さくらおろち湖トレイルラン [2012.10.21]

尾原ダムが完成!ということで、ダム湖祭りが開催され、
それに合わせてトレイルランニングのイベントが行われた。
写真はダム湖祭りの模擬店の様子。
d0242696_2262933.jpg

島根県でトレイルランと称した大会、
しかも地元の皆様に運営に協力していただく大会の開催自体が実は画期的なこと。
(出雲北山トレイルランは練習会であり、かつトライアスロン協会のみで運営)

第1回開催を見据えた試走会という位置づけでの開催だ。
大きな広告を出している訳ではなく、
人伝でこんなイベントがある、という情報を得て、参加することになった。

同日に、鳥取トライアスロン協会主催で、
大山の一向平〜大休峠〜川床〜大山寺の往復ルートで、
こちらも練習会という位置づけで開催されていた。

さくらおろち湖〜の方に参加した理由は、
次週にOSJ氷ノ山があり、
大山の方が、距離が長く、ダメージが残りそうだったため、
あと、TEAM SALOMONから佐藤英人選手が来られる、とのことだったため。

当日申し込みOKということで、受付していると、20名くらいが参加とのこと。

スタート前の説明。
走者がずらりと集まると、主催者側の地元ランナーの方達の方が多い!
d0242696_2263128.jpg

地元以外の参加者も、トレイルランの経験がある方はかなり少ない。
やはり島根にはトレイルランナーがあまりいない。

今回の試走会/体験会を機にトレイルランにハマる方が入れば嬉しい。
これは協賛のSALOMONさん側も同じ思いだったことだろう。

試走会/体験会ということで、スタートしてダッシュもしない。いいね〜。
のんびりとしたペースで、純粋にトレイルランニングを楽しめる感じになっていた。

時折、休憩を入れながら、佐藤選手からのアドバイス、注意事項の説明など。
d0242696_2263379.jpg

ロードしか走ったことの無い方には目から鱗だろう。
今後どれだけあるか分からないが、
トレイルランを始める方にトレイルランの何たるかを説明する機会があるかもしれない。
参考になりそう、そんなことを思いながら聞いていた。

自分の走りに、佐藤選手の走りに集中していたため、
写真は撮れなかったが、
コースは何週間か前から地元の方が入って、
下草を刈ったりして、非常に走り易く整備されていた。
そして、あまり人が入らないためか、トレイルはフカフカだった。

テクニカルな部分と、快適なシングルトラック、林道、
急な登り、そして田んぼの畦道など、コースはバリエーションに富んでいた。
トレイルランを始めようとしてる人にとっては、
トレイルランの楽しさ、と大変さ両方を味わえるようなコース設定だったと思う。

折り返し地点の要害山の登りは、佐藤選手について行った。
ん〜キツい。でも気持ちよかった。やっぱりトップ選手は速い。

要害山からの眺望はなかなかのものだった。
要害山下のみざわの館前がエイドステーションとなっており、
地元の方からのもてなし。ありがたい。

ここからはアスファルトがしばらく続く。
アスファルトになると、参加者が口を揃えて、
「やっぱりこっちの方が楽だ〜」と言う。
私、N氏はともに全く逆で、ロードになるとしんどいと感じる。
まったく逆の反応で、ある意味新鮮だった。

アスファルトを終え、あとは下り基調。
気持ちよくゴールまで走らせていただきました。

ん〜楽しかった。
d0242696_2263876.jpg



温泉に入り、その後はみざわの館へ移り、
佐藤選手との懇親会。

最初にSALOMONさんが作成したと思われるDVDの上映。
ロードのランナーがトレイルランを始めるにあたっての注意や魅力など
なかなか丁寧な作りで、これも誰かにトレイルランについて解説するための
教材には結構良さそう。

佐藤選手から、トレイルランニングの魅力などの話。
通常1泊2日のルートを日帰りができる・・・など、
非常に共感できる内容だった。

自分がどんな思いで、トレイルランをやっているのか、
トレイルランの魅力って何だったっけかな?と再認識することができた。


続いて、参加者からの質疑応答。
どんな装備を持っているのか、など。

やはりロード出身だとなかなかそこの勝手は分からないようだ。
遠回りかも知れないが、登山から入ってトレイルランをする方が近道じゃないか?
と最近結構思う。

佐藤選手の言うように、トレイルランニングは登山の延長。
これも共感できる。

里山ランだけで収まっていれば良いが、
やはり高地や距離の長いルートへ目標はシフトしてく。
そうなると自然の中でのリスクマネジメントやセルフレスキューなど、
ランニングではなかなか知る必要がない要素が必要となってくる。

懇親会の中でも話題に上がったが、
トレイルランを始めてみたいけど、どうしたらいいか分からない、など、
情報が不足している、情報を得る手段がないと言うのが島根の現状。
同時にトレイルランニングの注意すべき点なども誰も教えてくれないのも事実。

今回のイベントを通して、
自分にとってのトレイルランニングの存在意義を再認識し、
島根、山陰のトレイルランニングがいかに認知されていないか、
いかにトレイルランニングが広がる地盤がないかを感じた。

今回のような地道な試みを続けるほか、
何か起爆剤となるようなイベントが必要で、
そこにはトレイルランニングの魅力や
その裏のマイナス面を伝えることのできる人間が必要とされる。

安易ではあるが、自分に何かできないだろうか・・・と感じた。
未だ具体案は無いが、まずはこのblogで細々と情報を発信し続けようと思う。

PS
佐藤選手、アメアスポーツの青木さん達は、
東京に帰らなければ行けないので16:30には奥出雲町を出発されました。
ん〜やっぱり島根、遠いよね(汗)

[走行データ]
時間:1時間52分のんびりと
距離:10.4km
累積標高:467m上昇


今回のルートのGPSログと標高は以下。
d0242696_2220612.jpg

d0242696_2221776.jpg

※標高は補正ができておらず、正確ではない。最高地点は418m。
[PR]

by peperonci_no | 2012-10-21 22:33 | レース | Comments(4)  

Commented by でっきー at 2012-10-23 21:37 x
始めて書き込みます。
出雲で3週前からトレラン始めて、北山を走ってます。
さくらおろち、イベント、知りませんでした。出たかったなー!
先日、出張でアドバンスドスキン12L買いました。
急いで選んだので、大きいのに気づき、5Lに交換して貰おうと思いましたが、
ぺぺろんちーの さんが、SKIN PRO 10+3 SET
ADVANCED SKIN S-LAB 5 SET
ウルトラスパイアー サージ
を持ってるのを見て、「ロングツアーを夢見て」と、「千円差で5Lもなー」「もっ
といて損はない」で
とりあえず12Lでやってみます。
少し膝を痛めましたが、直れば三瓶も走りに行きます。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by peperonci_no at 2012-10-23 22:23
>でっきーさん
書き込みありがとうございます!
3週間前からですか・・・ほやほやですね。
きっかけは何だったんでしょう??

実際5Lの登場機会はなかなか少ないですよ。
ご近所を走る時かエイドがあるレースだけです。
5Lはなかなかパッキングが難しいですし、
入れるものを相当選びます。

本格的に山に入ろうとしたらやはり12Lくらい欲しい所です。
私はSKIN PROじゃなくてこちらの方が欲しいくらいです。
サージも、結局オメガの方がよかったな〜って実は思っていたりします。
大は小を兼ねる、ということで、いいんじゃないでしょうか??

膝、お大事にしてくださいね。
近々、セッションしたいですね〜。
ではまた。
Commented by でっきー at 2012-10-25 22:32 x
>大は小を兼ねる、ということで、いいんじゃないでしょうか??
ありがとうございます。安心しました。

>きっかけは何だったんでしょう??
・10年前は駅伝ランナー、フルも1回
・UTMF,UTMB,TJARのテレビを見た
・熱中してたクライミングで手首を故障した
・山は昔から経験

などから、眺めのいい、気持ちのいい所を走ろうと始めたところです。
でも、旅伏山の登りは全然走れずに歩いてました。

40台後半ですので、故障に気をつけて取り組みます。
Commented by peperonci_no at 2012-10-25 23:17
>でっきーさん
クライミングやってたんですねー。
山の経験者ってなると親近感湧きます。
普通の登山もご一緒したいものです。

旅伏山の登りで走れる人はあまりいないのでご安心を!

私も出雲に来てまだまだ日が浅いので、眺めのいい所ってあまり見つけられていません。いいコースがあったらまた教えて下さいね。

<< OSJ氷ノ山山系トレイルレース... 三瓶山トレイルラン [2012... >>