出雲 北山 弥山 登山道状況 [2016.05.22時点]

GWの終盤、弥山に登りに行ったら、
京都から来られたという素敵な夫妻と山頂で出会った。
GWを利用して車中泊しながら中四国地方の山々を歩いて回っている。とのこと。
観光や買い物ではなく、登山をメインに旅行していて、
最終日に弥山に登ってから帰路につくところだそうだ。
・・・何やら自分の両親を見ているようだった(笑)

話を聞いていると、ネットで調べて弥山を選んだとのこと。
ネットの情報では倒木が結構酷いということで、
覚悟して来られたようだが、
想定外に登山道が整備されていて驚かれていた。


ネットから情報収集して目的の山を決めたり、
登山計画を立てることは今どきだったらよくあることだと思う。

北山ミーティングに参加するようなご近所さんは、
実際に山に入ったり、知り合い同士のネットワークで、
弥山や他の北山の登山道の整備状況はいくらか情報を持っているが、
他所から来られる方は、意外と現在の弥山などの登山道整備状況は知らない。
また、そういった情報を公開しているポータルサイトのようなものは無い。

前振りが長くなったが、
より新しい今の登山道の状況を広く知ってもらう目的で、
2016年5月22日現在の出雲 北山 弥山の登山道の状況を載せておく。

写真は弥山の登山道の一番メジャーなルートで、
今一番整備が進んでいる修理免道の様子だ。
昔の状況を知っている人は本当に驚かれると思う。

谷側へ滑り落ちそうな斜面も人が歩く分は平らになっている。
d0242696_23143926.jpg
d0242696_23144428.jpg
d0242696_23144923.jpg
ステップもあり小学生でも登り易い。
d0242696_23145548.jpg
丸太のベンチもある。
d0242696_23145832.jpg
倒木をくぐったり跨いだりしていた場所
d0242696_2315233.jpg
”倒木の巣”だった場所
d0242696_2315777.jpg
本当に気持ちが良い。
d0242696_23151658.jpg
d0242696_2316136.jpg
最後は岩場
d0242696_2316519.jpg
d0242696_2316920.jpg
山頂の榎の横を通る道も有志の手で岩とコンクリートと土嚢で頑丈に補強されつつある。
d0242696_2316132.jpg
この景色は変わらない。
d0242696_2316176.jpg
この日の被写体はN氏。
5月末のひろしま恐羅漢トレイルの互いの健闘を誓い合いがっちり握手。
d0242696_23162156.jpg


この日のルートと標高は以下。
コースは、出雲 北山 弥山の修理免道の往復(スタートは木段下)。

標準コースタイムは以下。
登り:1時間〜1時間40分程度、下り:30〜50分程度
距離:2.8km(往復で)
累積標高差:440m程度


駐車場は古代出雲歴史博物館の東側の弥山広場。
d0242696_23162579.jpg


修理免道の整備に関わられた有志の皆様に感謝。






 
[PR]

by peperonci_no | 2016-05-25 23:42 | 山行 | Comments(0)  

<< 不死鳥は舞い降り、去っていった... 銀山街道トレイル、温泉津〜三瓶... >>