裏銀座縦走(1日目) [2012.08.12-14]

毎年恒例のお盆休み縦走登山。
今年ももめにもめて、ルートを前日くらいに決定。

いろいろある選択肢の中から、以下のルートを選択。

裏銀座〜槍ヶ岳〜表銀座縦走
1日目)高瀬ダム〜烏帽子小屋〜野口五郎岳〜
2日目)水晶岳〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜西鎌尾根〜槍ヶ岳〜
3日目)東鎌尾根〜西岳〜大天井岳〜燕山荘〜中房温泉

しかし、天候不順のため、3日目を中止し、上高地へ下山することにした。

最終的には以下のルートになった。

裏銀座〜槍ヶ岳〜上高地
1日目)高瀬ダム〜烏帽子小屋〜野口五郎岳〜
2日目)水晶岳〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜西鎌尾根〜槍ヶ岳〜
3日目)槍沢ロッジ〜横尾山荘〜徳澤園〜上高地バスターミナル


目的は、裏銀座縦走を満喫(2年前は暴風雨でグダグダ)
    西鎌尾根を満喫(昨年計画していたが、計画に無理があり断念)


0日目、
島根県出雲市から長野へは一日がかりで向かう。
昼過ぎに出発し、10時間かけ700kmの道のりを車で。到着したのは1時過ぎ。
しゃくなげ荘横の登山者用駐車場で2時間ほど仮眠。

1日目、
高瀬ダム登山口 6:40
烏帽子小屋 9:43-9:53
野口五郎小屋 12:32


4時過ぎに起床し、4時45分タクシーで高瀬ダムへ。
タクシーの入れる七倉ダムまで11340円。
七倉ダムのゲート前には早くも登山者が数組。
2100円?支払ってゲートをくぐり高瀬ダムへ向かう。

高瀬ダム、2年前を思い出す。結構鮮明な記憶にびっくりしている。
あの時はだれもいなかったが、今回は数組の登山者がいた。
d0242696_16264831.jpg


さっさと登山口へ。割と天気はいいようだ。
今回、天気図などの情報から天候に対しては期待してなかった。
駄目ならエスケープして下山かな、と最初から決めていた。
期待していなかった分、初日の天気はよかった。

2年前にも苦しめられた、急登ブナ立尾根を登っていく。
予定より早い6:15出発。

今回は2,3泊の予定でテント泊装備で入山。
初日は日程の関係上、野口五郎小屋で小屋泊まり。
テント泊装備で19kgの重量だった。

15kg以上の重量を担ぐのは、冬以来だろうか、重い。
おまけに2時間くらいしか寝ていないため、
どの道調子は出ないと思い、のんびりペースでスタート。
d0242696_16265282.jpg


それでも小屋泊まり登山者を抜き去り、烏帽子小屋に3時間3分で到着。
烏帽子小屋前からは、立山〜薬師岳の稜線が見えた。
昨年の7月に歩いたルートだ。
こうやって見ると、スゴの頭〜越中沢岳のアップダウンかなりきつい。
よく歩いたもんだ。

一息いれ出発。2年前よりも余裕がある。

三ツ岳までは砂礫の気持ちのいい登り。いや気持ち良くはない。キツい。
2年前来た時は既に暴風が吹き荒れていたから、まだマシ。
d0242696_16265587.jpg

d0242696_1627160.jpg



三ツ岳直下の尾根からは水晶岳がくっきり見えて感動。
2年前は視界もゼロだったから、こちら側からの赤牛岳、水晶岳見れなかったから。
d0242696_1633321.jpg


三ツ岳からはなだらかな稜線歩き。これぞ裏銀座。
d0242696_162785.jpg

d0242696_16271511.jpg

d0242696_16265946.jpg

これがやりたかったんだ。2年前のリベンジを果たせてもう満足していた。

気持ちいい。本当に。あっという間に野口五郎小屋に到着。
d0242696_1627357.jpg


天気がいいうちに、小屋から近くにある野口五郎岳に行っておいた。
これも2年前には果たせなかった。
表銀座と2日目に目指す槍ヶ岳と西鎌尾根がガスの間から見えた。
d0242696_16272672.jpg

d0242696_16271489.jpg

d0242696_1627787.jpg


お盆シーズンなので泊れるか心配していたが、
団体客がいたにも関わらず、布団1枚あてていただいた。
食事も天ぷらがおいしく、ぐっすりと眠れた。

1日目)
行動時間:6時間17分
距離:7.7km
累積標高:1660m上昇


d0242696_16403785.jpg


2,3日目へ
[PR]

by peperonci_no | 2012-08-16 16:42 | 山行 | Comments(0)  

<< 裏銀座縦走(2、3日目) [2... スイムラン in 多伎 [20... >>