大山夏道パパ2往復、ママ1往復 [2017.06.18]

びわ湖バレイスカイレースは、
山頂から1000m下りて900m登って、
900m下りて1000m登ってフィニッシュという、とにかくアップダウンしかないコース。

この大会に向けてとなると、自然と大山に脚が向く。
清々しい夏山シーズンをハァハァいい汗かいてきた。
…いつものようにパパとママで交替で。

実はママもびわ湖バレイスカイレースのバーティカルの部(登りだけ)に出るため、
大山夏道の登りは足馴らしにピッタリ。

朝8時過ぎにパパが登り始めた。
d0242696_20232904.jpg
夏山シーズン、団体登山客もいるため、
最大限に配慮しながら。
1本目はハイカーも多くなく、
更に、まぁまぁ調子良くゲロゲロで弥山山頂到着。
56分半。
d0242696_20210894.jpg
d0242696_20214144.jpg
サッサと下山30分くらいだったか。
あまりダメージなし!

トレイルランナーとしての評判なんてもの気にしたくないけど、大山夏道は山陰のどこの山よりも気をつかって下りた。下りは小石1つ落とさないように静かに。普通のハイカーよりも静かな下りに絶対の自信。トレイルランナーとしてのスキルはこういう所で活きる。

2本目、子どもらにも見送ってもらい気合い入れ直したが、
ハイカーも多くなったし、疲労でヘロヘロ、
1時間15分かかってしまった。
d0242696_20223170.jpg
d0242696_20230900.jpg

山頂は登山者だらけ、
d0242696_20220661.jpg
偶然Nガイドに遭遇。
d0242696_20235624.jpg
子どもら、奥さんも待っているため、
山頂の滞在短めで早々に下山。
帰りは行者コースで元谷経由で。
d0242696_20250704.jpg
d0242696_20255489.jpg
やはり空いていた。
2本目は脚に来た。
結構疲れた。

汗を拭って着替えたらママにバトンタッチ!
d0242696_20263530.jpg
いってらっしゃい!

パパは火照った体で子どもらとミルクの里へ遊びに。
d0242696_20275022.jpg
d0242696_20281029.jpg
2時間経たずにママが下山。
速いから助かる。
パパでも子守何とかなる。

ママもいいトレーニングになったし、
リフレッシュになったみたい。

夫婦で一緒には登れないけど、
同じルートに交替で登るのは
感覚を共有できるため割とアリ。

本当はノンビリ大山の自然を味わいたいのだけど、
子どもらとの時間も大事なので、
トレイルランニングというスタイルは、
育児する人間の週末の限られた時間に対して
大きな利益を出していることは間違いない。

さぁ、いよいよびわ湖バレイスカイレース。




[PR]

by peperonci_no | 2017-11-17 20:40 | 山行 | Comments(0)  

念願のコンプリート!!-第2回... >>