一畑薬師マラソン [2011.10.30]

○一畑薬師マラソン 5kmの部 に出場してきました。

「一畑薬師マラソン」

大会HPより
ーー本大会は、出雲神話の国引きで名高い島根半島の中心部、
標高300mの一畑山上にそびえる「目のお薬師さま」として有名な
一畑薬師の石段1138段を駆け上がる非常にユニークでスリリングなコースです。
「日本マラソン100選」にも認定されており、完走したあと達成感は
他大会では到底味わうことの出来ないものであります。ーー


5kmと10kmの部があり、初めてだし、平地を走るのが好きではないので、
5kmをチョイス。

5kmのコースは2.5kmを一気に下り、
1.5kmダラダラと登り、
最後の1kmを1138段の石段を駆け上がってゴール!という
ちょっと変わったレースです。

前日の試走で、各区間のペース配分、時間の目安を付けていたので、
それを目標に走った。

d0242696_23272181.jpg


ほぼ目標をクリアして、目標だった26分切りをギリギリで達成でき、大満足です!

<走行データ>
時間:25分56秒
距離:4.86km
速度:5.20min/km
心拍数:Ave179、Max194


満19歳〜満29歳の部 クラスE 33位/230人くらい
ちなみに満30歳〜満39歳 クラスFでは35位くらいで、来年ももっと上位を狙えそう。

クラスEの優勝者のタイムは19分を数秒切っていました。
Ave3分台って・・・。すごすぎ。

各区間を振り返る。

<スタート〜2.4km>
145mを一気に下る。
目標)Ave4分半/kmで11分切り
実績)
時間:10分28秒
速度:4.24min/km
心拍数:Ave171、Max179

→ほぼ予定通り

天気はどんより曇り、時々雨。
寒くは無い。

速そうな人は集団の先頭に少しだけのようだ。
私は初参戦だったし、集団の中央くらいに配置。
結果的にはスタート直後からの追い抜きが疲れたため、
次回は前方に配置しようと思う。
スタート直後の緩やかな登りで数人追い抜き、いよいよ下り。

周りの皆さんも結構早い。
速度を見ながら飛ばしつつ、飛ばしすぎないように注意した。
脚は問題なかったが、心肺は既にmax一歩手前。

下りの後半で、数分後にスタートした後ろのグループの先頭に
あっという間に抜かれた。速い。そして軽やか。

最後の直線で少し身体をほぐす。


<2.4km〜4km>
ダラダラとした登り。
目標)Ave5分/kmで7分30秒
実績)
時間:7分16秒
速度:4.56min/km
心拍数:Ave182、Max185

→こちらもほぼ予定通り

ここからが一番踏ん張りどころ。
記録に大きくかかわる区間。
中盤までは4分半/km程度で走れた。
ここで脚が動かなくなってしまってペースダウンしている選手を追い抜く。
でも、意外と皆脚が動くようで、脱落者は少ない。

中盤〜終盤はペースが落ちてきて、必死に5min/kmを切らないよう走った。
ホントきつかった。ここの辺りからはぁはぁうるさかったと思う。

<4km〜4.7km?石段終わり>
石段を1138段、126mを一気に登る。

目標)Ave8.40min/kmで6分
実績)
時間:6分21秒
速度:11.10min/km
心拍数:Ave184、Max189

→目標どおりではなかったが、
試走のときの計測の場所が少し後ろだったため、
まずまずでは?

ダラダラとした登りが終わり、
石段に取りかかるとき、正直ホッとした。
歩ける。と。

ここからは走れるところだけ走って終始歩きで進む。
一段の高さは比較的小さいので、1段飛ばしで膝を押して登る。
結構追い抜ける。

皆、呼吸が苦しそう。私も限界。
膝を押すため一歩一歩頭を下げる。
その度にポタポタポタっと汗が落ちる。

リズムを変えるため、膝押しスタイル→通常スタイルで1段ずつちょこちょこと登る。

たまにある平地は走る。
UTMBには到底およばない競技だが、
2009年のDVDに出ていた、走れる所を少しでも走ってタイムを数秒でも縮める。
このシーンを思い出しながら動かない脚を前に進めた。

石段の中盤までは、前のセクションの平坦なロードの心拍数の上昇を引きずっていた。
終盤にようやく心拍数がやや低下してきたか?
無意識のうちに選手を数人追い抜くだけ走れた。

d0242696_23272227.jpg

写真:音さん提供

昨日の試走であとどれだけで石段が終わるかが分かっていたことも大きかったと思う。
石段の上がゴールではないが、スパートして、
最後のセクションにつなげることができた。


<石段終わり〜ゴール>
石段登りが終わって平らになり、スパート!できるか?!
目標)Ave5.0min/kmで1分45秒
実績)
時間:1分50秒
速度:4.10min/km
心拍数:Ave191、Max194

→目標以上にスパートできた!

石段で使い果たした感はあったが、残りはあと僅か。
あと440m。
平地になり、意外と走れるではないか!
灯籠のある回廊で心拍数をひとまず落ち着かせようとするも、無理!

お店が両側にある道に出たときはもう行くしか無い。とスパート!
私には珍しくストライドを広げて激しい走り。
トレッドミルでのビルドアップ走が役に立った??
フォームを意識していたのも途中まで。
頭は真っ白、夢中で走りました。
(多分フォームはちゃんとしていたはず)

たくさんの応援が嬉しかったが、にっこり笑い返す余裕も無く、
鬼の形相、眼球むき出しで、はぁはぁと。呼吸も限界!
驚愕の心拍数Max194を記録したのは石段ではなくこの区間だった。

ゴールゲートが見えた。ここまできたら行ける所まで行く!
全力を出し切ってゴール!
ぶっ倒れそうなくらい追い込んだのは、多分学生時代の10kmマラソン以来では?

しばらく身体から湯気が収まりませんでした。
(湯気の出る季節になりました。)

d0242696_23271734.jpg



脚へのダメージはあまり無かったので、
駆け足で石段へ応援に行った。

死にそうな顔の人、鬼の形相の人いろいろいました。
最後の一段で転倒する人が何人かいました。
皆それぞれ必死に走っていて、感動しました。

d0242696_23271364.jpg


しばらくすると10kmのトップが選手がやってきました。
10kmのトップの選手でも鬼の形相でした。
口が閉じず汗と唾液を垂らしながら駆け上がる選手も。皆必死です。

d0242696_2327166.jpg


走っている人、早歩きの人それぞれいました。
トップの方は走っている人の割合がやはり多かった。

ゴール会場に戻り、シジミ汁と弁当を半分いただき帰りました。



5キロ10キロのレースの中でキツさは屈指のレースで、
私としてはキツかったが、何よりそれ以上に非常に楽しめた。
来年も都合が良ければ是非出ようと思う。
ただ走力の無い私はまだまだ10キロレースに出ても楽しめないと思う。
だから来年も5キロにする。

この石段は富士登山競走のトレーニングに使える!と新たな収穫も。

○スイム
帰宅途中に、アイシング、身体をほぐす意味も込め、スイム。

500m×2本 1000m
やはり終盤の250mくらいでフォームが安定する。


今週末もヘトヘトになりました。
[PR]

by peperonci_no | 2011-10-30 23:38 | レース | Comments(3)  

Commented by YOHEI at 2011-11-07 13:38 x
pepeちゃんどもーww最近頭によくつけてるやつってなに??
汗止め効果ありそーww俺もほすい
Commented by peperonci_no at 2011-11-07 22:20
>ヨーヘイさん
コメントありがとうございます。
buffでググってみて下さい。
ミレーから出ている物もありますよ。
ちなみに福井の好日で買いましたよ。

汗止め効果はありますよ。
ただ紫外線が強いときはあまり良く無いですね。
私はジムで走る時にもつけてます。
Commented by YOHEI at 2011-11-10 03:21 x
あ。バフっすかwwしってます知ってますwww
あれって種類多いから迷っちゃってたwww

<< トレーニング [2011.11.3] トレーニング [2011.10... >>