<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

銀山街道トレイル調査その2、まとめ [2014.11.24]

その1のつづき。
d0242696_2321163.jpg

今回のトレイル調査の対象コースは、

鞆ヶ浦道で石見銀山へ、
石見銀山から温泉津沖泊道で沖泊へ。

鞆ヶ浦は銀の外港として使用されていたとされる要所で、そこから
要害山(山吹城跡)、石見銀山を経て、降路坂、中国自然歩道で温泉津、
鞆ヶ浦同様に銀の外港だった、沖泊へ。
沖泊から鞆ヶ浦は自走で戻る。


その1では鞆ヶ浦〜要害山の”鞆ヶ浦道”を辿った。
その2では石見銀山〜降路坂〜温泉津、沖泊の”温泉津沖泊道”を辿るコースについて、
詳細を報告し、さらに鞆ヶ浦〜沖泊のまとめを報告する。

温泉津沖泊道の詳細報告に移る。

要害山から峠まで下り、
更に軽快に銀山側の谷に下りた。

銀山に到着すると観光客や、ハイカーなど、
いきなり人が増える。

龍源寺間歩の方向へ進む。
銀山は紅葉真っ盛りでかなり綺麗に色づいていた。
d0242696_22591761.jpg

銀山の観光スポットには立ち寄らず、
d0242696_2259577.jpg

そのまま突き進み、降路坂の方向へ。

ハイカー?健康ウォーカー?らしき、
集団の先を行かせていただいた。
d0242696_230339.jpg

何やらイベント中。

舗装路はやがて細くなり、中国自然歩道っぽいトレイルへ。
d0242696_2365858.jpg

降路坂は標高300mくらいまではダラダラと走れる登りで、
d0242696_2312653.jpg

その先は峠の標高430mまで一気にガツンと上がる感じ。
d0242696_231495.jpg

私は結構脚に来てしまっていた。

峠で一息入れて、下りは快走。
気持のいいトレイルだ。

あっという間に舗装路に出る。
しばらくは舗装路のランが続く。

西田の長閑な集落の中を走る。
d0242696_2324569.jpg

こんなところに綺麗な棚田があるとは知らなかった。
しばらくしてまたトレイルの入り口あり。
d0242696_2325227.jpg

ここから登り基調でかなり走れる里山トレイルとなる。
d0242696_2331077.jpg

古の時代の石段の上を行く。

一旦清水の集落に出てまたロード。
軽トラ一台分しか進めない幅のロードを抜けると、
また中国自然歩道の看板に案内され山へ。

国道9号と山陰本線のトンネルを上から越えていく。
d0242696_2343927.jpg

最後まで走れるトレイルが続く。

ロードに出たらもう温泉津は目の前。
松山の住宅地のロードを抜け、体育館を過ぎてすぐ、
右折し、櫛島方面へ。
途中の分岐を左に下りていく。

ヘトヘトになりながら沖泊の集落を抜けると、
温泉津沖泊道の終着点、沖泊に到着。

世界遺産に認定された一部だけど、
石見銀山主要部分とは異なり、特に整備も進んでおらず、
d0242696_2332973.jpg

どこか寂しげ。

さて、私たちはここから7キロほど鞆ヶ浦へのロードを走らねばならない。
小休止し、あんドーナツの残りを頬張り、
重たい脚をぶら下げて再スタート。

松山の住宅地を来た方向へ戻る。
登りが全く脚が進まず、歩いてしまう。
不甲斐ない。

N氏は問題なさそうだ。さすが。

9号線は交通量も多く、トンネル通過は危険なので、
一本西側の峠道のような道幅の細いロードで鞆ヶ浦まで走って戻る。

脚に疲労を限界までためて終了。
d0242696_2334036.jpg


今回のコースの調査結果は以下。

・鞆ヶ浦道はトレイル率も高く、気持のいいトレイルが多いが、
 コースの看板だけではどこがコースなのか分からない部分があり、
 個人の敷地に侵入していないか冷や冷やする。
・要害山からの景色は素晴らしい。
・温泉津沖泊道はロード率がほどほど高いが、
 降路坂や、堂床山周辺のトレイルはかなり気持よく走れるし、
 ルートは明瞭。
・鞆ヶ浦道は追加調査が必要で、
 個人で行かれる方は少し覚悟が必要かもしれない。
 ただし、不明な場合は舗装路で迂回が可能なので、
 無理に正規ルートにこだわらなければ十分かもしれない。
・全体的に走れるコースなので、ランナーが楽しみ易いのかもしれない。
(私はランナーではない??)
・鞆ヶ浦道は看板の表示からすると、
 石見銀山から鞆ヶ浦へ向かう方向で利用した方が道迷いを避けることができそう。

結論)なかなかいいルートなのだけど、
   人を集めて走ってもらうには難あり。(特に鞆ヶ浦道)
   地図を片手に四苦八苦しながら進むのもなかなか楽しいよ。



個人的感想)
私の場合、長時間の行動でも歩きが入ると、
普段そんなにトレーニングしてなくても何とかなるが、
ランニングの割合が多いと、普段充実したトレーニングができていたり、
無駄の無いフォームとかが実践できていないと、脚に来てかなわない。

私には向かないコースだけど、
脚を積極的に壊したい人とか、
のんびり長い距離を楽しみながら走りたい方にはオススメかもしれない。

そういえば温泉津の温泉は今回パスしたが、
時間に余裕がある方は、
山陰本線を使ったりして、温泉もプランに入れるとより楽しめると思う。



[走行データ]
参考に石見銀山から沖泊までのデータを載せる。
時間:1時間43分
距離:11.3km
累積標高:398m上昇、545m下降


実は、沖泊から鞆ヶ浦への帰りのロードがなかなかハードだったことが
数値を見て納得。
アップダウンが少しあるかな、と思っていたら、
結構あった(汗)
時間:1時間14分
距離:7.14km
累積標高:239m上昇、233m下降


これらすべてを合わせて、

鞆ヶ浦〜要害山〜石見銀山
〜降路坂〜温泉津 沖泊〜鞆ヶ浦
時間:5時間0分(沖泊の休憩含まず)
距離:28.33km
累積標高:1397m上昇、1372m下降


今回のルートと標高は以下。
d0242696_2322311.jpg


再調査? うーん・・・誰か頼んだ!
[PR]

by peperonci_no | 2014-12-01 23:21 | 山行 | Comments(0)