ぺぺろんちーの杯、結果報告 [2014.05.06]

PRしたように、当blogを名前に取ったトレイルランのイベントを開催したため、
その結果を報告する。

結果としては大成功に終わったと思う。
d0242696_22524269.jpg

今回のイベントは先日開催の「出雲トレイルジャーニー」に端を発している。

こんなコースで走ったら面白いよね〜という雑談から生まれたイベントが、
N氏の尽力により、形になった。

自分たちでイベントを作る。
これが実に面白い。

どんな話の流れか、今回、私がイベントを担当することになり、
地形図とにらめっこ、情報収集、そして試走、イベントの企画など、
ひとつのイベントを作り上げることは非常に大変だということが分かった。

そして実に面白い。
d0242696_23161182.jpg


d0242696_22532731.jpg


d0242696_22531161.jpg

はじめは、いろんな人が楽しく集まって、トレイルを通じて交流できたらいいな、
というくらいの目的意識だったが、

企画をしていくうちに、今の日本におけるトレイルランの状況や、
自分のトレイルランへの思いだとか、開催目的が変貌していって驚いた。

口に出してはいなかったけど、
私の中での開催目的は以下のような内容だった。
(今更オープンにしてもあまり意味は無いが)

・山陰(中国地方)のバラバラに散らばっているトレイルランナーが
交流できる場を提供し、互いに刺激を与えあってもらう。
・乏しい山陰(中国地方)のトレイルラン業界のネットワークの拡大につなげる。
・未開拓、未踏破のルートを紹介し、多くの人たちで楽しさを共有する。
・上級者の技を盗んでいただき、レベルアップしていただく。
・普段の個人的な山行、トレーニングではやらないスケール大きめのコース設定をして、
ボロボロになっていただく。


また、会費を取らないイベントであるため、コースのマーキングや、
誘導員の配置をしないことや、エイドステーションを配置しないことが、
今回のイベントの特徴だったことから、
後から付いてきた目的としては、
地図読みができ、補給も自分でできる
"自立したトレイルランナー"が増えたらなぁ、というボヤッとした願望もあった。


このような目的を感じ取ったかどうかは不明だが、(そうであって欲しい)
島根県、鳥取県、広島県から、総勢9名の山を愛するランナーが集まり、
さらに3名のサポーターまでついていただけた。
d0242696_22535280.jpg


d0242696_22534793.jpg

d0242696_22541292.jpg

スタート前のブリーフィングでは、今のトレイルランニング業界の状況など、
長い説明を聞いていただいたおかげか、
登山道における登山者とのトラブルは聞く限りではゼロで、ホッとした。
そしてもちろん、けが人も無く、全員完走し、皆様の笑顔を見られたことが
何よりうれしかった。

今回のイベント、
冒頭にも書いた通り、天候も晴れ、気持のいいトレイル(我ながら)、
集まった参加者の皆様のマナーもGood!
エイドのおにぎり、コーラ、ポテチは最高。
トラブルもなく、イベントとしては100点満点だと思う。
d0242696_22542488.jpg

d0242696_23153421.jpg


d0242696_22545052.jpg

一方、主催側として今後に活かしたい点は何点かあるので、
もし、次回があるのならば、そこはフィードバックしたいところ。(もし・・・)


最後になりますが、
トレイルランニングはレースばかりではない!
自分で地図を見ながらルート開拓することも醍醐味だ!
そんなことを再認識させてくれたいい機会だった。
私はレース熱がやや冷めているからかもしれないが
(中国地方のレースはたまに出ます)、
これからもどんどん地形図片手に山へ分け入ってみたいと思う。

今回のイベントにご協力下さった関係者の皆様、参加者の皆様、
本当にありがとうございました。
d0242696_23145547.jpg


d0242696_23143460.jpg
※他、撮った写真を一部Facebookに投稿しています。


最後と言いましたが、まだ続きます。
いつものように、
今回の走行データは以下。

時間:6時間3分 (スウィーパーのタイム)
距離:27.83km
累積標高:2077m上昇、1834m下降
心拍数:Max187、Ave157
消費カロリー数:3043kcal


ルート、標高差は以下。(今回使用したMap。分かりにくい分岐は写真を掲載)
d0242696_22554069.jpg

d0242696_22552534.jpg

ぺぺろんちーの杯としてタイム計測しているので掲示します。(参考タイム)
d0242696_22554576.jpg



ではまたどこかの山で。
[PR]

by peperonci_no | 2014-05-08 23:04 | レース | Comments(0)  

<< 号泣の第21回えびす・だいこく... ぺぺろんちーの杯へのお誘い、日... >>