<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

週末トレーニング-旅伏山、猪の目峠-[2013.02.16-17]

<2013.02.16>
金曜、夜遅くまで働き、
一週間の疲れが溜まり、土曜は昼前まで爆睡。

昼過ぎから、サクッと山に癒されに。
時間もあまりないので、旅伏山往復に行った。

d0242696_2110282.jpg


初めから旅伏山だけのつもりだったため、
タイムトライアルのつもりで、結構頑張った。
d0242696_21102465.jpg

途中から横殴りの雪になったが、22分40秒で到着。
今日の私にはこれが限界。

吹雪いたり、晴れ間が出たり、コロコロ変わる天候だった。
d0242696_21103296.jpg

寒いのでさっさと下る。

快調に下れた。
癒された。

[走行データ]
時間:34分
距離:3.8km
累積標高差:421m上昇


今回のルートは以下。
d0242696_2110531.jpg

d0242696_2111090.jpg


ここまでは山で癒されたい欲求のためで、
これでは脚には物足りないため、ジムに行き、
ここからがトレーニング本番。

トレッドミルで汗をかいた。

[走行データ]
時間:60分
距離:忘れた(8.5km?)
心拍数:Max194、Ave169
消費カロリー:821kcal

内容:3分40秒/kmまでビルドアップ×3本、傾斜15%で7分半までビルドアップ×2本


キロ3分台までのビルドアップに最近ハマっている。
久しぶりに脚に疲労が来て、
大満足な内容だった。



<2013.02.17>
伊豆70kmも近いため、
もともと北山往復の30、34?kmをして、
ここから徐々に負荷を落とした内容に変えて行こうと考えていた。

しかし、ニ度寝してしまったー!
おまけに、準備している間に気付いたが、
昨日のトレーニングで、ふくらはぎを傷めたか??

こりゃ駄目だー。ということで、
急遽、負荷まぁまぁで時間を短めの内容に変更した。

結局、大社〜猪の目峠〜鷺浦の往復にした。
d0242696_21103524.jpg


距離はまぁまぁだが、登り下りがあるため飽きないのがいい。
私には平坦のロードは「修行」であり、
ロードでも登りは「修行+楽しみ」があるため、続けられる。
d0242696_21104323.jpg


結構ふくらはぎにきたが、長引く感じではないので一安心。

これまた満腹となった。


[走行データ]
時間:1時間31分
距離:14.8km
累積標高差:575m上昇
心拍数:Max185、Ave165
消費カロリー:1077kcal


今回のルートは以下。
d0242696_21114050.jpg


d0242696_21152998.jpg


来週あたりにもう一度高低差のあるコースを走って、
伊豆70kmはいつも通りの感じで走ればいいかなぁと思っていたりする。
[PR]

by peperonci_no | 2013-02-17 21:32 | トレーニング | Comments(0)  

六甲トレイルランセッション -中級編??-[2013.02.09]

ぺぺろんちーのがトレイルランニングに虜にされて以来、
初めて表彰された!
苦節6,7年。苦節?そんなつもりはないが。

こんなのもらっていいのかいな。
d0242696_23194232.jpg

OSJトレイルランニングレースシリーズ20歳代の部で入賞した。
今は30代に突入しているため、最初で最後の入賞となった。
(いや、最後にしてはならないのだ・・・)
このような栄誉を授かることができるようにさらに励もうと思う。

さて、
努力系ランナーY氏が3月のチャレンジダイトレにエントリーしたこともあり、
前回の初級編??からちょっと距離を伸ばしたルートを走ることに。

私も3月に伊豆トレイルジャーニー70kmを控えており、
病み上がりの身体を徐々に温めて行くため、コースを選定した。

今回のコースは、六甲山。
d0242696_23195053.jpg


新神戸駅〜諏訪山公園〜大師道〜鍋蓋山〜市が原
 〜摩耶山〜アゴニー坂〜徳川道〜トウェンティクロス〜市が原〜新神戸駅


コースタイム7時間ちょっとなので、トレイルランなら3時間半くらいだろうと。

新神戸駅からスタート。
ジョグで身体を温める。
あっという間に諏訪山公園に到着。
アスファルトの登りを軽快に走って行く。
大師道、とても走り易い。
途中、二本松林道に出て、ロード出身Y氏はさらに軽快に。
d0242696_23144097.jpg

トレイルもとても走り易い。
Y氏がオーバーペースにならないように休憩を入れつつ、のんびりと。
のんびり行くとトレイルランの気持ち良さ倍増。
小休止のごとに身体は軽くなっていく。

鍋蓋山山頂はハイカーで賑わっていた。
おにぎり、白湯を補給して、スタート。

市が原への下り、ここからは六甲縦走路。
これまた走り易い。
ランシューで十分。

あっという間に市が原。
ここもまた小中学生で賑わう。

稲妻坂から摩耶山へ登る。
d0242696_23195636.jpg

走りを交えて登る。
Y氏ついてくる。
細かな起伏が気持ちいい尾根。
d0242696_23145167.jpg


摩耶山、掬星台に到着。
景色は格別。
d0242696_23201988.jpg


あんこ餅と白湯を補給。
風が冷た過ぎ。
汗冷えが酷いのでインナーを着替えた。
着替えた途端にぽっかぽか。

小休止した後、杣谷峠へ向かう。
時間短縮のため、峠はスルー、徳川道へ入る。

徳川道、日陰のため、雪がところどころ残っていたり、
大きな霜柱が立っていたり、氷柱ができていたり、
d0242696_2320475.jpg

今回の山行、気温の変化が大きかった。
ウェアリングはちょうど良かったと言える。

徳川道〜トウェンティクロスは平坦、下り基調で
快調に走れる。
Y氏に前を走ってもらったが、ちぎられそうだった・・・何とか食らいつく。
OSJトップランカー、必死です。

トウェンティクロス・・・二十渉というくらいで、
沢を何度かまたぐ。
d0242696_23201256.jpg


次第に走り易い林道になり、
見慣れた景色、市が原に到着。
ここからはコンクリートメインのハイキング道。
布引ダム、綺麗な場所で、
近所に住んでいたらランシューでトレーニングに走りにくるのになぁ。
d0242696_2320838.jpg


布引の滝を見て、苦手なコンクリートの下り。
あっという間に新神戸駅。

脚に疲労が来てる。でもそこまでの疲労ではない。
ちょうどいい山行だった。
Y氏も20km大台を突破し、大満足のようだ。
やはりY氏の実力・・・期待できるぞ。
(実はちょっと冷汗、でもまだまだ山なら負けへんでー)

[走行データ]
時間:4時間28分 (休憩とか写真とか撮っていたら1時間くらい予定オーバー)
距離:21.7km
累積標高差:1316m


今回のルートは以下。
d0242696_23202954.jpg

d0242696_23202499.jpg

コースの選定に協力いただいた、ドラさん、kumiさん、sabiさん、
ありがとうございました。


3月の伊豆70kmに向けてロング走をもう少し入れて行こう。
[PR]

by peperonci_no | 2013-02-12 23:57 | 山行 | Comments(0)  

松江北山トレイルラン(大平山〜枕木山往復)[2013.02.02]

気温が高くなる予想だったため、
久しぶりにショーツを引っ張りだしてトレイルを駆けた!
d0242696_05523.jpg

今回向かったのは、私は初めての松江北山。
ルートは大平山〜枕木山の往復。
N氏から行き先の提案をいただき、すぐ返答。
ちょうど行ってみたかったのだ。

遅めに出発したため、軽めのルートで、と思っていたが、
結果的には19kmのややハードな山行となって、満腹となった。


N氏とK氏と出雲から松江に向かい、
K氏行きつけのお店でブリトー(?)をほおばってから入山。
d0242696_034843.jpg

おっとのんびりし過ぎたぞ。
d0242696_035650.jpg


私とN氏は気合いのショーツ。
d0242696_05677.jpg

K氏はどこか変態を見るような目で見ていた・・・。
d0242696_051267.jpg


大平山への登りは、前回の先月の千羽海崖を思い出させるような階段地獄。
d0242696_051526.jpg

むしろそれより傾斜も長さもキツい!
途中、気持ちのよい竹林トレイルもあったりする。
d0242696_051926.jpg


風邪を引いている中でのランだったので(!)、かなり苦しい。

かなり疲れて大平山到着、日没も迫るため、先を急ぐ。
大平山から枕木山まで7kmくらいとの標識あり。
ん〜今日は遠く感じる。

大平山からしばらくはとても走り易いルート。
かなり気持ちいいはず。
私は体調悪く、エンジンまだまだかからず。
さっき食べたブリトーが口から出そうだー。
ブリトー作戦にハマったか!?

しばらくすると、舗装された林道に出る。
d0242696_052342.jpg

これじゃートレーニングじゃないですかー、
なんていいながら、二人で黙々と走る。

ようやく脚が動いてきたか?
ん〜まだまだ。

日本海からの風が寒過ぎて、
めずらしくウィンドシェルを羽織りながら走る。

枕木山はどこなんじゃーどこなんじゃー、
ロード長過ぎるだろ〜と文句をいいながら、走っていると、
結局一番遠くでした・・・。

枕木山の山頂を探していると、ん〜確かに地図上はここなんだけどなぁ。
完全に林の中で、横には電波塔!!景色ないし!
d0242696_053356.jpg

一応やけくそで記念撮影し、Uターン。

またまた舗装林道を文句をいいながら走る。
d0242696_053735.jpg

遠い、遠い、と。

トレイルに入ってようやくエンジンがかかってきたか?
遅過ぎやしないか?

びゅんびゅん飛ばせたのはここの数キロ。
それでも気持ち良さに声をあげます。
d0242696_085483.jpg

しかし、次第に疲労が溜まり始め、
大平山はまだかまだか状態。

西日が差し込む中、大平山到着。何だかほっとした。

K氏と合流し、ここからは階段地獄下り編。
d0242696_06096.jpg

長い、とにかく長い、そして急。
途中、K氏が大転倒・・・大丈夫かいな。

何とか大丈夫ということで、
そこからはかなりいいペースで夕日を横目に疾走。
d0242696_061091.jpg

いい気持ちで最後を締めくくれた。

[走行データ]
時間:3時間05分
距離:19.0km
累積標高差:1002m上昇


今回のルートは以下。
d0242696_062819.jpg

d0242696_063053.jpg


今回、体調も悪く、トレーニング不足ということ、と
あと、寒かった!(ショーツのせいではない)ため、
帰りの温泉が気持ちよ過ぎて、もうたまらん!な状態だった。

あ〜満腹満腹。

もうロードはうんざり〜と思った山行だった。
あと、ゆっくり身体を休めて治しましょう。
とほほ。
[PR]

by peperonci_no | 2013-02-04 00:12 | 山行 | Comments(0)