<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

大山BC 弥山山頂〜7合沢 [2012.03.25]

今シーズンの目標のひとつだった、
冬期伯耆大山の山頂(弥山)を踏むことができた。
それに楽しすぎる宴会とこの時期には珍しい激バウがおまけとして付いてきた。
(もはや、おまけではない!)

土曜の夜、大山南光河原駐車場奥で宴会をやるとの情報があり、
ジムで一汗かいた後そのまま大山町へ車を走らせた。

naokiさんが用意して下さったGoliteのシェルター内で雪中宴会。(感謝!!)
私が到着した頃には既に出来上がった方達で盛り上がっていました。
d0242696_23454339.jpg

濃密な夜を過ごし、2時前に車で就寝。
上下インサレーション+夏用シュラフ+シュラフカバーで快適に眠れました。

夜が空けると、予報に反して天気がいい!
d0242696_23453084.jpg


7時頃、起床。
yamasukeさんも合流し、いざ大山へ!

本日のメンバーはnaokiさん、音亜さん、(ま)さん、yamasukeさん。
前夜宴会参加のりをんさんはゲレンデ修行へ向かわれました。
d0242696_23461948.jpg


連日の気温の上昇、降雨により、夏山登山道はかなり下部からカリカリ状態。


4合目くらいからアイゼン装着。
d0242696_2349372.jpg


5合目くらいで音亜さんとお別れ。

6合目くらいまで上がっても意外と天気がいい。
d0242696_23503032.jpg

d0242696_23511078.jpg

雪面の状態も良さそう!
これは期待できそう。

天候も良く、時間的にも問題なさそうなので、山頂へ向かうことに。
駄目だと思っていたので、願ってもないことだ。
d0242696_23514249.jpg


d0242696_23521450.jpg

8,9合目は新雪も強風で吹き飛び、カリカリ。
平らだからいいが、やはりアイゼンは必要だ。
d0242696_23534526.jpg


念願の山頂に到着。


風が猛烈に強い。そして寒い。
撮影を済ませ、避難小屋横で風を除けながら滑走の準備をする。

山頂からはなだらかな斜面を滑走。
華麗に滑りたいが、カリカリバーンのため慎重に。
こんなの初体験。
d0242696_23544074.jpg


7合目まで下り、7号沢からドロップ。
直下はかなりスティープなので下手くそな私には無理。
いきなりこけまくり。

やや斜度が緩くなってきた部分でようやく気持ちよくパウダーを味わうことができた。
他の方達もこの時期のパウダーに驚きつつ楽しんでおられた。
d0242696_23552714.jpg

ブナ林も楽しいが、下手くそな私にはやはり広い斜面がいい。
d0242696_03815.jpg


d0242696_0112890.jpg

調子に乗ってこけまくって、雪まみれ。

元谷に近づくとところどころカリカリ、注意して滑る。
堰堤を越え、林間を滑り、大山寺に到着。
到着する頃には脚はパンパン。
充実した山行でした。


今回も皆様、ありがとうございました。
写真の一部はnaokiさん撮影のものを載せています。
ありがとうございます。

今回のルートは以下
(GARMIN Connectのタグが入れられないため画像とリンクで)
d0242696_062680.jpg



手抜きVer.で動画を作りました。
強風の様子、カリカリ具合をお楽しみください。

[PR]

by peperonci_no | 2012-03-28 00:18 | スキー | Comments(0)  

OSJ新城トレイル32k [2012.03.18]

会社が連休だったこともあり、
思い切って中国山地を越えることにした。

久しぶりのトレイルランのレース。
久しぶりのウキウキ、ワクワク。

でも山全然走ってない。ガーン。

さて、今回は2年ぶりの新城32k参加。
新城は4回目の参戦となる。
昨年は大震災で開催中止。
一昨年は足首を故障して大事をとってショートの参加。
3年前には、初めてのオーバー30kのレースとしてエントリーしていました。
4年前は本格的なトレイルランのレースデビュー。ショートで参加。
ボロボロでした。

3年前の32k参戦の日記から抜粋・・・
・・・急登!この辺から大腿四頭筋がおかしくなり始める。
・・・前半の下りで飛ばしすぎたせいか、痙攣を繰り返す。
・・・心拍数上がらないのに痙攣でスピードが上げられない。
・・・下りを飛ばした後は足が棒になり、普通に歩くこともままならない。
・・・ゴール地点が見える。もうフラフラ。
・・・意識朦朧、山を抜けアスファルトに出る所でつまづいて転倒。
・・・親指の皮がペロ!出血。最後にこれかよ〜。
・・・タイム : 6時間56分 ギリギリ7時間切り!  316位


結論、3年前は、ボロボロの状態で何とかゴール、だった。
まだまだロングと言われるレースを走る脚力も
レース運びの仕方も分かっていなかったように思う。
大好きな下りでは何も構わず飛ばしていた。
(もっとも、今や32kはこの業界では距離的にはショートの部類だ。)


果たして、3年間でどれだけ自分が成長したのか!?
そんなところも気になっていたレースでした。

結果としては、
5時間39分!
103位! (700名以上のエントリー者数)

今までで一番好成績?!

そして、ほぼ自分の思い描いていた通りのレース運びができて、
力を出し切ってゴールできた!

大満足。(こんなに結果に満足するレースはここ数年なかった)




レースの各区間で振り返ってみる。
d0242696_12415350.jpg


d0242696_12415731.jpg



A:スタート〜登山口
d0242696_11545171.jpg

毎年渋滞がつきものなのは分かっているのだが、
みんな速そう見える。
スタート時にはどうしても前方には並べない。
d0242696_11545239.jpg


結局、渋滞回避のために後方からごぼう抜きして体力を消耗してしまう。
2.5kmくらい林道を結構ペースを上げて走る。

いつもよりやや突っ込んで走ったせいもあり、
3年前より前方につけることができた。
3年前は登山口で7分間ピタッと停まっていた!!
今回はほとんど停まらずのろのろと動き出した。
d0242696_1154556.jpg

d0242696_11545276.jpg

既に息が上がって苦しそうな選手もいる。
私は前夜のアルコール大量摂取が効いたのか(!!)
調子がいい。そんなに心拍数は上がらない。
行けそうだ。そう思った。

B:最初の山区間〜東尾根〜亀石の滝の登り
ここは我慢した。
辛さを我慢するのではなく、
無理して前に出ることを我慢した。
楽しく走れる区間もあるが、我慢した。

前方が相当遅いとき以外は、前の選手に歩調を合わせることにした。
登山口到着時の順位が割と上位なので、
周りの選手のペースもちょうど良い感じだった。
登りでも抜けるかな?と思うタイミングがあったが無理はしなかった。
後半の脚を残すことを意識した。
d0242696_11545491.jpg

亀石の滝を過ぎた登りからは、
前半を飛ばし過ぎた選手が脚を止めてストレッチしたりしていたため、
自然と順位は上がった。
d0242696_11545554.jpg

九十九折の登りや緩斜面では軽く走る余裕すらあった。
トレッドミル傾斜15%ランの効果あり!と思いながら坦々と走る。

とにかく無理せず。


C:宇連山分岐下〜宇連山
ここも我慢。
ここが一番急登。そしてずーっと続く。
この登りでは他の選手もかなりきつそうだった。
脚を使わない登りを意識した。

トレラン雑誌などでよく取り上げられる、
手で膝を押すスタイルが本当に役に立った。(滅多にしない)
脚を使わずに済んだ。そしてペースが一定に保てる。

例年よりも割と楽に宇連山分岐に着くことができた。(もちろんキツいはキツい!)

分岐のエイドを過ぎて登っていると、
トップの近藤選手(ぶっちぎり優勝)とすれ違った。速すぎる。

D:合流地点〜林道
合流地点で順位を告げられる。
自分は140位か141位だった。これは期待できそう。

レースも半分を過ぎ、脚に疲労も溜まってきた。
下りが結構キツくなってきた。
ここでも無理して突っ込まず、ピッチを上げなかった。
林道は辛かったがほぼすべて走ることができた。
これもトレッドミル15%ランや前半脚を温存していたことによる。
林道はクロスマウンテンマラソン王滝を思い出すガレ場。
d0242696_11545739.jpg

クロスマウンテンマラソンの方が楽だな〜とか思いながら走る。
途中のエイドでは塩を大量に舐める。

E:林道終わり〜細かなアップダウン〜宇連山分岐
初めはこんな様子だが、
d0242696_11545997.jpg

ここからが一番キツい。
それが分かっているだけよかった。
3年前はこの登りで何度も脚を止めた。
今回はノンストップ。

ここは気持ちのいい下りと激登りが連続する区間。
心が折れそうになる。
心が折れないように脚を使わないように、
本当はかっとびたい下りでセーブする。
ここの下りで何人かに抜かれる。マイペースを守った。
というかペースを上げられず。かなり疲れていた。

まだかまだかと思っていると登りの終わりに到着。
我慢は終わった、とも思った。

宇連山分岐まで前の選手に合わせて下り、
最後のエイドで水を飲み、シューレースを締め直して気持ちも締め直した。

F:激下りだけかと思いきや登りもある
ここからはほぼ下りなので、
温存などはおかまい無しで、ぶっ飛ばして下った。
(ゴールの順位からすると30人くらい抜いた?)

下りはウェットでやや危険だが、かなり調子よくピッチを上げて下ることができた。
d0242696_1503142.jpg

途中の細かい登りは何とか小走り&膝押しで登れたが、
さすがにぶっ飛ばし過ぎで心拍数も跳ね上がり、脚も痙攣間近、
富士登山競走かってくらいフラフラだった。
長い登りは地面、岩に手を付いて這って登った。
でもここでも折れずに這ってでも登れたことが、今日の調子の良さの表れだった。

何とか最後の看板まで辿り着けた。

G:本当の最後の下り。
「あと30分」の看板がいつも迎えてくれる。
下りのランで言えば、10〜15分。
時計を見ると何と5時間半前後。
目標の6時間は切れる!あとは出し切るだけだ。
でも既に下りの筋肉もかなり使い切っているため、
思ったより飛ばせない。
脚は痺れ始めていた。
最後に水をがぶ飲みし、ハイドレーションを空にした。

前方の選手もかなり速い。
パスすることができない。
体幹が疲れていて、
九十九折のコーナーでスピードを上手く載せることができず、
減速してしまう・・・。

キャンプ場の敷地に入りスパート!
スパートできていることは嬉しかった。
脚は何とか持ってくれた。

やりきったー!
ゴールゲートをくぐる際、ガッツポーズが出ていたと思う。
d0242696_1521361.jpg



d0242696_1155846.jpg


チームぴれきちの他のメンバーは既に風呂から上がってさっぱりされていた。
ここのレースはある意味、如何に早く風呂に入るかがステータスなように思える。
光栄なことに、今回見事に入賞されたトップランナーのナオさんと記念に。
d0242696_1155072.jpg


今回のギアはこれ
多くの参加者がサポートタイツや膝のテーピングをする中、
タンクトップと生脚ショーツで挑んだ。
ノースリーブ自体着ている人がほとんどいなくて、
二の腕を出しているのは上位の方々がほとんど。
大したタイムじゃないのに気合い入り過ぎていて、
ちょっと恥ずかしい気もしましたが、
アームカバーしていれば寒くないし、
走れば暑くなるし、腕振りは楽だし、
ウェアリングはちょうど良かった。
シューズはmontrailのログレーサー。
ウェットだったが、気をつけていれば岩場でもガンガン下れた。


行動食は、
・水1L → ハイドレーション すべて消費
・カーボショッツ3本 → ソフトフラスコ ほぼすべて消費
・梅丹サイクルチャージ3本 → ボトル ほぼすべて消費
・塩熱飴1個 → 消費(効果は不明)
・各エイドで水を一杯ずつ、塩をひとつまみ。

今回は電解質系の水分補給は敢えてせずに挑んだ。
こまめな水分補給と塩の摂取、そしてスピードを抑えることで、
足の痙攣はなし。


ハセツネ上位のdaniさんやOSJフル出場のたなべさんや、
関東の有名ハイカーのcossyさんなどとお話しさせていただいたり、
今回はいろいろと得るものが大きかった大会でした。
島根も楽しいけど、どんどん遠征したいと思いました。

でもさすがに往復1120kmの運転、一人ではキツい・・・。


今回走っている最中、割と余裕のあったところで、動画を撮りました。
↓↓↓↓

[PR]

by peperonci_no | 2012-03-20 12:49 | レース | Comments(4)  

山陰てれまくりin大山(勝手に開催)[2012.03.11]

BCでお世話になっているyamasukeさんと
念願かなってゲレンデセッションしてきた。
d0242696_0105128.jpg

普段はゲレンデでは一人で黙々とトレーニングしている私。
テレマークスキーでゲレンデセッションってひとつの楽しみ。
他の方の滑りを間近で見ると非常に参考になる。

yamasukeさんはBCでは太板をメインで滑られている。
テレマークも滑るとのことでしたが、今回がその姿を拝見するのは初めて。
人の滑りが非常に気になってしまう。自分の滑りももちろん。
これはテレマークスキーヤー皆に言えることだと思う。

こんな珍しい機会なので、勝手に「山陰てれまくりin大山」とか言って、
コソコソと盛り上がっていました。二人だけで(笑)

来年は少しだけ人数が増えそうですよ。

参加者はyamasukeさん
d0242696_0105892.jpg

そして私
d0242696_0105810.jpg


今回のてれまくりの内容は、
・ゲレンデセッション
・ぺぺろんちーの氏によるDVDから得たトレーニング方法レクチャー
・フリー滑走の動画撮影
・コブ斜面滑走の体験会(2人でワイワイ滑っていただけ)
・パレード滑走(2人だけ)

何とも寂しい内容ですが、
当人たちは非常に楽しんでいました。

d0242696_011038.jpg


d0242696_01148.jpg


d0242696_0111142.jpg


d0242696_0105673.jpg



d0242696_0111379.jpg


d0242696_011873.jpg


d0242696_01171.jpg



d0242696_011337.jpg

2人とも自分の滑りに対する課題なども明確になり、
有意義なイベントだったかと思う。

今回のイベントをまとめた動画は以下 ↓↓↓


また来年お会いしましょう。
興味のある方はコメントください。
イベント企画はしませんが、セッションしましょう。
BCもね。
[PR]

by peperonci_no | 2012-03-13 00:18 | スキー | Comments(2)  

奥大山BC [2012.03.03]

急遽、奥大山スキー場を起点としたBCツアーに参加。
前夜のナオキさんまっちゃんさんの呼びかけに
あくまで「偶然」遭遇したという体で集合。

この日は予報どおり山行ができないほどではないが、天候は優れず、
雪質も最悪(最高に難しい)な状況だったが、
結果的には、これはこれで楽しめた、という山行となった。

メンバーは
スノーボードのナオキさんと、
テレマークスキーのまっちゃんさんと、
テレマークスキーの私。
d0242696_0371711.jpg


ナオキさん、まっちゃんさんはBCの経験豊富で、
今回も学ぶことが多い。
実際にフィールドに出て分かることが多くて、また刺激が多い。
これだからやめられない。


奥大山スキー場の奥からアプローチして、キリン峠を目指す。
d0242696_0345587.jpg

なだらかな樹林帯をシール登行。
おしゃべりしつつ進みます。
d0242696_037513.jpg

これだけ広々とした地形をシール登行するのも久しぶりで、
山スキーしてるな、って感じ。
d0242696_0381622.jpg

d0242696_0362425.jpg

高度を上げるとガスも多くなり、尾根の上部の雪は風で飛ばされ、
カリカリに凍った部分が。
今回はアイゼン無しだったし、これ以上進んでも展望は良くないということで、
鳥越峠へトラバース気味に進路変更。
d0242696_0424571.jpg


トラバース途中、滑りたい斜面はたくさんあったが、
結構テカテカに凍っている。
鳥越峠脇から北側へドロップ。

今回のコンディション、モナカ雪の上に数センチ新雪が積もっている状態。
板が刺さってすぐ転倒。私が下手なせいではない、はず。

下部で昼食をとり、鳥越峠へ登り返す。
d0242696_0475254.jpg


d0242696_0481175.jpg

鳥越峠で記念撮影。
d0242696_0521379.jpg

雪庇の脇を通り、南側の斜面にドロップ。
d0242696_0523966.jpg


d0242696_0511474.jpg

相変わらずのモナカ雪だが、割とマシだった。
d0242696_0541093.jpg

でも雪面がよく見えず、地形が全然分からず、相変わらず転倒。
d0242696_0512722.jpg


高度を下げると緩んできて滑りやすい雪面になったため、
一日の最後に気持ちよく滑ることができた。終わりよければ・・・。

樹林帯をスロースピードで滑り、堰堤まで下り、ゲレンデに到着。
d0242696_0565331.jpg

ヘトヘトでしたが、満足な山行でした。

今回の写真はすべてナオキさん提供です。
ナオキさん、まっちゃんさんどうもありがとうございました。
またよろしくお願いします。

今回のルートは以下。
(GARMIN Connectのタグが入れられないため画像とリンクで)
d0242696_121323.jpg


動画をYouTubeにupしました。



この日はこれで終わらず、
帰宅してジムに行って、
トレッドミル傾斜ランと水泳をしていますが、詳細は割愛。
さすがに次の日はぶっ倒れていました。
そんな週末もまたよし。
[PR]

by peperonci_no | 2012-03-06 01:14 | スキー | Comments(0)