
・地図読みスキルというか、ルート取りの戦略、その場の判断力が大事だと感じた。
・どのコントロールをどういう順番で回るかはチームの戦略次第。
 如何に楽に効率よく回るか?かなり難しかった。
・皆パスしていたスタートすぐ近くの岩伏山山頂のコントロールに、
 スタート直後向かったのはトレイルランナーだけだった。
 他の選手にとっては脚力、時間のロスとなるという判断。
・次回があるのであれば、ちゃんと走力をつけておくことと、
 山以外の舗装路などの標高情報を瞬時に読み取れるようなスキルをつけることが
 重要となる。
・大会としてはボランティア主体で作られた温かいイベントだった。
 ゴール時には小雨がザーザー降って身体が冷えてしまっていたが、
 しし鍋が振舞われ、身体が温まり最高だった。
・是非第二回大会を開催いただきたい。
 その時は今回積雪の懸念から外された山エリアのコントロールを復活お願いしたい。

d0242696_23332847.jpg
d0242696_23383299.jpg
d0242696_2333332.jpg
d0242696_23365196.jpg
d0242696_23371195.jpg
d0242696_2334339.jpg
d0242696_2337436.jpg
d0242696_2338554.jpg
d0242696_233425.jpg
d0242696_23365764.jpg
d0242696_2334103.jpg
d0242696_23342212.jpg
写真の一部は大会公式フォトから許可を得て掲載させていただいています。

[PR]

# by peperonci_no | 2016-01-10 23:47 | レース | Comments(0)  

やっぱりボロボロでゴール、北山トレイルラン練習会 [2015.11.29]

毎年恒例の島根県トライアスロン協会主催の
北山トレイルラン練習会に参加した。
d0242696_15125212.jpg

<昨年の大会を振り返り・・・>
練習会の1週間前に、旅伏山〜伊努谷峠を
早朝に走った際、フラフラとする感じ、
呼吸が苦しい感じ、何か調子悪いな〜という感じがあり、
昨年(blog記事無し)のような状態になるのでは・・・と心配した。

昨年の状態・・・
恐らく朝一の急な心拍数増加、筋肉酷使に身体がついていけず、
旅伏山の登りで失速、結構フラフラしながら旅伏山山頂に到着し、
伊努谷峠までのアップダウンでの歩き率がかなり高かった気がする。
コース序盤なのに、酷く疲れていた印象。
その後続いたコースも全体的にグダグダになりメリハリ無く終わってしまった気がした。
そのため、今年は”グダグダにならないこと”を隠れた目標とした。

<準備>
昨年の反省を踏まえて、
前日の晩には22:30には就寝し、
当日スタート3時間前の6:00には朝食を軽めに済ませた。
競技性の高いイベントに出ることもあまり多くないため、
こういう感覚を忘れがち。

会場に着いても、しっかりとウォーミングアップをして、
心拍数を上げ、脚を温めた。
ウォーミングアップは2週間前のITJのダメージで、
膝の痛みが気になっていたということもある。
d0242696_1513128.jpg

準備の効果はどうだったか・・・
ウォーミングアップの効果があり、
スタート〜旅伏山山頂〜伊努谷峠で、
昨年ほどの疲労、グダグダ感はなく、
最後まで何とかグダグダにならずに走ることができそう、と感じた。
膝の痛みに対してウォーミングアップは・・・効果なしだった。
根本的にダメージが抜けきっていないようだった。
鰐淵寺に着く頃には痛く、後半走れなそうな感じがしたので、
痛み止めのお世話になるしか無かった。

<結果>
結果は、初めて参加した2011年の大会の記録よりわずかに速いが、
ほぼワーストに近い記録。
12位/37人 2時間45分12秒
無念、だけどもっとグダグダになってしまうことは避けられて、
昨年よりは楽しく走れたと思う。これが大事。

<レース中>
いいわけとか、効果のあった対策、なかった対策などあるけど、
結局はどれだけ走り込めていたか、どれだけ走れるか、が
結果を左右する、それが北山トレイルラン練習会の
面白いところでもあり、怖いところ(ぞっとする)でもある。

それを分かった上で、レース中どうだったか記録に残す。

グダグダになりたくない、と
自分のコンディション以上のパフォーマンスを出そうとして、
昨年は失敗したため、今年は抑えていく、マイペースで行く、
と心に決めた旅伏山への登り。
今年は25分(登山口〜旅伏山山頂)で登った。

これまでだったら遅いかもしれないけど、先を見据えたタイム設定で
今年のコンディションに対してはこれくらい。

それでもかなり疲れているゾ(汗)

トップ集団の皆様には置いて行かれ、(ってか皆速い)
旅伏三角点を過ぎて、アップダウンに何とか立ち向かっているところで、
N氏が軽快に追い抜いていった。
何でも、最後尾からスタートされたとか、
それにしても、登りが軽快すぎる。全然ついて行けん。
体重軽くなりてえ、と真剣に思った。

アップダウンが続く。
奥様からのアドバイスで、
あなたは下りが速いんだから下りで何も考えずに飛ばしな!ということなので、
できるだけ下りは飛ばした。

伊努谷峠には47分25秒で到着。
この段階で昨年よりも2分程度遅れている。

伊努谷峠から鰐淵寺も快調に飛ばす。
途中、平坦は抜かれ、下りで追い抜く展開だった選手をまたもやパス。
鰐淵寺は56分19秒到着。
やはり昨年より2分程度の遅れ。

鰐淵寺から林道をダラダラと進むと、先ほど下りでパスした選手で追い抜かれ、
この後2度とお目にかかることは無かった・・・

ペースを落とさないように走れるところは走るように心がけてはいるが、
ここの区間を走らずしてどこを走る(by N氏)というのがここの区間。
脚の消耗が激しいので歩きを入れる。

鰐淵寺の入山料500円の件があり、
もったいなくて、結局ここのルートはこの練習会の時以外は
足を踏み入れなくなってしまった。
1年ぶりに訪れると、やっぱり秘境感に圧倒される。
苔とジメジメが凄い。
d0242696_15132040.jpg

こんな大きな岩があったかな?と写真を取りたくなる岩があったが、
先を急ぐため写真を撮らなかったのは少し後悔。
もっとここのエリアは開けた(入り易い)エリアであって欲しい。

途中でKさんに追いつかれ、しばらく同行。
下りで離されるため、無理に抜かさず同行するようだ。
遙堪峠は1時間25分51秒通過。
昨年より4分程度の遅れ、徐々に遅れてきている。

ここから鼻高山までが山場と言っても過言ではない。
大黒山、天ヶ峰、中の小峰、長連峰、そして矢尾峠、
ここの区間はよく来るところなので、知っているだけに辛い、
いつもより脚が動かないから!!

遙堪峠から鼻高山までは、何とか辿り着いた感じ。
脚が本当に動かない。

鼻高山までの途中の平坦の尾根で、
しばらく一緒だったKさんには行ってもらった。

鼻高山前後から、2011年に撃沈したときと同じ、
脚の痙攣が出始めた。
他の選手もどうやら同じらしいけど、
このレースは痙攣はつきものらしい。
今回は内腿の付け根がピクピクっと来てしまい、
気持ちのこもった”力走”はできなかった。

だましだまし、何とか伊努谷峠まで下ってくると、
カメラマン、M田さんが写真撮影&応援してくださっていた。

伊努谷峠は2時間7分30秒通過。
昨年よりも9分程度の遅れ。
痙攣はともかく、
登りのスピードが明らかに遅い。
スピードというかバテっぷりが酷かった。

遙堪峠から鼻高山が山場だけど、
一番辛いのは伊努谷峠〜旅伏山だと思っている。

脚がはっきり言ってほとんど残っていないし、
痙攣するしで、無茶苦茶。
たまに、ふと”力走”できることがあるが、
それは錯覚ですぐに脚が前に出なくなる。
登り切った後に何とか粘って走り続ける、ということができずに、
歩くしか選択肢が無いくらいボロボロ。

こんな状態で走っていて意味あるのかな・・・
こんなに好きなトレイルランニングのことを楽しくないわーとか思ってしまうほど。
そうならないようにしっかりと脚を作っておきたいところ。

旅伏山手前の下り坂で、大腿四頭筋が痛みを伴いピクピクとし始めた。
何とか旅伏山に到着。2時間31分30秒。
昨年だったらもうゴールしてるくらいの時間。

何とかベストは尽くしたい、燃え尽きてゴールしたい!と、
最後の下りを爆走し始めるも、
大腿四頭筋の痙攣が激痛過ぎて、思うように走れず・・・
騙し騙しでしか下れず、登山口に着いた頃に普段のような爽快感は皆無。
結局、普段なら10分前後のところ14分程度くだりにかかってしまった。

登山口には奥様がいて檄を飛ばしてくれている。

が、脚がおかしなことになっているぞ・・・
d0242696_1514361.jpg

何とかスパートだけでも頑張りたい!
d0242696_15135554.jpg

トライして数歩で左脚がつり、
我慢してペースを上げようとして数歩、今度は右脚がつり、
スパートはあきらめた今年の冬・・・。

変なフォームのまま無念のゴール。
手もとの時計で2時間45分24秒。
あれだけ苦戦した昨年よりも15分程度も遅い。
辛うじてワーストの2011年よりも3分だけ速い記録だった。

無念、でも終始グダグダは避けられたことは良かったと思う。

しかし、理想の状態とはほど遠い。
この練習会、これまで何気なく出場していたけど
なかなか思い通りの走りをさせてくれない、難易度の高いレースだということを
今回さらに思い知らされた。

来年参加することがあれば、タイムはともかく、
自分の思い通りの走りをして、最後スパートしてゴールしたい、と
目標を設定する。

目標を達成するためにはまずは、減量!
急激な減量は得意ではないので、徐々に落としていけるように、
いろいろテコ入れしていく。(実は既に食事に関しては開始している)

参加費が1000円(トライアスロン協会員は500円)という低価格
に関わらず、ゴール後に豚汁とおにぎりが振舞われる。
d0242696_15151383.jpg

美味かったー。この日から我が家で豚汁ブームが沸き起こった。
タイツの右膝の部分に枝が当たって破けた。ショックすぎる。

忘れないように今回の装備をメモしておく。

シューズ : ALTRA SPERIOR 2.0
ザック : Ultraspire Alpha
装備 : テーピング、痛み止め、エマージェンシーブランケット(普段よりファーストエイド品は少なく)
     ウィンドシェル
補給 : 水1.0Lハイドレーション
     ジェル3本分をフラスコに(今回はメダリスト)
     ジェル1本分を大きめフラスコに水に溶いて400mlくらい(パワージェル)
     塩熱サプリ4個くらい(飲んだけど結局脚つった)
     フラスコをフロントのポケットに入れていたが、それがまぁまぁの重量で、
     身体にヒットしていたのだろうか、次の日脇腹が打撲のように痛んだ。

ウェア : BUFF
      Patagonia Capline4 Hoody
      Finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ ノースリーブ(パワーメッシュは呼吸が苦しくなる疑惑があったので止めた)
      MIZUNO ブレスサーモ腹巻き
      Finetrack パワーメッシュ ボクサーパンツ
      Golite あったかいタイツ(モデル名忘れた)
      injinji  ミドルウェイト、トレイルソックス
      KENKO 指切りグローブ
      Patagonia フーディニ(フロントポケットに収納)


走行データは毎年同じなのだけど、載せておく。
時間:2時間45分12秒
距離:16.52km
累積標高差:1367m上昇、1354m下降
心拍数:計測無し


ルートと標高差は以下。
d0242696_15144582.jpg


次は第1回さくらおろち湖ロゲインニング大会だ。
そして減量・・・
[PR]

# by peperonci_no | 2015-12-19 15:27 | レース | Comments(0)