第36回 一畑薬師マラソン大会 [2014.10.26]

昨年の大会も実は参加していたが、
写真が無かったため、記事も無し。

今回は奥さんが長男と応援に来て写真も撮ってくれたので、
記事を投稿できる。

今回は、
猪ノ目の峠走や、一畑薬師の試走を2本やったり、
それなりに準備はしたつもりの所、
直前に風邪を引いてしまい、どうなることやら、で
大会に挑んだが、

結果、風邪の影響は多分なし!
言い訳できない状況で、昨年から20秒ほど遅くなり終了。

それでも、自分なりには満足いく結果となった。
d0242696_23115584.png


今年はこれだけはやろう、と決めていたことがある。

スタートの位置は前列に攻める!(実力をわきまえて)

例年、ちょっと控えめなスタート位置を取っていたため、
スタートしてからなかなかスピードに乗れなかったり、
前方にいる遅い選手を抜くのに身体的にも、
精神的にも苦労していた。

今回のスタートのボジションは前から3、4列目。
結構攻めた。
そこに並ぶだけでビビる。
俺ここに並んでいいのかな〜とか。

よく考えると50位以内には入ってくるんだから当然といえば当然。
でも不安。

ある意味この緊張状態からすると、
今回の大会のハイライトはここだったのかもしれない。

号砲とともに結構いいペースでスタートしていく。
期待通り、ノロノロしない。
でも置いて行かれない程度のいいペース。

下り坂が始まる所くらいまでは
先頭集団に何とか食らいつくことができた。
ここからは、かなり抜かれた。
予定ではキロ4分25くらいで下れればOKとか
考えていたけど、実際はキロ3分40〜50のハイベース。
これは無理し過ぎかな、とか思っていたが、
蓋を開けてみたら昨年とほぼ同じペース。
・・・しっかり昨年のデータを見返して目標設定すべきたった。

2分前にスタートした20代の選手達を追い抜くのが結構しんどかった。

麓の分岐に到着。9分57秒。
結構疲れているけど、まだまだ行ける感じ。
お!今年はいけるぞ!と思っていたが、
後で調べたら、これも昨年と同じ感じ。あちゃー。

ここからは1.6km程度で22mの緩やかな登り。
試走の感じからするとキロ5分切りがいいところだろうなー、
と思っていたが、大会本番なので、
行ける所まで突っ込んだ。
結果、この区間キロ4分25〜45で走った。
最後の200mくらいで撃沈して、
その間にクワさんにぶち抜かれた・・・とほほ。

自分にしては上出来だ!
と思っていて、後で調べたら、
これも昨年とほぼ同じペースじゃないか。あちゃー。

かなりバテて最後の石段突入。1138段へ。
小刻みでも走った方がいいのか、
膝を手で押して一段飛ばしで行くのがいいのか、
ここまで来ると作戦も何も、
酸素が足りず、何が何だか、
もうとにかく前に進むしか、という考えしかできなかった。

2分前にスタートした20代の選手達がバテて道を塞いでるー!
一気に抜き去る所もあれば、
流れに任せ、一息入れてしまうところも。
これがいかんかった。あまかった。

何とか登りきると、奥さんが檄を飛ばしている。
d0242696_23114922.png

踏ん張った。

ダレている選手を抜き去る。
土産物屋の横を鬼の形相で走る。

最後の直線でもダレること無くスパートできた。
ゴール時のペースはキロ3分5だった。よし。

今回はとても久しぶりに、ゴール後立ち上がれない。
目眩がした。
今回は心拍計を着けていなかったが、
おそらく190を越えていただろう。

結果は26分38秒で41位/300人くらい

昨年とほぼおなじタイムで20秒の差は、
緩やかな登りの終盤でダラけてしまったことと、
石段で一瞬でも怠け根性が出たことによると考えている。
気持ちが大事。
まぁそれよりも走り込んでベースを上げるのが先回りでしょう。
一畑薬師マラソン用でなくても、峠走もっとやらねば、と思ったのだった。
d0242696_23122692.jpg

今回は同じ5kmの部に、広島からkuwaさん、
米子から音さんが出場。それぞれワラーチとVFFで走られていた。
そんでもって、私より速い(冷汗)
さらに、きみさんが応援に駆けつけて下さった(走りにきた)。

[走行データ]
時間:26分18秒
距離:5.20km
累積標高差:160m下降、上昇


今回のルートと標高差は以下。
d0242696_23132626.jpg


なぜだか今回も賞品が当たった。
d0242696_2312112.jpg

ラッキー賞。
来間屋の生姜糖と生姜湯のセット。
かなり嬉しい。
かならず何かもらって帰る大会。
また出たい。次は奥さんの番かな!
[PR]

by peperonci_no | 2014-11-05 23:21 | レース | Comments(0)  

<< 銀山街道トレイル調査その1 [... 今年も北山練習会の時期ですね。... >>