ひとりITJのすすめ [2017.05.04]

長距離、高強度のトレーニングを1つやって、
そこから徐々に強度を落とすようなテーパリングで5月末の恐羅漢トレイルを迎える調整プランとした。

60kmオーバーのアップダウンの多いレースに対し、
50kmは走っておきたいと、
ITJ(Izumo Trail Journeyの方)のコースをベースに一部変更し走った。

昨年出走しなかったため随分久しぶりな感じのITJだった。

いつもと大きく違うのは、誰も一緒に走ってくれない状態。

行程の途中で誰かに出逢えたり、誰かを追ったり誰かに追われたりという状況は精神的にも幾らか楽。

1人で走るのは辛い。
反面、自分のペースで走られる。
気楽と言えば気楽。
故障もし難い。
一方で、
追い込めない為、走力強化には向かない。
目的次第でメンバー、ペースを選ぶと良い。



今回は車の回収を考慮し、ITJのスタート地点の加茂岩倉遺跡ではなく、途中の高瀬山登山口に車を置きスタート。
d0242696_08355596.jpg

d0242696_08355571.jpg

スタート地点の加茂岩倉遺跡に向かい折り返すルートとした。

朝日に照らされながらのトレイルは最高。
d0242696_08355629.jpg

森林整備のためのブル道が開拓され、
トレイルとブル道が並行する異様な光景を進んだ。
d0242696_08162749.jpg

熊などの気配に怯えつつ、
順調に加茂岩倉遺跡を折り返し高瀬山、蓮台寺に。
d0242696_08162767.jpg

後ほど走る北山山塊がどーんと。
d0242696_08162845.jpg

武部峠もサクッと。
鞍掛山は骨が折れた。
屈指の急登。

仏経山に到着する頃には、
日向はジリジリと陽射しが痛くなり始めていた。
d0242696_08162818.jpg

d0242696_08355660.jpg


仏経山を下りてからしばらくロード。
通常のITJなら三本松公園へ向かうが、
今回はカットし、求院のローソンで補給し、そのまま河川敷へ。

いつものITJよりも脚は動く感じだった。
川を抜ける風が気持ち良すぎてここで今すぐ寝たかった。
d0242696_08162958.jpg

河川敷は脚のことを考えて
できるだけ堤防下のダートを走った。

美談駅が見えた頃からがやたら長く感じるのはいつものこと。

日陰も無く照り返しで干からびそうだった。
かなりバテバテで旅伏登山口に到着。
d0242696_08163093.jpg

家族の声援貰い、眠かったので少し寝て
d0242696_8191890.jpg

合計30分くらい休憩しリスタート。

北山縦走終わりのしまきちさんにも遭遇。

いつものITJよりもまだ脚は動いたかな。
d0242696_08355744.jpg

でも速いペースではないが確実に進む。

5月初旬のこの日、
1年で1番コンディション良い時期ではなかろうか。
d0242696_08355731.jpg

d0242696_822013.jpg

ペースが落ち、フィニッシュ時刻が
予定より遅くなるため、
エスケープルートで下山を考えたが、
迎えに来る奥さんに
こっちのこと(子どものこと)は何とかするから
最後まで走って、脚をぶっ壊して来い、との
熱い励ましを貰った。

子どもの為にもこれ以上遅れることはできん、
と気合い入ったのと、補給の歯車が噛み合ってきたか、
樽戸峠過ぎからギアチェンジ。

最後の猪ノ目峠からのアスファルトの下りも
ガンガン飛ばして、
失速することなく稲佐の浜にフィニッシュ。
d0242696_08355810.jpg

想定外にガンガン飛ばせたせいで、
奥さんの迎えがギリ間に合わず(笑)

北山に入ってからはいつものITJと同じように失速したが終盤息を吹き返し、そのままフィニッシュできたのは大きな収穫。

この行程を1人で割とサクッとこなせたのは
大きな自信になり、
恐羅漢トレイルも気持ちに余裕を持って挑めることだろう。

[走行データ]
時間: 11時間30分くらい
距離: 51.1km
累積標高: 2760 D+
恐羅漢トレイルへの自信: 3割増し


コースは昨年のITJのコースの三本松公園の部分と北山の矢尾峠〜木無谷〜遙堪峠はカット。

…よく考えたら、ITJダブルって100km、5000D+くらいになりますよ。皆さん(笑)






[PR]

by peperonci_no | 2017-07-22 08:10 | 山行 | Comments(0)  

親子ハイク(新規メンバー登場)... >>