出雲北山トレイルラン練習会&ハプニング [2011.11.27]

○出雲北山トレイルラン練習会

島根県トライアスロン協会主催で、
出雲北山トレイルラン練習会に参加してきた。

当日参加OKとのことなので、
当日早めに行って、受付を済ませた。

30人弱の参加人数で、大半が島根県、鳥取県のトライアスロン協会会員。
トライアスリートと言えば、とんでもない体力の持ち主、という印象。

おかげで、集まった皆さんは皆速そうに見える・・・めちゃめちゃ不安。
d0242696_21435448.jpg



今回の大会はレースとは呼ぶが、名目は練習会。
タイムは計測するが、エイドもないし、表彰も無い。
(私はレースのつもりで走った。)

ゼッケンも無く、手の甲にマジックでNo.を書く。
トライアスロンっぽくてちょっとドキっとした。

スタートも特にゲートもなく、
電柱の横に適当に並んでスタート。

練習会というだけあって、和やかなスタート。
一瞬トップで走りました。
だって誰も走らないんだもの。

コースは、
北山ガルデン〜旅伏山〜伊努谷峠〜鰐淵寺〜遥堪峠〜
 鼻高山〜伊努谷峠〜旅伏山〜北山ガルデン の19km

100mくらいのオンロードを終え、
トレイルに入ると、2名に抜かれ、3位。

後ろから来るかな〜と思っていたら、
最初のピークまで、ずーっと3位のままが続きました。

皆本気出していないのか、山陰のトレイルランのレベルがこれくらいなのか、
事実はよく分かりませんが、
自分が上位に食い込んでいること自体が不思議で、変な気持ちで走っていました。

思った通り旅伏山までの登りが一番きつかった。
一応、走れる所は走って、木段は膝を手で押して早歩き。
ふくらはぎに早くもはりが。
心拍数も上がる。

旅伏山から伊努谷峠、そして鰐淵寺までは気持ちよく走らせていただいた。
下りをガンガン飛ばしていると、後ろからの足音も聞こえなくなった。
テクニカルな下りが得意なトレイルランナーが少ないようだ。

d0242696_2144071.jpg



しかし、調子に乗って旅伏山までの登り、鰐淵寺まで下りをぶっ飛ばしたため、
足がだいぶ疲労していた。

鰐淵寺から遥堪峠の林道で一人のおじ様に抜かれる。これで4位。
遥堪峠で抜き返し再び3位になるが、
ここからは、ふくらはぎの痙攣との戦いだった。
塩熱飴や水分を取ったが、なかなか痙攣は収まらず。
ストレッチをしているとおじ様にまた抜かれ、4位に。
ペースを上げられず、3位のおじ様に追いつけず、結局最後まで。

遥堪峠過ぎからずーっと独りのレースで、
一人でトレイルランしてる感じだった。
後ろから全然人来ない。

そして、鼻高山から先では大腿四頭筋の痙攣とも戦う羽目に。

せっかくの気持ちいいシングルトラックなのに、全然飛ばせない。
省エネ走行。

結局最後まで、ペース上げられず。
何だかんだありましたが、結局4位でゴール。
1位の方から遅れること30分以上。1位の方速かった。

d0242696_2144394.jpg



<走行データ>
時間:2時間48分
距離:19km
心拍数:Ave169、Max182
標高差:1283m↑up、1272m↓down




○ちょこっとトレイルライド
トレイルランの後、バイクショップのイベントで、
初心者向けで林道をMTBで走るということで、
クーリングダウン位の気持ちで行ってきた。

林道は斜面の崩落がかなり進んでいて、
林道に土砂が谷に向かって斜めに堆積している。
なかなか安心して乗ることができない。
乗車率は50%くらいでしょうか。
乗れる所は結構楽しめました。

傷めている膝もそんなに問題なく、
トレイルランで疲労の溜まっている筈のふくらはぎ、太腿も特に問題になら無かった。

全然別問題で、
狭いトレイルからはみ出て谷へ落ちかけた?落ちた?トラブル発生。
しかも2回。

1回目はこんな感じで、狭い所を通ろうとしたら、
ちょっとした弾みでバランスを崩し、気付いた時には落ち始めていた。

d0242696_2152211.jpg



やばい、と思った瞬間、スローモーションとまでは行かないが、
それに違い状況になった。

「あー落ちてる。止まんない、やばい。止まってくれ〜。」とか、
考える時間があったのは不思議。

結局2mくらいの高さ頭から落ちていき、後転?を2回くらいして止まった。
というか停めた!
ヘルメットしていて良かったー、とこういうことが起きないと実感できない。
結果擦り傷だけで済み、良かった。

王滝でも林道から外れて落ちたりしたことないのに、
こんな所に危険が潜んでいるとは、ホントに怖い怖い。
安全運転ですね。

今回は、ザックにsalomonのadvanced skin 通称「キリアンザック」を投入。
d0242696_21523077.jpg



初めてMTBで使って気付いたが、MTBにもかなり良い!
ウエストにベルトが無く、荷物自体が腰よりだいぶ上にあるため、
動きを制限されない。
ショルダーハーネスのポケットもだいぶ使いやすい!

王滝に使えるかも。

<走行データ>
距離:4.5km
時間:48分
初心者の方々も満足されていたようです。


だいぶ消耗したので、
帰りにステーキ食べて帰りました。
腹一杯。

d0242696_21523581.jpg


生傷が気になったので、スイムはせずに帰宅。
[PR]

by peperonci_no | 2011-11-27 22:00 | レース | Comments(2)  

Commented by ai at 2011-11-27 22:18 x
昼からはご一緒させてもらいありがとうございました♪
人間ってあんな風に落ちるんだぁ~って見れて
感動(!?)でした笑

ステーキうらやましすぎです!
空腹のため早く帰ったけど
我が家はおでんでした…。
Commented by peperonci_no at 2011-11-27 22:53
>aiさん
こちらこそ、純粋にMTBを楽しんでいる光景、
興味深いものがありました。

目撃された人間の落ちっぷりとやら、私も見てみたかった〜。
今度は是非動画で撮ってください。
いやいや、もう落ちるのはごめんです(汗)

金欠で抑えていましたが、久しぶりのステーキは格別でした。
キツいイベントとセットにするのも良いかと思います。
おでんはおでんでうらやましいですが。

<< トレーニング [2011.12.3] トレーニング [2011.11... >>