剱岳登山、早月尾根 撤退 [2011.10.08〜09]

10月の連休は、大学時代の友人Nとの恒例の登山。
お互い仕事が忙しく、行き先はギリギリまで決まらず、
いくつか候補があったが、早月尾根からの剱岳登山とすることとした。

馬場島〜早月小屋(2011.10.08)
早月小屋〜剱岳〜早月小屋〜馬場島(2011.10.09) (剱岳撤退)


夜22:30に島根を出発。途中眠過ぎて数回仮眠。
いつもと違って、兵庫からはNと運転を交代できた。
馬場島には10時過ぎに到着。

数日前に降雪があったため、
山岳警備隊の方がたまたま馬場島にいらっしゃっていたので、
気になっていた登山道の情報を収集。

結局、上にいる小屋の方に聞かないと状況は分からない、とのこと。
ただちに行けない状況では無いとのことなので、
行ける所まで行くことにして、登山開始。

長距離ドライブの影響か、顔面がむくんでパンパンだった。
d0242696_1424273.jpg



<2011.10.08>
11:20 登山スタート
さすが、早月尾根、のっけから急登。
小屋泊まりの日程だし、スローペースで登る。

途中、巨木が何本もあり、剱岳山系の自然の雄大さに驚く。
d0242696_142453.jpg



坦々と急登を進む。
d0242696_1424717.jpg



早月小屋に到着する頃には、ガスが上がってきて周囲は何も見えず。
冷え込みがキツい。
d0242696_1424849.jpg



15:00 早月小屋 到着 (所要時間3時間半だったと思う)

小屋の宿泊受付時に、
「明日は山頂へは行けませんが、宿泊されますか?」

詳しく話を聞くと、上は凍っていて行けない、とのこと。
それを聞いても、そうですかと言って下山する気には心情的になれない。
どのみち長距離運転で疲れているため、宿泊することに。

小屋の前で遇った2人組の男女は、山頂に行けないと聞き、
15時にもかかわらず、下山し立山駅に停めている車を回収しつつ、
新穂高に今から向かう、とのこと。
行き先を北穂に変更するそうだ。何ともパワフルだ。

私たちは疲れていたので18時台から布団に入り19時過ぎには就寝していた。
寝過ぎ!  でも夜中に起きることは無かった。

<2011.10.09>
6:00 起床。朝飯もりもり。

7:30頃? 出発。
行ける所まで行く!
大事なのは、
行ける所、では無く「下りてこられる所」までしか行ってはいけないということ。

小屋の外は霜が降りてバリバリに凍っている。
d0242696_14241014.jpg


d0242696_14241559.jpg



小屋の上からすぐ、融け残りの雪がチラホラ。
d0242696_14242127.jpg



大日三山が朝焼けに照らされて輝いていて綺麗だった。
d0242696_14241983.jpg


対照的に、剱岳小窓尾根は尾根の輪郭がくっきりと現れていた。
d0242696_14241696.jpg



雲ひとつない快晴。
d0242696_14242329.jpg


d0242696_14242499.jpg



私たちと同じように行ける所まで行って引き返してくる方が多数。
上は凍っていてカチカチらしい。

標高を上げるとともに、雪の量も増え、次第にその雪も硬く、
蹴り込んでも脚が入らない。
ツルツルに凍っている。
無論、トレランシューズなんてあり得ない世界。
やはり、高山用のトレッキングシューズにも利点はある。
安心感はあった。
d0242696_14242823.jpg

d0242696_14243082.jpg




何とか進めるかな、と進んでいるが、
さすがにこんな所が続く&もっと切れ落ちた核心部が待っていると思うと、
アイゼン無しの状況では危険すぎる、と考え、撤退することを判断した。
車の中にはアイゼンが入っていたが、もしアイゼンを持って上がっていたとしても、
私はちょっと行きたく無い。もう少し経験を積みたい。
(後で小屋に下りた時に、上部はアイゼンは刺さらず、
  効かない、と言われたのでどの道ダメだ。)

また来年、ということで。

下山途中、雷鳥を5羽まとめて目撃。
d0242696_14243283.jpg


せめてものご褒美でした。



11:30ころ 早月小屋到着。

小屋では小屋閉めの準備が進んでいた。
d0242696_14243467.jpg



小屋前でマルタイ棒ラーメンとコーヒーを食べて、
地元富山から来ている方たちと談笑し、下山。

12:00ころ 下山開始。
地元富山から来ている女性ソロハイカーと談笑しながら、軽快に下山。
山ガールって言われるのが嫌だと言っていました。(ですよね。)

14:00ころ 馬場島到着。 (所要時間 のんびり2時間10分くらいだったとおもう)

帰りに東京からのヒッチハイカーを拾って4人で温泉に寄り道。
その後、回転寿しで腹一杯になって帰路についた(美味かった!)

15時間かけて帰宅。今回もヘトヘトでした。
2人で運転交代でも疲れちゃう。 

4人くらいで行きたいなぁ。
[PR]

by peperonci_no | 2011-10-10 14:31 | 山行 | Comments(2)  

Commented by みかん at 2011-10-11 21:07 x
今年は初冠雪が早かったですね!
小屋から剱岳の行程は中々厳しいです。
でもまた挑戦してください!
Commented by peperonci_no at 2011-10-11 23:18
>みかんさん
計画が安易でした。
やはり夏の時期に一度このルートを体験しておくべきでした。
着雪時の状況がまったく想像できなかったので。

次は前日入りして、無雪期の日帰りピストンかな。

<< トレーニング [2011.10... 吾妻山、比婆山縦走トレイルラン... >>