<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

takさんと どろどろトレイルライド[2015.03.14]

takさんに誘っていただき、島根県某所へトレイルライドに行ってきた。

当日の天候は良かったが、前日までに降雨があったため、
最初の登りからズルズル滑り、押しの連発。
d0242696_22514571.jpg

なかなか気持ちよく乗れる場所が見つからないまま、
最初のピークに到着。
開けていて景色は素晴らしかった。
d0242696_22515980.jpg

登山者のパーティーにMTBを物珍しい感じでジロジロと見られ、
MTBに対するマイナスな意見をいつ頂戴するかとヒヤヒヤしてしまった。
d0242696_22521779.jpg

(結果的にはこんな所まですごいねーと感心されただけで終わり)
トレイルランに然り、MTBも登山者との共存は課題の1つだ。

みんな登山だけ、とかじゃなくてトレイルランとMTBもやったら楽しいのになぁ。
・・・体力とかの問題か。

登山者のパーティーと談笑して、いよいよ縦走路へ。
細かいアップダウンがあるが、ほとんどツルツルでブレーキも使い物にならず。
押しで下りるにしても滑るのだけど、
MTBを杖代わりに下りるのはなかなか面白い。
エクステラのバイクセクションはこんな感じだと聞いたことがある。

日が上がってきたためか、
次第に乗車率が上がってきた。
d0242696_22525317.jpg

乗れなくても、まぁまぁ楽しいのだけど、
乗れると更に楽しい。

2つ目のピークからの眺めも最高。
d0242696_2254447.jpg


d0242696_22552012.jpg

テクニカルなダウンヒルセクションもビビりつつも
楽しく下った後、アスファルトのヒルクライムで登り返し。
こんなコース取り1人では絶対にしない。
d0242696_22531213.jpg


d0242696_22534566.jpg

別の峠から下山。

下山途中、不思議な看板をtakさんが発見した。
d0242696_2256797.jpg

なかなかのものだった。
d0242696_22562282.jpg

パワーの木!
d0242696_2257039.jpg

生命力を感じた。
こういう遊びをしていないと見られないものだ。

泥だらけの一日だった。
d0242696_22573593.jpg


d0242696_225816.jpg


[走行データ]
時間:4時間11分
距離:19.3km
累積標高差:1121m上昇


今回のコースは割愛。
標高差は以下。
d0242696_230281.jpg


写真の一部はtakさん撮影のものです。
[PR]

by peperonci_no | 2015-03-21 23:01 | MTB | Comments(2)  

中国シクロクロス最終戦にMTBで出てみた。[2015.03.08]

先月の弥山のタイムトライアルの後、
さくらおろち湖畔で開催された中国シクロクロスを観戦した。
その時に誘われて、興味はあったため、
中国シクロクロスの最終戦のカテゴリー3に参加し、何とか完走してきた。

今回の参加の目的は、
MTBでどの程度食い込むことができるのか、
シクロクロスがどんなものなのかを実感することにあった。
d0242696_238967.jpg


結果的に分かったのは、
・コンパクトで面白い。
・周回コース、短時間なので、キツい。
・乗り降りとか、担ぎ、押しとか、
 漕ぐ以外の要素にも面白みがある。
・平坦、緩やかな登りでは
 シクロクロスバイクにはMTBでは不利。
・カテゴリー1の人たちの体力、テクニックは桁違い。



d0242696_2310315.jpg

d0242696_23121652.jpg

d0242696_23154737.jpg

d0242696_231129.jpg

今後のシクロクロスに対する進め方は検討中。
MTBのフレームも寿命かもしれないし、
新規にシクロクロスを購入するかは、
要相談。


シクロクロスから帰宅して、
トライアスロン復帰を目指して、
積極的に復活させている2部練へ。
時間の関係、精神衛生上、弥山へ。
夕日とのタイムトライアル。

間に合った。
d0242696_2317599.jpg

スッキリ。
d0242696_2317261.jpg

[PR]

by peperonci_no | 2015-03-15 23:20 | レース | Comments(0)  

ガチンコ勝負の弥山タイムトライアル[2015.02.22]

N氏企画の走行会が開催された。
N氏、ありがとうございます。

普段のトレーニングの場かつ癒しのルート、弥山登山道で、
自分との戦いにランナーが闘志を燃やした。

今回の走行会の合い言葉は"すべてぶっ壊す"で、
自分の身体が壊れてしまうくらい追い込んで、
普段感じることのできない限界を突破してみよう、というコンセプトで、
9人が集まった。
d0242696_2354289.jpg

最近整備が進み、登山者も増えているかもしれない弥山の登山道なので、
いつも以上に登山者、ランナーとのすれ違い時の配慮には注意が必要。
配慮のためのルールはN氏から事前にPRがあり、周知された。
幸い、当日は登山者とも1人も遭遇することも、トラブルもなく、
参加者みんながぶっ壊れた、素晴らしい走行会となった。

今回の走行会は、
修理免登山道の登山口をスタート、
弥山山頂をゴールとしたコースで、
過去の大会などのタイムなどから、
タイムの速い人が最後尾スタートで、1分間隔をつけて、
先行者を追いかけるようなウェーブスタート方式だった。
d0242696_23544142.jpg

1分という間隔が絶妙で、時間にすると短いような微妙な時間だが、
山の1分は結構離れる。でもちょっと手を抜いたりすると1分くらいすぐロスする。
前方、後方ともに気にしながら走る緊張感がたまらなかった。
d0242696_23544786.jpg

1分ごとのウェーブスタートで、先行者が順にスタートし、
自分の順番がどんどん迫りカウントダウンが始まり、緊張感が高まる。
d0242696_23545751.jpg

スタートして最初の斜面はある程度開けているため、
前の選手がどんなペースで登っていくのか、
どれだけ気合い入っているのかが見えて面白い。
d0242696_23545251.jpg


d0242696_2355145.jpg


私の順番もあっという間に来て、緊張の中スタート。
d0242696_2355777.jpg

目標はひとまず30分きりだった。

たかだか30分だが、今までの経験上、最初に飛ばしすぎると後半だれる。
自分の実力程度をキープしてテンポよく登ることを心がけた。

前方のKJ氏の姿はほとんど見えない。どこまで食らいつけるか。
d0242696_23551241.jpg

後方のAD氏の姿がチラチラ見え隠れする!やばい!
でも、自分のペースで黙々と進む。

途中、ともちゃん、かちゅう氏をパスするも、息が上がり、ろくに声も出ず。
結構限界ギリギリで登る。
3合目辺りから既にふくらはぎがピキピキいい始めたが、だましだまし登る。

前日の雨で足元はぬるぬるのところもあるが、
足場を選びできるだけロス無く進む。
走れる所は走る。

今日は自分への甘えを理由に歩いたりはしない。

何回か試走(?)をしているため、
あとどれだけという感覚があり、ペースの計算もなんとなくできた。

最後の斜面で前方にKJ氏の姿が見えた!
必死に食らいつく。

更に前方にはkimiさんの姿、そして気合のこもった声が。

皆、追い込んでいる。

最後の岩場、私も両手を着いてグイグイと登っていく。
心臓ばくばく、はぁはぁ。

文字通り、最後の力を振り絞ってゴール。
富士登山競走を思い出す感じ。
d0242696_23552722.jpg

目標を大きく上回る24分台。
やはり普段、自分に甘えてる。
そんな気はしていなかったのだけど。
d0242696_23553612.jpg


d0242696_23553258.jpg

山頂ではYTさんが歩荷してくれたコーラとクリフバーをいただいた。
ありがたや。

最終結果は、やはり盤石、N氏が22分台で1位。
d0242696_23563540.jpg

2位が私で、私以降からは24分台となる。
皆が、次回こそは22分台、と目をギラギラさせていた。

切磋琢磨というのはこういうことなのだろう。
これからも定期的に開催されるらしいので、
メンバーと刺激し合い、自分との戦い、楽しんでいきたい。
d0242696_2355413.jpg


主催のN氏、タイムキーパーのYTさん、Y氏、
参加者のみなさん、ありがとう。
お疲れさまでした。

[走行データ]
時間:24分7秒(手もとの時計)
距離:1.41km
累積標高差:472m上昇
心拍数:Max188、Ave176
消費カロリー:335kcal


今回のルートと、標高、心拍数チャートは以下。
d0242696_23554526.jpg


心拍数はスタートしてすぐ170を越えて、
ずーっと180前後を行ったり来たり。
最後の斜面で心拍数Maxを記録できたのは、
追い込めていた証拠だと思うが、
中には気管から血の味がした参加者もいたらしい・・・
そこまでは追い込めていない。
どちらかというと、ふくらはぎとかに先に来てしまう感じ。
・・・精進ですな。
[PR]

by peperonci_no | 2015-03-01 00:07 | レース | Comments(0)