<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2011年 King of 王滝 ラン42km編 & 総括

「King of 王滝」は、
初日 セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝 クロスマウンテンバイク100km
2日目 OSJクロスマウンテンマラソン42km の合計タイムで順位を競う。


<2011.09.19 -OSJ クロスマウンテンマラソンin王滝 42km->

初日のSDA100kmの様子

2日連続のレースは朝が辛い。
初日の疲れを抱えたまま、4時半起床。

5時から朝食を取り、6時には会場入り。
シャトルバスでスタート会場へ向かう。

というか昨日のバイクのゴール地点だ。

早めにスタート会場に到着し、
昨年と同じメンバー、ハマ君、Tさん、トライアスリートのIさんと談笑する。

ちょっと太ったんじゃない?とIさんから突っ込まれ、ギクッとしたり、
4時間30分を目指す!とか根拠の無い目標を掲げて、
すぐ5時間切りに目標を修正したり、スタート前はいつものようにゆるい感じ。

一方で、走りやすい林道と最後の8キロのオンロードというコース構成だからか、
トレイルランナーよりもオンロード系のランナーが多いように感じ、
ハイスピードなレースを展開しそうなランナーが、ぴりぴりとした空気を発していた。

スタートラインにならぶと、昨年より人数が少ないように思えた。
(昨年から40,50人くらい減ったようだ)

d0242696_1502914.jpg




後方に陣取り、
7:00 スタート。

昨日のバイクのコースをゴールから遡る。
昨年と違い、スタート直後、ほどほどペースを上げた。

d0242696_1503824.jpg



ほどなく5km地点あたりから呼吸が苦しくなる。
昨日のバイクで腰と背中を傷めたため、呼吸がし辛いようだ。

途中まで近くを走っていたハマ君、Tさんに早くも離されて行く。
昨年は林道をずっとTさんと一緒におしゃべりランしていたが、
Tさん、今年はマジだ。
というか、私が遅れを取っているだけか。

10km,15kmと見慣れた風景を走り、距離を刻んで行くが、
股関節周りが昨日の疲労で固まってしまってなかなか脚が前に出ない。

全身にだるさ、呼吸の苦しさがまとわりつく。
心拍数は160を切るところまで来ているのに、踏ん張って走れない。

歩幅を小さくし、何とか斜面を走り続けるが、あまりの辛さに歩きを入れる。
歩きとランを交互に繰り返すと、身体はとても楽。
そして思ったよりペースは落ちず、思いのほか調子がいいので、
途中でバテてきている方を何人か、歩きとランで追い抜いた。

d0242696_1504143.jpg



昨年は下りでも結構飛ばしたため、
最後のアスファルト8キロで脚が完全に売り切れてしまい、
踏ん張って走ることができなかった。

そういう考えもあり、なおかつ疲れ果てていたので、
下りは無理せずピッチを狭く、落差を狭く、
できるだけ脚に負担の無い走りを心がけた。
もちろんペースは上がるわけも無く、
下りで数人に抜かれる始末。

気にせず、マイペースを貫くが、30キロを過ぎていよいよ辛い。
林道走りと下りに飽きてしまい、アスファルトまで何とか頑張ろう、
という気持ちで歩を進めた。

アスファルトに出た途端に、案の定??身体がズシッと重たく感じた。
33km地点の最終エイドで水を頭からかけたり、
靴ひもを絞め直したり、少し気合いを入れて、
いざ最後のアスファルト8km!

まずは2km、次はまた2km、そこまでは行く、と目標を決めて走る。
最初のうちは6分/kmがいいところだった。
途中、力強い走りをする女性ランナーに置き去りにされ、
「自分はもっと力強い走りができるはずでは?」と自問。

少しペースを上げることに成功。
5.30分/kmを維持。
昨年は6分/kmすら維持できなかった。

時計と残り距離を照らし合わせると、
このペースもしくはもう少し早いペースなら、
5時間切れるのでは?

そう思うと走りに粘りが出てきた。
5.10〜5.20分/kmで走れている。
いいペースで残り2kmまで来た。

苦しい。
でもあと2km、あと11,12分しかない!
疲れて思考の働かない頭で必死に計算した。

あきらめようにもあきらめ切れない所まで来たため、
もうやるだけやる。死ぬ気で走った。腕で走った。

d0242696_1504438.jpg



最後の数百mになったとき、5時間切りを確信し、
ようやく満足感がこみ上げてきた。

5時間の2分前に、疲労と満足感を味わいながらゴール。
昨年より6分早くゴールできた。

d0242696_1505615.jpg



クタクタでした。

ハマ君とTさんはさらに20分以上前にゴールしているから凄い。
というか、自分が情けない。

でも、まともな練習ができていない中で、記録更新は良しとできた。

ボロボロの身体で松原公園に戻り、
TさんやトライアスリートのIさんと
レース結果についてや、トライアスロンについて、
練習方法について、ギアについて、
いろいろと楽しいお話をして、
各々帰途についた。

やはり、LSDばかりしていても走力upや走れるフォームにはならないようだ。
ペース走などを盛り込もうと、気持ち新たに。

<走行データ>
時間: 4時間58分09秒

距離: 44.59km
速度: Ave6.41min/km
心拍数: Ave156、Max177
標高差: 1071m↑up、958m↓down

60位/109人

<補給>
・水(MUSASHIのリプレニッシュを溶かしたもの) 500ml → 消費
・水(予備、背中にプラティパスで) 500ml → 手つかず
・塩熱飴 4個? → 3個消費
・ハニースティンガー (ソフトフラスクに) 3本 → 2本くらい消費
・梅丹サイクルチャージ (フラスコボトルに、昨日の余り) 2本 → 消費
・スニッカーズ (味が飽きるから) 1本 → 1/2消費


<King of 王滝 通算成績>
時間: 12時間25分38秒
16位/26人(DNF含む)
昨年とほぼ変わらず!


d0242696_1534444.jpg

d0242696_1541614.jpg




<<総括>>
今回、King of 王滝は2回目ということで、
ある意味舐めてかかっていた部分はあったように思う。
まともな対策トレもできずにのぞんだが、
昨年のタイムをほぼ維持する形になった。

これに甘んじること無く、更なる走力upをして行かないと、
富士登山競走や、ウルトラマラソン、さらにはトライアスロンはそう簡単ではない。

昨年の大会に知り合い、一番身近なトライアスリートとして
いろんな話を聴かせていただいている、Iさんから言われた言葉が今でも印象的で、
しばらくのモチベーションになるようなならないような・・・。

「○○(私の名前)、早くアイアンマンまで上がってきなよ!」

アイアンマン: ハワイで行われる「アイアンマン・トライアスロン」のこと。
          スイム 3.8km・バイク180km・ラン42.195km、
          制限時間17時間のレース。
          世界各地で、ハワイ本戦出場をかけた予選が開催されている。


アイアンマンは私にはまだ早いっす(汗)
まずはショートディスタンスからということで。


あとは、島根という土地の不利を何とか克服する方法を考えるか、
充分に余裕のあるレース日程を組むか、このままではまずい。
そう思うのでした。
[PR]

by peperonci_no | 2011-09-28 02:04 | レース | Comments(0)  

2011年 King of 王滝 バイク100km編

「King of 王滝」は、
初日 セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝 クロスマウンテンバイク100km
2日目 OSJクロスマウンテンマラソン42km の合計タイムで順位を競う。


<2011.09.18 -セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝
クロスマウンテンバイク100km->


〜前日〜
5月の王滝と合わせると、もはや何回出場しているか把握し切れていない今大会。
参加への段取りはもうお決まり。

ただ、今回は島根からの参加ということでちょっと勝手が違う。
アクセスが非常に大変。高速で10時間かかる。
レースの前にひと仕事だ。

結局、出張から帰宅したのは22時過ぎ。
それから準備して無睡眠で出発。
仮眠を繰り返し、15時くらいに会場入り。
受付、ブースめぐりをして退散。

いつもの宿で、ゼッケンとりつけ、バイクのセッティング確認をして、
仙台組の到着を待つ。

ほどなく仙台組到着。
5年ぶりに久しぶりに会うHMDさん!
超懐かしいー!

おなじみの顔ぶれと楽しく夕食&酒を飲み21時過ぎに就寝。
結局、ビール4本も飲んでしまった。


〜当日〜
3時半起床。
4時に朝食を済ませ、スタートの松原スポーツ公園へ。

まだ暗い中、バイクの支度。
既にトイレ前には長蛇の列。

例年よりやや、前方にバイクを陣取る。
相変わらず凄い数。

d0242696_11445311.jpg

d0242696_1145139.jpg


それでも、島根県からは私一人だけのエントリー。

バイクを置き去りにし、スタート30分前にトイレ行列へ。
トイレの個数と行列の人数と所要時間/1人を考えると・・・ギリギリか!?

d0242696_1145424.jpg



スタートに間に合うか冷や冷やしながら待っていると、
10分前くらいか、何とか番が回ってきて、しっかり軽量化することができた。
これ大事。

スタート前恒例の御嶽山への祈りを捧げた後。

d0242696_114557.jpg

d0242696_11451094.jpg




6:00 スタート。

天気は曇り。
空気がヒンヤリしている。

前日までの雨の影響で、
ところどころ石がむき出しになっているが、
概ね走りやすい路面コンディション。

今年は割と集団がばらけて、転倒や渋滞が無かったように思える。
あとは自分のペースでCP1へ向かうだけ。

朝早いこともあって、日射しが反射して、路面がまぶしくて見えない。
勘で進む。

途中、大雨で流されたという橋の代わりに仮設の橋を渡る。
ここ以外大きなコース変更は無いようだ。

途中、かなりガツガツいいペダリングをする女性選手がいたので、ついて行くことに。
下手したら置いて行かれる。すごいいいペースでガンガン登っていく。
下りもいい走り。

やはりこれくらいアグレッシブに走らないとな、と思いました。
結局、追い抜かせていただきましたが。

今回の大会、登りでそんなに頑張らないと決めていたので、
前方のちょうど良さそうな選手にピタッと貼り付いて登り、
峠を越えたら下りで大量に追い抜くという作戦に徹しました。
いやらしい作戦ですが、下りが大得意なので仕方なし。

CP1までは慣らし運転という所でしょうか。
楽しんだり悶えたりしていると、ほどなくCP1到着。

CPでの休憩はタイムロスと同時に脚の硬直につながるため、
コップ1杯だけいただき、直ぐ出発。

CP1〜CP2には通称「無限坂」がある。
行けども行けども登り、峠に着いたと思ったらまだ先がある。

無限坂というつもりで挑めば何とかなる。
よくよく考えたら、無限坂も後半にちょっとあるだけで、
前半は下り基調だし、湖畔の平坦な道もあるし、
そんなにキツく無かったような気がする。
それくらい、このときは体力的に余裕があったのだと思われる。

王滝村の林道独特の、超ガレガレの路面を楽しみつつ、CP2到着。
d0242696_11451714.jpg


d0242696_11451582.jpg




CP2に到着する頃に明らかに体調がおかしくなっていた。
顔面、手の痺れ、眠気、倦怠感。
ハンガーノックか??脱水症状か?熱中症か?
いやいやちゃんと補給はしていたし、涼しい陽気だった。
と、考えを巡らせる。

きっと、島根を出発する前に睡眠ゼロだったからだろう。

リスタートしようにも、目眩、ふらつきがある。
仕方なく、CP2で少し深呼吸、休憩。

このままでは、埒があかないと思い、無理矢理リスタート。
CP3へ向かう。

CP2〜CP3はアップダウンの連続の後、最後激下り。

最初の数本の登りでふらつきと息切れがあり、
ペダルが前に出なかった。

登りの途中で下車し、バイクに寄りかかり、深呼吸、というか仮眠。
休憩がてら、普段しない写真撮影。いやーいい天気。

d0242696_11451266.jpg



よくPR写真に林道の脇で寝ている選手が写っているけど、
寝るなんてそんなわけあるかい!と思っていたが、
寝ちゃいたい気持ち今回初めて分かりました。

バイクに寄りかかるだけではなく、その場でうずくまりたくなる程の眠気。

メイタンサイクルチャージを流し込み味覚から刺激を貰いながら、
だましだましペダルを漕いでいると、調子が戻ってきたか?

アップダウンが連続しているとわかると、登りも何とか頑張れる。
下りを楽しんでいるとあっという間にCP3到着。

途中、何組もの集団を下りで追い抜いていると、
その中の一人の選手に下りを誉めていただきご満悦。

チェーンのオイルが泥水で落ちて、リアから異音がし始めた。
あともう少しだからチェーンが切れること無いだろうと、
チャーン切れのことだけを心配して、オイルを挿さなかった。

CP3〜ゴールは小さな2つのピークを登る必要がある。
もうあと2つしかないんだから、と死ぬ気でペダルを踏んだ。

2つ登ればあとはゴールまで下るだけだ!うぉー!

気持ちとは裏腹に、リアディレイラー周辺の動きが怪しくなってきた。
どうやらチェーンのオイル切れが原因のようで、
インナーにするとチェーンがロックしてしまう!
メカトラで何度かストップ。

仕方なくセンターでどうにか踏ん張って、ダンシングと絡めてスピードをキープする。

最後の下りもハイスピードかつ集中を切らさずガンガン追い抜いていく。

7時間27分でゴール! 何とか7時間半は切れた。

d0242696_11452087.jpg


d0242696_1221083.jpg




ゴールした途端眠たくなる・・・。
やはりこのレースが一番疲れるか?!
地べたに横たわったらとても楽だった。
やはり、睡眠不足はいかん! です。

乗車時間は6時間50分で7時間を切っていた。
体調万全で走れていたら、と悔やまれる。

昨年より明らかにバイクのトレーニング量は落ちていたが、
このタイムなら、上々ではないだろうか。
坂道ランで心肺機能は向上もしくは維持できているとみた。
タイム、順位ともに昨年と同水準。

何はともあれ、泥だらけになっただけで、
故障も無く初日を終えることができた。

ただ、全身に溜まった疲労はでかい!
2日目はどうなることやら。

<走行データ>
時間: 7時間27分28秒
乗車時間: 6時間50分18秒
距離: 96.1km
速度: Ave14.0km/h、Max48.2km/h
心拍数: Ave172、Max187
消費カロリー: 5954kcal

(RideTime内訳)
スタート〜CP1: 2時間51分41秒
CP1〜CP2: 2時間3分5秒
CP2〜CP3: 56分59秒
CP3〜ゴール: 58分49秒

198位/753人(DNF含む)

<補給>
・水(MUSASHIのリプレニッシュを溶かしたもの) 500ml → 消費
・水(グリコの試供品BCAA&クエン酸、後半で投入) 500ml → 消費
・水(予備、背中にプラティパスで) 500ml → 手つかず
・塩熱飴 5個? → 消費
・カーボショッツ (ソフトフラスクに) 5本 → 4本くらい消費
・vespaハイパー (カーボショッツとmix) 3本 → 消費
・梅丹サイクルチャージ (フラスコボトルに) 4本 → 2本くらい消費
・スニッカーズ (味が飽きるから) 1本 → 消費


2日目へつづく。
-OSJクロスマウンテンマラソン42km-

[PR]

by peperonci_no | 2011-09-25 12:06 | レース | Comments(2)  

後立山縦走 -3日目-(過去日記より)

ーーーー以下、2010年9月3〜5日のできごとです。ーーーー

<2010.09.05 --3日目-->

初日の様子
2日目の様子

広々した八峰キレット小屋の布団で爆睡。
あまりに気持ちよくて、自分の家だと勘違いし、
「やべ!月曜だ、仕事だ!」と目が覚めて朝からちょっと凹む。

3日目も7時間の意外と長い行程。

八峰キレット小屋〜八峰キレット〜鹿島槍ヶ岳北峰〜南峰
      〜冷池山荘〜爺が岳〜種池山荘〜柏原新道〜扇沢


下山とはいえ、長い。

朝食後、準備を済ませ、最後の危険箇所の八峰キレットへ。
八峰キレット核心部の手前もかなり危険です。
それも3日目とあり、危険と思わなくなっている。

d0242696_23231559.jpg

d0242696_23245768.jpg


八峰キレット・・・あれ?おわり?あっさり。
その後の気を抜いた所が危ないので気を張る。
ってか、気を抜くとか以前に普通に危ねーぞこりゃ。

d0242696_23232184.jpg



連続する急な岩場の登り。鎖は比較的少ない。
下から見えていたとおり、鹿島槍ヶ岳までの尾根はかなりの難所。
急だし、崩れやすいし。結構切れ落ちているし。
そんな場所にもスリルを味わえる余裕も出てきた(慣れた)。

d0242696_23232394.jpg

d0242696_23232533.jpg


1時間ほどで鹿島槍ヶ岳北峰に到着。
振り返ると、今まで歩いてきた縦走路が見える。
いや、霞んで見えないくらい遠い。感動。

d0242696_23234690.jpg


d0242696_23233155.jpg

d0242696_23233319.jpg


d0242696_23232769.jpg

d0242696_23232958.jpg



北峰から南峰の吊り尾根、ここまでくると扇沢からのハイカーも増え、
雰囲気はだいぶ緩い。

d0242696_23233580.jpg



南峰山頂は賑わっていた。
記念撮影。剱岳を、北峰を、五竜を、バックに。
初日の夜からずーっと一緒に(?)歩いてきたジョニさんと肩を組み。

d0242696_23234435.jpg




ここからはまったり下山。
あとは細かいアップダウンと最後の下りだけ。
景色もいいし、気分は楽。

d0242696_23233891.jpg


d0242696_23234042.jpg

d0242696_23234177.jpg


年配のグループもたくさんいる。爺が岳山頂で地元のおばさまと仲良く談笑。
腹も減ったし、種池山荘へ向かう。

ラーメンを昼飯にすする。美味い。
帰りのバスの時間を考えるとコースタイムの半分で下らなければ行けない。
急ごう。

ジョニさんは得意のヒッチハイクで駅まで来るそうなので、
Nと私は汗を垂らしながら柏原新道を駆け下りる。
このトレイル気持ちイイが、ちと長い。

終盤、少し膝が痛くなったが、何とか1時間半(?)で道路にでた。
Nもそう差無く到着。
幸い、乗り合いのタクシーがいたため、バス停まで歩かず済んだ。
下界の暑さにウンザリしつつ、信濃大町駅に到着。

早速、リポD、アイス注入。うめー。
白馬行きの電車が来たため乗り込むと、何とそこでサプライズ。
NZ人のジョニさんが本当にヒッチハイクして来て、電車に間に合った。
最後まで一緒でとても嬉しかった。

旅は道連れ。異文化交流。実はそんな要素もありつつ、な縦走でした。

八方の温泉に浸かり、H+白馬に寄り道し、渋滞も無く、無事帰宅したのでした。


写真6,12枚目はN氏に提供していただきました。
[PR]

by peperonci_no | 2011-09-07 23:38 | 山行 | Comments(2)