<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

一人トライアスロン [2012.04.21]

湯梨浜トライアスロンまであともう少し。
スイム、バイク、ランそれぞれのトレーニングは実施しているが、
すべてを組み合わせた時の疲労を経験したことがないので一度経験しておくことに。
バイクとラン、もしくはランとスイムの
2種の組み合わせは経験したことがあるが、3種はない。

3種の構成は以下。オリンピックディスタンスにはやや不足。
そこまで考えてなかった。

1)スイム : ジムのプール 1250m
2)バイク : ジム〜日御碕往復 35km
3)ラン  : ジム〜島根ワイナリー方面5km往復 10km


汗まみれの内容を綴る。

1)スイム 1250m→28分
ジムのプールで本番を意識してアップ無しでいきなり1000m泳ぐことに。
普段は50m数本をに15秒程度のレストを交えて泳いでいるが、
今回は長く1本なので、のんびりとスタート。
意外と調子がいいので、500mを過ぎてペースアップ。
ペースは落ちず、結局20分で1000m泳げた。
結構自信になると同時に
その日の体調でスムーズに泳げるかどうかが左右されそうで恐ろしくなる。
数秒のレストの後、250mをダウン。

ウェットスーツではないので、当然水着から着替える。
いわゆるトランジションだが、身体を拭いたり着替えたりで20分もかかった。

今回はトライスーツでバイクとランに挑むことにした。
幸い気温が20℃以上あり、アームカバーをしていれば快適だった。

2)バイク 35km→1時間32分(乗車時間:1時間15分)
久しぶりのロードバイクだったが、快調だった。
出雲大社を過ぎて海沿いの道は気持ちよかった。
信号もなく漕ぐだけ。
程よいアップダウンであっという間に日御碕に到着した。36分。
Averageで30km/h出せている。久々にしては充分だ。

日御碕でトイレ休憩し、引き返す。

帰りの海岸線は下り基調で路線バスの後ろに続く車列を追走。
出雲大社からは島根のザ・向かい風に苦しめられる。39分。

距離が短いため、特に筋肉、関節へのダメージはなかったが、
やはり疲労は結構たまっていたようだ。

3)ラン 10km→1時間03分
タイムは決して速くないが、
信号待ち等があったことを考えれば、結構満足。
後半は5.20min/km前後で走れていた。

レッドブルと、梅丹サイクルチャージを注入しスタート。
走り始めはとにかく身体が重く感じた。
これがトライアスロンか・・・なんて一丁前なことを考えたり。

5km走った所で折り返し。
ここまでは調子が上がらず、6min/kmを切るくらい。
6km過ぎからようやく身体が動き始めて、ペースアップ。
5.20min/km前後で走れる。フォームも安定。
ジムの周りをぐるっと回りスパート。
駐車場に到着。

一人トライアスロン、終了。
満腹になれた。

スイムからバイクへのトランジションや日御碕でのトイレ休憩を入れても、
13:00から16:30の3時間半でオリンピックディスタンス(ちょい不足)を完走。
手応えあり、の一日だった。

気合いが入って、つい追い込み過ぎて、
終了して風呂から出てもオーバーヒート気味でのぼせ状態。
心拍数も高いままで困った。
次やるときはほどほどに追い込もう。

でももう少しランは速くなりたい!


'12年4月の累積データ
・swim:3200m
・bike:35km
・run:120.67km

[PR]

by peperonci_no | 2012-04-22 00:44 | トレーニング | Comments(4)  

宍道湖一周ランのはずが。 [2012.04.14]

休日出勤した土曜、午前中で仕事を終わらせ、
午後からはフリー。
天気は晴天。
d0242696_2340377.jpg

これはやるしかない。

「ウルトラマラソンマン」に影響され、
ちょうど30歳を迎えた日に何かしたいと思っていたので、
ロードが苦手な私、少し遅めに出発して、夜通し走ることができたら、
何か得るものがあるのでは?と思い、そんなに準備もせずに出発。

宍道湖一周が50kmということなので、50km走る!と決めて自宅をスタート。

14:30頃出発。

しばらくして、ようやく気付いた。
自宅から宍道湖畔までが遠いではないか!
実際10キロ以上はあった。
このままでは宍道湖一周+自宅往復で、予定していたより長い、70kmとなる。
これまで、オフロードで50kmまでしか行動したことのない私。
なおかつ、完全に週末にしか走れていない状況で、
いきなり70kmはやばい。脚壊れる。
かなり弱腰になる。(てか、50kmだけでもかなり大それたこと)

出雲市を抜け、松江市に入る頃、まだ10km少々で
気持ちはかなり沈んでいた。
身体はかなり重く、脚もカチカチ。

コンビニで休憩を入れつつ走っていると、徐々に硬さがほぐれてきたか、
フォームも安定し、快調に走れる。
玉造温泉に着くまでは、9号線沿いで景色も面白くなく、
走っていてもそんなに気持ちよくなかった。

玉造温泉を過ぎてからはまさに「宍道湖畔」を走っているという
風景になり、気分も上がってきた。
d0242696_2340839.jpg

自宅から33.5km、松江市街地に到着。

県立美術館近辺〜大橋はいい雰囲気。
夕焼も見れた。
d0242696_23401188.jpg

d0242696_23401355.jpg

正直、20kmくらいの時点で、
松江まで着いたら電車で帰ってこようかな、とか考えていた。
でも、33キロ走って、意外と脚に問題なさそうだし、
「走ること」が気持ちよくなってきて、
行ける所まで行こう、もっと走りたい、という気持ちになった。

自宅までは松江市から平田経由で35kmくらいある。
さすがに、まだまだそれはやりすぎ、と思い、
まずはあと15kmの50kmを目指すことに。

問題は50km走った後の帰宅の手段。
一瞬、終電を逃して、無理矢理自分の脚で走って帰宅するように仕向けることも
頭をよぎったが、いくらハイになっていたといえども、理性はあった。

iPhoneで一畑電鉄の終電の時間と、最寄り駅までの距離、そこまでの所要時間を
計算し、終電に間に合い、なおかつ50km走れるポイントを必死に探した。
(必死になるポイント違うだろ!)

結局、一畑口の手前の伊野灘まで頑張ることに。

日が落ちて、40kmを過ぎても、親指の付け根に痛みはあるものの、
脚はまだまだ動く。
d0242696_23401668.jpg

これまでずっと6.00〜6.20min/kmでのんびり走っていたからか、
筋肉へのダメージは余りなかった。
フォアフットで走る余裕はまだある。気持ちがイイ。

この時間にこの場所を走っているのは私だけだろうな〜しかもヘッドランプ点けて。
d0242696_23401841.jpg

そんな事考えながら真っ暗な道を息を白くしながら走る。
星が綺麗。

気持ちいい。

下半身は3インチのショーツだが、
上半身はさすがにウィンドシェルを着て、ちょうどいい。
手がかじかむほどではない。

21:20過ぎ、約7時間で50km到達。
コンビニ休憩をかなり要して、経過時間としては時間がかかったけど、
スピードとしてはあまり落ちることもなくコンスタントに刻めた。

伊野灘駅から一畑電鉄の終電に乗り込み出雲市駅へ。
50km走った達成感と、あと20km以上の自宅への道のり、
実は走れたのでは?もう少し突っ込んだ方が良かったのでは?
帰りの電車の中で自問自答。

答えは出ないので、次回自宅をスタート、ゴールにした
70kmの宍道湖一周を何とか成し遂げよう!と決めた。

出雲市駅から自宅への道のり、寒いので、走った。
親指の痛み以外はまだまだ走れる。6.00min/kmくらいで。
なんだ、結構オンロードでも行けるじゃん。と思ったのでした。
尚更、50kmで中断してしまったことが残念。
でも、これはこれで、自分の記録を塗り替えたことに間違いはないので、
今回の脚の疲労を糧に次の目標に挑もうと思う。

今回のルートは以下
d0242696_23402197.jpg


今回の補給のメインは以下。
CLIF BAR、いつものスニッカーズ、そして新入り「TWIX」。
d0242696_2340681.jpg


その中でも、今回の発見は「TWIX」というお菓子が最高。ということ。
味もさることながら、他の高カロリー食と比較して、
食感がいい!飲み込みやすい。
ウェハースとキャラメル状のものが合わさってチョコレートでコーティングされている。
サクサク、ねばねば。
スニッカーズと比べてもTWIXはかなり食べやすい。
2本に別れているし。
パワーバーなんかと比べたら別次元。
なにしろ美味しい。すぐ口の中から消える。

今回の総摂取品目は、CLIF BAR1本、スニッカーズ1本、TWIX2袋、
Burn1本、RedBull2本、Shotzのタブレット入りドリンク500ml×3本だったかな。


'12年4月の累積データ
・swim:750m
・bike:0km
・run:100.59km

[PR]

by peperonci_no | 2012-04-15 23:43 | トレーニング | Comments(4)  

出雲北山縦走トレイルラン [2012.04.07]

近所の山も春を迎えたということで、
久しぶりに出雲北山を縦走してきた。

前回は昨年の4月だったような気がする。
出雲に移り住んで半月もせずに、まずは!と北山縦走をしたことを覚えている。

コースは、
旅伏山登山口〜旅伏山〜伊努谷峠〜鼻高山
 〜矢尾峠〜天ヶ峰〜大黒山〜遥堪峠〜鈴谷峠
 〜極楽山〜樽戸峠〜鼻突峠〜弥山〜弥山登山口
今回はこれにオンロードの復路13キロを追加した。

(昨年走った時は結構ヘロヘロだったので、
観光ついでに一畑電鉄で帰ってきました。)

前日仕事が夜遅かったので、のんびり寝ていた。
山行開始が昼過ぎとなったため、日没までに下山できないかもな〜と、
何となくナイトランの気持ち、装備の準備もしておいた。
それに加えて、STYも近づいていることだし、装備重めにしておくか、
と、適当に普段ふらっと走る時には持たないものなども携行した。

昼過ぎに山行開始。

単調な木段などで一気に高度をあげるため(Asc409m)、
旅伏山までの登りが一番キツい。毎回思う。
縦走なので抑えめで進む。

各ポイントまでの経過時間、距離、区間の標高差は以下。
d0242696_23273223.jpg


旅伏山山頂)
景色はまぁまぁ。少し曇り空。
あまり休憩せずにエネルギーと水分補給だけして先へ進む。

ここから鼻高山までは割と走りやすい。
d0242696_23291064.jpg

一番走りやすい区間かもしれない。
その先はアップダウンが頻繁に繰り返す。
いつもは結構走りやすいな〜と思っているが、
この日は数日前の防風の影響か、倒木が多く、
ショーツ生脚の私はやや手こずった。

伊努谷峠)
ここまでが長く感じる。
鰐淵寺へは下りずに鼻高山へ向かう。
出雲北山には3つくらい急登があるが、
そのひとつが現れる。
あまり飛ばしすぎず坦々と進む。

鼻高山)
景色は相変わらず曇っている。
鼻高山の山頂でちょうど会社から電話が入り、対応。
現実と非現実の競合。いやいや両方現実だ。

5分くらい電話し、矢尾峠へ下る。
急登があるということは急降がある。
ここの急降はかなりのもの。(この先にもあったかもしれない。)
d0242696_2333429.jpg

自分で言っては何だが、走って下るにはかなりテクニックが必要。
すべって尻餅を付きやすい。

矢尾峠)
そこそこ登る。
遥堪峠へは尾根の上で分岐したり、
尾根を少し外れたりするルートがあるので、
注意が必要。「北山TR→」の看板も飛んじゃった?

遥堪峠)
北側の鰐淵寺へのルートは走りやすそう。
西へ直進する。
万ヶ丸山をスルーするルートを通り、
あっという間に鈴谷峠へ。

樽戸峠)
緩やかに開けた地形を登っていく、
尾根を外れたり、いろんなルートを通る。
d0242696_23352637.jpg

急登を登り、極楽山。
極楽山からの下りはかなり急!ここが一番急!
スリップして尻餅付きやすい!
私はそれはそれで楽しんで下る。
Kilian's Questの様な気分。

鼻突峠)
なだらかなシングルトラック。
ここもなかなか気持ちよく走れる。

弥山山頂)
鼻突峠からすぐ、ロープがかけられた岩場、
d0242696_23362115.jpg

そして、縦走路一番の急登!(もはやどこが一番かわからない。)
三角点に到着し、しばらく進むと、
弥山独特の岩場の道となり、景色が開けて、思わず脚を止める。
d0242696_2335568.jpg

もう弥山山頂はすぐそこ。
d0242696_23373363.jpg

ちょうど日が落ち始めて綺麗な景色が拝めた。
d0242696_2338445.jpg


d0242696_23401247.jpg


d0242696_23413132.jpg

写真をパチパチ撮り、身体も冷えてきたので、(18分も休んでいたようだ)
下山する。

足首の具合も気になったので慎重に下る。
防風の影響と近年の鹿害の影響で倒木が目立つ。
d0242696_23422471.jpg

今回も結構脚に生傷つくっちゃいました。

弥山独特の砂礫の崩れやすいトレイル。
私は結構好きですが、脚を取られやすいので尻餅、滑落?注意。

細かなステップで減速、バランスをとり、
気持ちよく下山。弥山山頂から18分。あっという間。

長々と書いたが、記憶は曖昧。
ところどころ場所が間違っているかもしれない・・・。

帰りは13kmのアスファルトラン。
夕日を背に気持ちよかったが、
暗くなり始めてからは、気温5℃。
ショーツでは寒い。
ウィンドシェルだけ着て我慢。

大腿四頭筋をストレッチしているとハムストリングがぴくぴくと痙攣。
初めての経験でびっくり。

足首も痛いので6分半/kmのスローペースでのろのろと帰還。
13kmに1時間44分もかかってしまった。
アスファルトがやはり苦手だ。

トレイル15km、ロード13kmの計28kmしか走っていないのにこの疲労。
ますますSTYが不安になったのでした。

今回のルートは以下
(GARMIN Connectのタグが入れられないため画像とリンクで。
 旅伏山の先の三角点までは衛生の捕捉ができていなかったためログ無し)
d0242696_23455420.jpg


下りの様子を動画にしました。


'12年4月の累積データ
・swim:750m
・bike:0km
・run:50.59km

[PR]

by peperonci_no | 2012-04-08 23:49 | 山行 | Comments(3)  

3月トレーニング総括

3月のトレーニングはどうだったでしょうか?
Jognoteから引っ張ると、
d0242696_2244147.jpg


月間走行距離
Swim:4.6km
Bike:0km
Run:125.28km


自分にしてはまずまずのトレーニング結果だと思う。

ただ・・・


まずいことに、そもそも目標設定を忘れていたことに月末で気付いた。
如何に無計画にトレーニングをしていたか。
もともと3月、4月は仕事が忙し過ぎてトレーニングどころではないだろう、
と思っていたため、目標もあえて設定していなかった模様。
結果的にはのびのびとトレーニングする形となった。
でも目標設定は大事だ。

やはり平日、会社の諸事情により残業無しで帰ることができたため、
走行距離は自然と伸びている。
早く帰宅できれば自然、走ることができる。

でも、これは自分への甘えでしかない。
いくら仕事で忙しくても時間を作って走る人は走る。
特にトライアスリートは。そう言った意味でも鉄人。
特に某トライアスリートは早朝起きて20kmくらい軽く走ってしまう。

トレーニングの質とかも大切だと思うが、
時間をいかに作るか、トレーニングをするための環境作りをするか、
そんなところが大事だと最近はよく思う。

そんなことを意識してSTYだったり、
6月の湯梨浜トライアスロンを迎えられたら良いと思う。

4月の目標を設定する。
今回はかなり強気の目標設定。
Swim:8.0km
Run:150km
Bike:50km


Bikeがゼロとかやはりやばすぎるので50km入れておく。
やはりRun中心で。
夜グダグダしている時間をRunに回そう。



ところで、先日購入した、Patagoniaの今シーズンのNewモデル。
「ストライダーショーツ5"」
d0242696_22352183.jpg

近所を走るのに使ってみました。

さらっとした履き心地で、数年前のLong Haul Runnerショーツと
同じようなシルエットのデザインだが、若干生地が薄い?気のせい?

脚上げの妨げになることは皆無。
ポケットは付属していない。

夏の縦走トレランとかが楽しみです。
[PR]

by peperonci_no | 2012-04-01 22:38 | トレーニング | Comments(2)