ガチンコ勝負の弥山タイムトライアル[2015.02.22]

N氏企画の走行会が開催された。
N氏、ありがとうございます。

普段のトレーニングの場かつ癒しのルート、弥山登山道で、
自分との戦いにランナーが闘志を燃やした。

今回の走行会の合い言葉は"すべてぶっ壊す"で、
自分の身体が壊れてしまうくらい追い込んで、
普段感じることのできない限界を突破してみよう、というコンセプトで、
9人が集まった。
d0242696_2354289.jpg

最近整備が進み、登山者も増えているかもしれない弥山の登山道なので、
いつも以上に登山者、ランナーとのすれ違い時の配慮には注意が必要。
配慮のためのルールはN氏から事前にPRがあり、周知された。
幸い、当日は登山者とも1人も遭遇することも、トラブルもなく、
参加者みんながぶっ壊れた、素晴らしい走行会となった。

今回の走行会は、
修理免登山道の登山口をスタート、
弥山山頂をゴールとしたコースで、
過去の大会などのタイムなどから、
タイムの速い人が最後尾スタートで、1分間隔をつけて、
先行者を追いかけるようなウェーブスタート方式だった。
d0242696_23544142.jpg

1分という間隔が絶妙で、時間にすると短いような微妙な時間だが、
山の1分は結構離れる。でもちょっと手を抜いたりすると1分くらいすぐロスする。
前方、後方ともに気にしながら走る緊張感がたまらなかった。
d0242696_23544786.jpg

1分ごとのウェーブスタートで、先行者が順にスタートし、
自分の順番がどんどん迫りカウントダウンが始まり、緊張感が高まる。
d0242696_23545751.jpg

スタートして最初の斜面はある程度開けているため、
前の選手がどんなペースで登っていくのか、
どれだけ気合い入っているのかが見えて面白い。
d0242696_23545251.jpg


d0242696_2355145.jpg


私の順番もあっという間に来て、緊張の中スタート。
d0242696_2355777.jpg

目標はひとまず30分きりだった。

たかだか30分だが、今までの経験上、最初に飛ばしすぎると後半だれる。
自分の実力程度をキープしてテンポよく登ることを心がけた。

前方のKJ氏の姿はほとんど見えない。どこまで食らいつけるか。
d0242696_23551241.jpg

後方のAD氏の姿がチラチラ見え隠れする!やばい!
でも、自分のペースで黙々と進む。

途中、ともちゃん、かちゅう氏をパスするも、息が上がり、ろくに声も出ず。
結構限界ギリギリで登る。
3合目辺りから既にふくらはぎがピキピキいい始めたが、だましだまし登る。

前日の雨で足元はぬるぬるのところもあるが、
足場を選びできるだけロス無く進む。
走れる所は走る。

今日は自分への甘えを理由に歩いたりはしない。

何回か試走(?)をしているため、
あとどれだけという感覚があり、ペースの計算もなんとなくできた。

最後の斜面で前方にKJ氏の姿が見えた!
必死に食らいつく。

更に前方にはkimiさんの姿、そして気合のこもった声が。

皆、追い込んでいる。

最後の岩場、私も両手を着いてグイグイと登っていく。
心臓ばくばく、はぁはぁ。

文字通り、最後の力を振り絞ってゴール。
富士登山競走を思い出す感じ。
d0242696_23552722.jpg

目標を大きく上回る24分台。
やはり普段、自分に甘えてる。
そんな気はしていなかったのだけど。
d0242696_23553612.jpg


d0242696_23553258.jpg

山頂ではYTさんが歩荷してくれたコーラとクリフバーをいただいた。
ありがたや。

最終結果は、やはり盤石、N氏が22分台で1位。
d0242696_23563540.jpg

2位が私で、私以降からは24分台となる。
皆が、次回こそは22分台、と目をギラギラさせていた。

切磋琢磨というのはこういうことなのだろう。
これからも定期的に開催されるらしいので、
メンバーと刺激し合い、自分との戦い、楽しんでいきたい。
d0242696_2355413.jpg


主催のN氏、タイムキーパーのYTさん、Y氏、
参加者のみなさん、ありがとう。
お疲れさまでした。

[走行データ]
時間:24分7秒(手もとの時計)
距離:1.41km
累積標高差:472m上昇
心拍数:Max188、Ave176
消費カロリー:335kcal


今回のルートと、標高、心拍数チャートは以下。
d0242696_23554526.jpg


心拍数はスタートしてすぐ170を越えて、
ずーっと180前後を行ったり来たり。
最後の斜面で心拍数Maxを記録できたのは、
追い込めていた証拠だと思うが、
中には気管から血の味がした参加者もいたらしい・・・
そこまでは追い込めていない。
どちらかというと、ふくらはぎとかに先に来てしまう感じ。
・・・精進ですな。
[PR]

by peperonci_no | 2015-03-01 00:07 | レース | Comments(0)  

<< 中国シクロクロス最終戦にMTB... MMTを走ってきた。[2015... >>