<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

大山冬期登山 --夏山登山道ルート-- [2012.02.26]

仕事が忙しく、久しぶりの週末。
今シーズンの1つの目標、冬期の大山登山に行ってきた。
BCスキーで前回途中まで登っているが、あくまで今回は登山で。

今回は登山。普段登山はソロだが、冬山はさすがにソロは危険。
菊信さんでイベントを企画されていたので飛びついた。

結果は、天候が悪いので撤退。

詳細は以下。


7時に松江の運動公園に集合10名程度のメンバーが集まり、
お客様の一人の方のハイエースに揺られ、あっという間に南光河原駐車場に到着。
天候もいまいちなため、すんなりと駐車することができた。

黙々と準備し、8時30分くらいから登山開始。
(写真の右端の赤いザックが私。)
d0242696_2238936.jpg

d0242696_22381551.jpg

※上の写真は菊信blogから転載させていただきました。

今回はスキーを担いでいないため、足取りは非常に軽い。
でも、冬靴はどうも歩きにくい。
何度も思うが、テレマークスキーのブーツの方が歩きやすい。

だいぶ解けたか?
先々週登ったときとまるで光景が違う。
新雪も数センチ積もっているだけで、少し下にはガリガリの解けた層が。
今日大山近辺滑ったら大変だろうな〜。
確かにBCスキー、スノーボードをする方達はほとんどいなかった。

霧氷が綺麗な樹林帯を黙々と登っていく。
d0242696_22381866.jpg

d0242696_22382086.jpg


今日はペースがそんなに速くないため、
なかなか温まらず、むしろ冷え込むため、
ハードシェルを脱がずにいてちょうど良かった。

3合目あたりで大半の方々がアイゼンをはめていた。
私は5合目でアイゼン装着。
今シーズン2回目なのでスムーズに装着できた。

6合目付近はやはり風が強く、視界も悪い。
前回来たときなかった、避難小屋の入り口があった。
d0242696_22382680.jpg


7合目付近まで着て、強風、視界も悪く、今回は冬山初級のツアーということで、
下山することに。
d0242696_22382630.jpg


この天気で山頂に立っても何もない。

下山するときの注意事項などの解説のあと、皆さん下っていく。
私は最後尾の方からスタスタと追っかけていく。

d0242696_22382913.jpg


横浜から仕事で来られたこの方もガッカリされてました。
d0242696_22383491.jpg

残念ですが、また今度。

3合目付近で滑落停止訓練をし、スイスイ下山。
阿弥陀堂で昼食。
今年の大山の積雪はすごい。
d0242696_22383789.jpg

菊信さんの振る舞っていただいた甘さ控えめのぜんざいが美味しかったです。

今回のウェア、ギア
d0242696_22384032.jpg

・MAKAは具合が悪い。
夏山は便利かもしれないが、冬山はウェストに小物入れがあった方が良い。
ピットジップやポケットやウェストハーネスいじったりするのに邪魔になる。
やはり冬山はガチャガチャつけずにスッキリさせる工夫が必要。
・ストレッチエレメントジャケットは調子よし。
動きやすい。蒸れも割と少ないと思う。首周りもしっかり風を防いでくれた。
ただ、アークテリクスのサイドワインダージャケットに比べると
ピットジップの滑りが悪い。滑りを良くするマーカー塗れば良くなるかな。
丈が短いため、山スキーには向いておらず、極端に使用頻度が少ないのが残念。

・Koven Pantは冬山登山には向いていない。
スパッツが付いているが、スキーブーツ用のサイズのため、雪は簡単に入ってくる。
かといってゲーターを着けるような感じではない。
やはり、冬山用にタイトなシルエットの保温性のちょうど良いパンツが欲しい。
一枚パタゴニアのを持っているが、保温性、防水性が不安。

今回のルートは以下。
(GARMIN Connectのタグが入れられないため画像とリンクで)
d0242696_2341618.jpg



帰りに寄った淀江IC近くの温泉は良かったです。
今度大山来る時は皆生ではなく、ここだ! → 淀江 ゆめ温泉


久々の休日にのんびりできて良かったです。
[PR]

by peperonci_no | 2012-02-27 23:19 | 山行 | Comments(0)  

大山BC [2012.02.11]

日付が前後するが、
大山BCスキーに行ったので投稿する。

今回は先日氷ノ山BCをご一緒させていただいた、ナオキさんと入山、セッション!

8時くらい入山を目指して、夏山登山口近辺を車でうろうろしていると、
ツアーなのか20人くらいのアイゼンを履いて冬山フル装備の登山客が
車道を占拠していた。

そんな姿を見ると
久しぶりの冬山に胸が高鳴った。

何とか駐車スペースをゲットし、ナオキさんと合流。
登山届けを出し、夏山登山道から登り始める。
d0242696_22145671.jpg

本日は、弥山山頂まで行って、6、7合目辺りから沢へ滑走するプラン。
トレースがしっかりあって、ツボ足のまま登っていける。

案の定、登山客は多く、何組かをパスするが、
スキーを担いでのハイクアップはやはり疲れる。息が切れる。
テレマーカーの5,6人のグループはシールで上がっていくが、勾配が急で大変そう。
シール登行にもやはり慣れが要りそう。

早く滑走したいから先を急ぎたいが、
天気が良く、冬の樹林帯が綺麗で何度も脚を止めた。
d0242696_22145159.jpg

この天気が山頂まで持てば良いのに・・・。
d0242696_22151730.jpg


6合目辺りからだいぶ景色が開けてくると同時に、何やら怪しいガスが。
そして強風。やはりここは冬山だ。ゲレンデ横とは訳が違う。
フリースのインナーグローブと上半身はウィンドシェル。強烈に寒くなってきた。
寒過ぎてこのときの写真はない。

ブーツのキックもなかなか入らず、そろそろ、ということで
風をよけられる場所を探し、アウタージャケットを羽織り、アイゼンを装着。
昨シーズンにカットしておいたストラップがちょうどイイ。
しっかり現場での使用感をフィードバックできている。よかった。

樹木も何もない、凍り付いている雪面を登っていく。
ナオキさんのアイゼンが調子が悪いようだ。
これを機に、ボードのブーツにステップインできるアイゼンのシステムを作る!
と燃えておられました。
こうやって新たなギアにフィードバックされていく訳だ。

アイゼンを調整してハイク再開するも、視界はかなり悪い。
あきらめて下山してくる登山者、BCボーダーもちらほら、
その横で雪洞を掘ってガスが抜けるのを待っているBCボーダーもいる。

私たちは弥山山頂が最終目的ではないので、
この天候で山頂に立ってもね・・・ってことで、下山。
周囲を確認できる五合目あたりの樹林帯まで高度を下げて滑走することにした。

数日前に気温が高かったためどうかなー?と思っていたが、
ピットチェックをしてみると、かなりの力、回数でないと剪断は起こらなかった。
CTMというレベルと思われ。
d0242696_22151215.jpg

剪断が起きた弱層は一目で分かるが、
それがどんな雪の層なのか名前も判断もつかなかった。(しもざらめ雪、しまり雪など)
勉強不足、経験不足を痛感。精進する。
でも、同時に雪崩講習会を受けて良かった、とも思う。
受けただけで満足すること無く、
さらに現場でたくさんピットチェックして経験値を上げていきたい。

注意しながら、滑走開始。

むむ、意外と重い、
そして膝くらいまでは新雪だが、その下はやや硬く引っかかる感覚。
大変な一日になりそうだ。と思いつつ、前転を何回か。
それでも新雪を滑れる楽しさに満足。

なかなかキレのあるターンはできない。
斜面の形状を読み切ってうまく活かせない。
停まってばかりになってしまう。
これができれば長い距離をスムーズに滑ることができるのに・・・練習だ。

夏山登山道の1合目くらいまで滑って、登山道に合流。
登り返し。朝の元気は既に無くなっていた。腹減っていた。

登り返しはシール登行にした。
シール登行の機動性を活かし切れていないくらいのスピードでしか登ることができない。
まだまだ精進が必要。

4合目くらいまで登り、ピットチェック後、常行谷へドロップ。
d0242696_2215589.jpg

結構複雑な地形に苦戦。
d0242696_2215985.jpg

うまく滑れた!という瞬間があったので思わず奇声が出た。
d0242696_2214591.jpg

下部はボーダーが楽しめそうな狭い谷。
これがなかなかテレマーカーには結構辛い。
途中心が折れたのと、脚が限界(ToT)な感じでボーゲン投入・・・。

ふにゃふにゃな滑りで南光河原駐車場の奥に到着。

少し時間も早いので、最後にもう一本少し散策して滑って終了。
最後の一本は一瞬で滑走が終わり、いろんな意味でBCの醍醐味というか儚さを感じた。

皆生温泉で汗を流し、帰宅。
ナオキさんはそのまま車中泊し、次の日も滑られたそうな。。。なんとまぁ。

ナオキさんもろもろありがとうございました!!!

今回のギアリスト

今回のルートは以下。
(ナオキさんのGPSからのログです。画像だけです。
私のGPSはバッテリー満タンでなかったため途中でご臨終。反省。)
d0242696_22151846.jpg


ナオキさん撮影の動画↓


私撮影の動画(短っ!)↓


<メモ>
・樹林帯でのハイクアップはウィンドシェルが調子良かったが、
 やはり景色が開けてガスり始め、強風となると、ウィンドシェルでは役不足。
 脱いだり着たりが面倒なので、ずーっとアウタージャケットを
 ベンチレーションopenで着ているのも方法の1つだと思った。
 どんな状況でどんなウェアリングをするのかはもう少し経験が必要。
 暑い時は暑いし。

d0242696_22145564.jpg



・できるだけウェアのポケットが一杯にならないようにMAKA2を導入。調子はいいが、
 何か滑走をする格好ではない感じがして何とかしたい。

・以前は飲み物は温かいものを携行していたが、ハイクアップして身体が温まると、
 冷たいスポーツドリンクが飲みたくなる。
 今回導入したペットボトルのボレイカバーを一本目でいきなり紛失。
 GWの立山でナルゲンを紛失した反省が全く活かせていない。
 滑走中にプラプラさせるな!
 ちなみに冬山登山なら充分に役立ちそうなものだったので紛失は残念。
 春に回収できるだろうか。

・ゴーグルの曇らない方法、コツを調べよう。
 視界が悪くて複雑な谷を非常に滑りにくかった。

・防水のデジカメを買おう。
 Kodakのplaysportsで動画を撮ったり、
 昔使っていたiPhoneを防水ケースに入れて使っていたが、

 playsportsは高画質の動画が長時間撮れる。
 しかし色合いが少し気に入らない。
 動画はそこまで長く回さない。

 iPhoneの操作はタッチパネルのため、グローブを外すか、
 タッチパネル専用のグローブを用意する必要がある。
 また写真を取るには持ちにくい。
 動画を撮るにはまぁまぁ使えそうだが、
 ここぞという写真を綺麗に撮りたいときは
 やはり防水デジカメが欲しい。

 NikonのCoolpix AW100 か SONYのDSC-TX10が候補。
 しばらくは買えないだろうが。

[PR]

by peperonci_no | 2012-02-18 23:05 | 山行 | Comments(6)  

平田トレイルライド、トレイルラン [2012.02.12]

軽めの内容なので、伯耆大山BCスキーよりもこちらの記事を先に投稿する。

BCスキーの疲れを残しつつ、トレーニングのためだ、と
朝練トレイルライドのお誘いを喜んでお受けした。
天気も良いので自走することにした。

○バイク MTB トレイル 42.5km
時間:2時間24分
距離:42.5km
内容:オンロード32.4km+トレイル9.9km
   累積標高差はGPSのログからするとランも含め675mらしい。
   本当かいな。



場所はいつもの平田某所。
寒いので厚着で行く。
STY用に購入したGore-tex Active shell使用の
MONTURA Action jacket を着てみた。
やはり、冬の長時間ライドはシューズカバーが要る。
足の指がもげるかと思った。
d0242696_2173527.jpg



8:30集合のはずが、寝坊で約1時間遅刻。スイマセン。

自走なのでトレイルに着く頃には既に脚が充分に温まっていた。
いつもより序盤の漕ぎが軽かったような気がした。
しかし登りを一本終えたところで、やはりBCスキーの疲労が。
脚が重い。それもまた楽し。

相変わらずここのコースはきついっす。
そしてテクニカル。登りの練習にはもってこい。


4周したところで、10キロ弱となったので、
ランに切り換えた。
ランをやるつもりでシューズは持参した。

本日の遊び道具たち。
d0242696_2173016.jpg



○ラン トレイル 4.5km
時間:26分07秒
距離:4.5km
心拍数:Ave164、Max176
標高差:117m↑up、114m↓down



最近、トライアスロンを目標にしていることから、
一種目だけではもったいないというか、不足というか不安。

いろいろな筋肉を使ってやると、より週末の満足度は高い。

MTBと同じコースを自分の脚で走る。
MTBでもきついのだから、案の定ランでもきつい。
歩かずすべて走りきるのはなかなかのもんだ。
昔の自分なら歩いていたが、近頃、割と登りも走れるようになっている。
すべてを走る。

2周走り終えて4.5kmしか距離は無いが、脚はパンパン。
いい具合に心拍数もあがり、まぁまぁ満足。
ついでに傷めている足首が少しズキっと痛むため、終了。

撤収し、また自走で帰る。
d0242696_2173767.jpg

d0242696_217403.jpg

d0242696_2174545.jpg

帰りの道は斐伊川の河川敷を通った。
珍しく天気が良く、いい気持ちで風を感じて帰宅した。
疲れたけど(汗)

スイムするつもりだったが足首が痛むためキャンセル。


'12年2月の累積データ
・swim:1450m
・bike:42.5km
・run:18.1km

[PR]

by peperonci_no | 2012-02-12 21:15 | MTB | Comments(4)  

トレーニング [2012.02.04]

平日の寝足りなさを解消するため、
やや遅くまで寝ていた。
昼過ぎからトレーニング。

○ラン トレッドミル傾斜15% 60分

時間:60分
INCLINE:15%
距離:5.6km
速度:5.0km/h(15分)→5.5km/h(15分)→6.0km/h(15分)
   5.0km/h(5分)→5.5km/h(5分)→6.0km/h(5分)
心拍数:Ave171、Max190


max190まで行っていたとは。
こりゃ追い込み過ぎ。
最後フラフラ状態だったし。
トレーニング効果が大きい心拍数範囲というものにはあてはまらないだろう。
運動強度90%という比較的きつい運動強度でも心拍数は171。
でも171という心拍数ってすぐ到達しちゃうし、
それくらいならランニングしてると普通な気がする。
負荷を上げ過ぎなのだろうか?!
運動強度80%なんて153。こんなんジョギングしていてもなりそう。
もうよくわからなくなる。

INCLINE15%を序盤5.0km/hで走ったときはmax165。
5.5km/hまで上げると、max177。既に運動強度93%。
6.0km/hまで上げると、max183。運動強度96%。
最後の15分間はずっと180オーバー。
オーバーワークだろうか。
傾斜15%ランで明らかに心肺能力が向上していると思っているが、
違うのだろうか。
そもそも、私がやるべきトレーニングは、単なる高負荷なトレーニングではなく、
自分の知らない速いペースで走るための足の動きを覚えさせる、
神経系に働きかけるトレーニングなのでは?
また、長時間動き続けられる筋持久力?グリコーゲン不足に対する耐性?を
鍛えるトレーニングが必要なのでは?

いろいろ考えることがある。


○スイム プール 1450m
時間:45分
距離:1450m
内容:アップ100m×2本
   500m×2本
   ダウン100m×2本、50m×1本


週1回の頻度ではどうも身体が重い気がする。
1450m泳ぐのにかかった時間はそんなにいつもと違わないが、
キツさは違った。
前に進んでいないような、抵抗があるような。沈んでいたのか。

今日は足首の調子が気になり、キックを弱めにしたため沈んでいたのだろう。
やはりキックがうまくなることがスムーズに泳ぐことにつながることは間違いない。
足首良くなったらキックの練習メニューも考えよう。

ダウンで100m×2本いこうと思っていたが、
50m一本目で足首がゴリゴリ、緩んでしまっている感覚があり恐ろしくなり中断。

またテーピングで固めている。



'12年2月の累積データ
・swim:1450m
・bike:0km
・run:5.6km

[PR]

by peperonci_no | 2012-02-04 23:48 | トレーニング | Comments(2)  

氷ノ山BCスキー [2012.01.29]

今シーズン1回目のバックカントリースキーは、
にぎやかで楽しいものになりました。

結構直前の呼びかけでぞろぞろと集まったメンバーは
りをんさん、りをんさんの師匠、やますけさん、ナオキさん、音さん、そして私。

皆さん山岳会所属の方や、バックカントリー経験者、
ソロで大山界隈を荒し回っている(?)方達で頼もしい。

その反面、私と来たら、年に5回に満たないくらいしか
冬山に入らないゲレンデスキーヤー。
今回の反省点は、完全に皆様におんぶにだっこだったこと。
自分のことは自分でできないといかんと思った。

反省点はたくさんあるのだが、
中でも急いでフォローしなければいけないのは、
GPSの使い方!活かし方!

買ったばかりのGPS。
d0242696_23243670.jpg

現在位置くらい表示できるが、ログの取り方も分からない。
カシミール3Dを使える環境を早く整える必要がある。
あとは、山走りにいくときにログを取り、
ゲレンデでスキーをするときは何本滑ったかログを取る。

とにかく慣れる必要がある。



さてさて、
山行の詳細内容は、ナオキさんに任せるとして(笑)、
概要は以下。
氷ノ山スキー場のゲレンデトップから入山し、
d0242696_23253091.jpg

序盤ツボ足、
すぐにシール登行となり狭く入り組んだ樹林帯を尾根まで登り、
d0242696_23253321.jpg

なだらかな尾根をシールで歩き、
d0242696_23253883.jpg

d0242696_23254389.jpg

途中の南側斜面を一本。

登り返して開けた尾根を悠々と歩き、
d0242696_23254562.jpg

d0242696_23254913.jpg

d0242696_23254817.jpg

樹氷がきれいだった!

わさび谷をドロップ。
d0242696_23255513.jpg

結構重いパウダーを滑り、転倒の繰り返し。

ゲレンデに戻る。という内容。


感想を簡単に綴る。

シーズン初のバックカントリーなので、やはりすべてがぎこちない。
ザックは重いし、ハイクアップ暑いし、シール貼るの下手くそだし、
シール登行も下手くそだし。
少し斜度が上がると直登しようとすると、後ろにずるずるずる・・・。
d0242696_23253544.jpg


それも、一日で次第に慣れてきて、
シールの着脱もスイスイできるようになる。
昨シーズンの勘をを取り戻せて一安心。

滑りの方は、
意外と行けた!ゲレンデ練習は役に立っている!
特に悪雪、非整地の練習で新雪を滑る感覚が養えているようだ。
1本目で転倒しなかったのがそれを実証している。
ただ、わさび谷は転倒の連続だったけど。

わさび谷は自分の実力云々より、
かなり複雑な地形で、ここをスムーズにテレマークで滑るには
もう少しトレーニングと経験が必要だ。
調子に乗ると、これだ。
d0242696_23255837.jpg

でもこれくらい斜面を滑れるようになるといいだろうなー、と思った。

ぐだぐだ書くのはこれくらいにして、
今回誘っていただいた(??)、りをんさん、
そしてワイワイ集まった皆さん、楽しい一日をありがとうございました。

そして、写真や動画を撮影してくださったナオキさんありがとうございました。
今回の写真の一部はナオキ撮影のものを含みます。

最後にナオキさんがupしてくれたので紹介。
最後に滑っているのは私。意外と滑れている。


[PR]

by peperonci_no | 2012-02-01 23:55 | スキー | Comments(2)  

出雲北山トレイルラン(雪)、 1月総括 [2012.01.26]

ひさびさの2連休で思いっきり弾けてやる!と
意気込んでいたが、前の日に送別会で結構飲んだので、
朝はゆっくり寝ていた。

ストレスが溜まっているとやはり山を走りたくなる。
昼過ぎに出雲北山へ向かう。

○トレイルラン 出雲北山 旅伏山 5.5km

d0242696_2252153.jpg

日没の時間も迫っているので、旅伏山とそこから先行ける所まで行くこととした。
中腹までは、やや湿っているかな?というくらいだったが、
d0242696_22522097.jpg

山頂に近づくと残雪がチラホラ。
d0242696_22522383.jpg

雪が融けかけたりしてトレイルはべちゃべちゃ。

久しぶりの有酸素運動は気持ちよかったが、
それ以上にキツかった。呼吸が苦しく、途中で何度か休憩。
情けない。

山頂は雪で覆われていた。
d0242696_22523059.jpg

山陰らしいどんよりとした雲から太陽の光が差し込んで、
なかなか綺麗な景色で見とれた。

旅伏山から先に行ってみたが、雪が結構ある。
d0242696_22523443.jpg

締まっているわけではなく、ぐずぐずなため、歩くのも困難。
時間も迫っていたし、帰ることにした。

結局、1時間だらだらと走って、5.5kmしか走っていない。
下りはなかなか飛ばせた。

時間:1時間
距離:5.5km
標高差:473m↑down、475m↓down
心拍数:Ave157、Max181


d0242696_2335070.jpg

ウェアは、
・Patagonia Traverse jacket
・Patagonia Capline3 Zip-off
・Finetrack Floodrush power mesh
・Golite CROSS TIMBERS ZONAL TIGHT
・Injinji Performance Midweight mini-crew
・Montrail Rockridge
・Patagonia Capline4 EW beanie

停まると寒かった。
雪がしみてくると冷たい。Sealskinzの防水ソックスが欲しくなった。
Nathanのハンドボトルを持って走ったが、
急な登りがあり、膝を手で押したいときに邪魔。
腕振りの妨げになる。などの理由で、ウェストバッグの方がいいような気がした。



物足りないので、ジムへ。

○ラン トレッドミル 60分
時間:60分
INCLINE:0〜15%
距離:おそらく7kmくらい


ウォーミングupで10分、0%で12km/hで走ったら、
心拍数がかなり上がった。
やはり久々の有酸素運動だからか。

INCLINEを15%に上げて30分。
普段は速度6km/hだが、6km/hで10分も持たない。
心拍数が上がりすぎる。調子悪い。
5.0km/hとかで何とか心拍数を落ち着かせようとするが、ダメ。
INCLINEを0%に戻したり、何だかんだ60分。汗びっしょり。

○スイム プール 1500m
時間:40分
距離:1500m
内容:アップ100m×2本、
   500m×2本、
   ダウン100m×3本


やはり調子上がらず。
背中?胸?が痛くて呼吸が苦しい。

終盤にようやく調子が上がってきたという感じ。
久々なのでそこまで追い込まず終了。


'12年1月の累積データ
・swim:9500m
・bike:61.6km
・run:62.9km


1月のトレーニング総括:
・スイムはどれだけ泳げるものなのか分からず、目標をとりあえず5000mに設定。
意外と短時間でトレーニングできるため、数字は伸びた。
2月の目標は10000mにする。
・バイクは一番実力が安定しているため、そんなにガツガツトレーニングしていない。
目標は50kmと少々控えめだった。週末のトレイルライドなどで数字が伸びた。
2月はRunに集中するため減らして40kmを目標にする。
・ランは100kmを目標にしていたが、今や一番の不安要素となっている。
正直アスファルトを走るのはあまり好きではない。
トレッドミルの傾斜15%ランに逃げがち。
アスファルトは週末にどかっと走ることしかできていない。
平日にもコンスタントに走る方法を考えなければ。
とりあえずは週末のどか走りの距離を伸ばす。
2月の目標は100kmにする。週末だけで何とかする。

まとめると、2月の目標は、
Swim:10000m
Bike:40km
Run:100km

Runが少ないような気がするが、現実問題仕事が忙しすぎる。
それを理由にしてはいけないが、無理はできない。
[PR]

by peperonci_no | 2012-02-01 23:07 | 山行 | Comments(2)