世界ジオパークトレイルラン(略称) [2012.07.08]

今回のトレイルランのレース、
レース名が長い。
「第1回世界ジオパークトレイルラン2012 in 山陰海岸(神鍋高原)」
記事のタイトルは略称とさせていただく。いろいろ詰め込み過ぎ。
結局最後まで覚えられず。

さて、富士登山競走の直前ではあるが、トレーニングのつもりで参加。
きつかったが、いいトレーニングになった。

トレイルランという名前はついていたが、
ロードあり、クロスカントリーコースあり、林道だらけのコースで
クロスカントリーレースと名前を変えた方がいいんじゃなかろうか。

トレイルランてやはり登山道、シングルトラックであって欲しい。
林道は登山道ではないよね・・・。

これはこれ、それはそれ、で楽しめたけど。

前日入りし、
トレイルラン講習会、コース説明を受けた。
トレイルラン講習会はほとんど知っている内容だったが、聞いておいた。
こういう内容って、ロード出身者は意外と知らないまま
トレイル入っちゃっている人結構いるんじゃないかな〜。
非常に有意義な講義でした。

屋台村の食べ物をたくさんいただき、ビール缶3本飲み、
車中泊で爆睡。
よく眠れ、当日朝。

小雨がパラついているが林道メインならピーカンよりもいい。

ささっと準備してスタート会場へ。
今回はフォロワーのきみさん、音さん、muneさん、そしてshigeさんと一緒だった。
談笑し、時間をつぶす。やはりレース前のこの感じいいね。

今回のレースめずらしくウェーブスタートのレース。
女性が第一グループ、その後5分ずつずらして100人ずつくらい(?)スタート。

しばらくロードが続く。
同じグループの中でなぜか3番手についた。

少し行くと沢沿いのトレイルを滝まで走る。
見事な滝だった。
d0242696_12411143.jpg



そこからしばらくアスファルト、
そして田んぼの脇の未舗装路へ。
d0242696_1241163.jpg

5分前に出発した前のグループと早くも遭遇。

林道の入り口に着く。
ここからかなり林道を上がる。
16%↑upなんて標識があったような。すごい。
d0242696_12412011.jpg

ずーっとだらだらと未舗装の林道が5kmくらい(?)つづく。
歩く人が多いが、ここは我慢して全部走る。
普段のトレーニングの成果だ。

蘇武岳手前のトレイルの入り口に着くと、
かなり滑りやすいトレイルだったため、
大渋滞。
d0242696_12412445.jpg

せっかく走って追い抜いてきた選手に追いつかれてしまい残念。
さらにこの区間のトレイルで、後方スタートのグループのトップ選手に抜かれた。
速いし、超軽装だった。

この大会、第1回開催ということもあり、
オンロードのランナーが多い。
当然ランシューで参加しており、当然滑る。

トレイルを荒らしたくはないが、
スリップ防止に踏み跡横の滑らない部分を選んで歩かせてもらった。

木段もあったが、このセクションは全般的に
「トレイル」といった感じで良かった。

蘇武岳山頂からはガスで何も見えず。
蘇武岳からの下りは、やはりロード出身者を苦しめる
かなり滑りやすい下りだった。私は楽しめた。

しばらく下るとエイドステーション。
d0242696_12412782.jpg

水だけもらってすぐ出発。
ガスって周り何も見えず。

ここからは7キロ(?)の下り、
600m一気に下りる。
しかもアスファルトの下り。
d0242696_1241303.jpg


アスファルトの下りは得意ではなく、
どんどん抜かれて行く。
時々ある登りで追い抜き、結局順位はそんなに変わらず。

景色のいい場所もある。
d0242696_12413883.jpg

写真をのんびり撮っていると、
後続グループからスタートしたはずのshigeさんが
タイム差を跳ね返し、追いつき、
猛スピードで駆け抜けて行った。
フォームが綺麗だ。速い訳だ。
d0242696_12423480.jpg


私はとぼとぼに近いやる気でアスファルトの下りを走る。
本当に嫌になる。

かなり長かったと思う。
途中でガレた林道に変わり、
王滝クロスマウンテンマラソンを思い出し目眩が・・・。

この区間、ほぼ一人旅。
d0242696_12414473.jpg

気が滅入ってきた頃に標高下部のエイドステーションに着いた。
ここではトマトを美味しくいただいた。本当にうまかった。
塩もガッツリ。かなり汗をかいていたため助かる。

さぁ、またここから380m程度ずーっと登り。
さすがに疲れていたか、ここの登りは歩きと交互に。
それでも結構何人か抜いた。

まぁこのレースはウェーブスタートだから、
自分の前を走っているから自分より速い選手ではないから、
順位の感覚はなく、マイペースを貫くしかない。

もーう、嫌!
と思っていると、峠にあるというエイドに到着。
ここのエイドは嬉しかった。
水をいただきリスタート。
しばらく登り、いよいよ下り。
嬉しいやら悲しいやら。
また400mひたすら林道の下り。
王滝の悪夢を思い出す。

小指のマメが痛むが、他に脚にはダメージが無いため飛ばす。

民家が見えてホッとした。
幹線道路にぶちあたると、唯一の強制ウォーキング区間。
ありがたく歩かせていただく。
ジェル、水分補給、腕、肩のストレッチをしながら。

しばらくロードを走り、最後の一山、神鍋山の麓のエイドに到着。
キュウリ、エネルギーにはならないけど、うまかったな〜。
塩たっぷり摂取。ポテトチップスもボリボリ。うまい。

気合いを入れて、あとはこの一山を越えるだけ。と言聞かせ走る。
疲れていたが登りは歩きとランを交える元気はまだある。

神鍋山をグルッと遠巻きにクロスカントリーコースを走り、
d0242696_12414926.jpg

最後に登山道に入り、

急登!!

ここへ来ての急登、かなり堪えました。
我慢我慢。

神鍋山の火口はなかなか面白い地形。
d0242696_12415654.jpg

写真を撮って下る。

ほぼ直降。
まだ脚は残っているようだ。

麓に到着。残り2キロと言われ、スパートすることにした。

前の走者も結構いいペースで走っている。
キロ4分台で突っ込む。
かなりキツかった。

ゴール会場に着いた。
会場をグルッと一周回る。
ここでさらにスパート。
奇跡のキロ3分台で駆け抜けて、ゴール!

出し切ってゴールできたため大満足。
コーラうまかった。500mlペット飲料を3本も一気に消費してしまった。
d0242696_1242264.jpg



結果は
時間:4時間56分
順位:84位(541人中)
距離:42km (Ambitでは40.6km)
累積標高差:1612m↑up

まずまずでした。
d0242696_1242774.jpg



コース、高低図は以下。
d0242696_1241465.jpg


d0242696_1241811.jpg

[PR]

by peperonci_no | 2012-07-16 12:54 | レース | Comments(0)  

<< 弥山、猪目、鵜峠、鷺浦、大社ラ... 富士登山競走試走 [2012.... >>